フィリピン留学は多くの方におすすめ出来る語学留学です。しかしながら、もちろんネガティブな面もあります。ここではフィリピン留学の「デメリット」や「出来ないこと」をご紹介します。

フィリピン人の訛り・発音

オンライン英会話を試された事がある方はご存知かと思いますが、一般講師(フィリピン人)の発音は綺麗で聞き取りやすく、訛りがほとんどありません。そのため、欧米企業のコールセンターがフィリピンには多数あります。

また、アメリカの植民地時代が長かったため、アメリカ人に近い発音をします。特にコールセンターに勤めた経験がある方は最低1週間以上の英語研修(FST)があるため、かなりアメリカ英語になります。ただし、、、

よく聞くとアメリカ人の発音とは異なります。

アメリカ英語と比べると音が聞きやすいんですね。それは恐らく彼らの第一言語であるタガログ語(セブだったらセブアノ語)が、はっきり発音する言語だからだと思われます。そのため英語を使う場合も一つひとつの音がクリアで強く、日本人にとっては聞き取りやすい。

だから、逆にあまり音程差がないズラズラズラ~というような音には慣れることが出来ません。

また、これはあくまで推測なのですが、日本人にとって彼らの発音が聞き取りやすい理由がもう一つあります。

それはタガログ語やセブアノ語が、日本語のローマ字読みに似ている点です。

例えば、タガログ語で「こんにちは」は「Kumusta ka(コorクムスタ カ)」と発音するのですが、これって日本人ならそのまま読めますよね。

同様に「ありがとう=Salamat(サラマット)」、「セブが好き=Gusto ko Cebu(グスト コ セブ)」といった感じで、ローマ字読み出来る単語が非常に多いんです。つまり音に聞き覚えがあるため、何となく英語でも聞き慣れている音が入ってくるような感覚があるんです。

初心者~中級者の方は気にしないでOK

フィリピン留学をする方のほとんどは、初心者~中級者だと思います。上級者なら発音の違いが重要になってくるのかもしれませんが、中級者まではそこに固執する必要はないのでは?と思っています。

というのも、フィリピン人の発音は非常にスタンダードで癖がありませし、「高い授業料、少ない授業数、ネイティブ講師」と「安い授業料、数多くの授業数、フィリピン人講師」を天秤にかけた場合、初心者~中級者にとっては後者の方が合理的な場合が多いからです。(お金に余裕があればもちろん、「ネイティブからたくさん!」が一番ですが 苦笑)

なので、英語を伸ばす条件としては十分じゃないでしょうか。

余談ですが、あの大前研一さん監修の「BBTオンライン英会話」の講師達は全員フィリピン人です。「世界で戦える日本人」を創っている大前研一さんのプログラムでさえ、フィリピン人講師を採用しているんですね!

BBTオンライン英会話の体験談|大前研一氏監修のビジネス英会話スクール

ネイティブの表現

残念ながらフィリピン留学ではネイティブらしい表現を学ぶことは出来ません。
フィリピン人にとって英語は第二外国語のため、彼らの話す英語は極めてフォーマルな英語です。何割かは洋画が好きで表現を知っているかもしれませんが、スラングや欧米らしい表現を学ぶ機会はそんなにないと思います。

欧米留学でネイティブらしい言い回しは覚えましょう。

日本語を使ってしまう環境

残念ながら、フィリピン留学の各語学学校で「日本人がいない学校」はほとんどありません。それは欧米留学と異なり、フィリピン留学の語学学校自体が日本人と韓国人留学生に依存しているからです。最近はQQEnglishや3DAcademyなどが台湾人、中国人などに積極的に営業をして多国籍化に成功し始めていますが、日本資本である以上は日本人は一定の割合でいます。

「日本語を使いたくないので、日本人比率の少ない韓国資本の学校が良い!」と言って韓国資本の学校に行くと、今度は「韓国語」が飛び交っているという状況になるはずです。やっぱり休憩時間や授業後はみんな母国語を喋りたいですからね。

留学する時期にもよりますが、日本からの申し込みが出来る以上、多かれ少なかれ日本人がいる可能性は高いです。

なので、どうしてもフィリピン留学で日本語を使わない環境にするには「イングリッシュオンリーポリシーの学校に入る」、「英語で話そうとしない友達を受け付けない」、「昼休みや授業後は自習する」など自分に厳しくしなければいけません。

欧米留学なら世界各国から留学生が来ているでしょうから、日本語を使わない環境には追い込みやすいと思います。ただし、クラス分けで英語が出来ないと日本人が多いクラスに回されたり、エージェントと学校の強いパイプがあれば留学先に日本人がたくさんいることもありえます。

最終的にはどこへ留学しようと、自分自身の問題になると言えそうです。

是非こちらの「留学失敗談」のカテゴリーを御覧ください。

なお、フィリピン留学は欧米留学と違って1日8時間の授業+やろうと思えば2時間ぐらいの自習や講師たちとの食事なども出来ますので、1日の英語量としては十分じゃないかという考え方もあります。

確かに、1日6時間~10時間の英会話+自習を長期間続けるのはかなり体力が必要ですので、せめてそれ以外で息の抜ける環境(日本語で会話出来る環境)を作るのも大事かもしれません。

僕自身、詰め込みすぎて1ヶ月半後に燃え尽きたので。。。

↓こちらの本多さんの記事もご参考にどうぞ↓

日本人比率はフィリピンセブ留学には全く関係がない理由

ホームステイ

フィリピン留学にホームステイはありません。もしかしたらあるかもしれませんが、今のところかなり珍しいです。ホームステイの一番の強みはホストファミリーと仲良く出来、英語漬けの環境に身を置けることやホストファミリーと思い出を作れることだと思います。

これは残念ながらフィリピン留学では経験出来ません。お金持ちのフィリピン人と仲良くなれば家に招待してくれ、家族ぐるみで仲良くなれるかもしれませんが、そのぐらいです。

ホームステイを楽しむなら欧米留学で!

英会話スピード

会話スピードはネイティブに比べて遅い・・・っと言いたい所なのですが、アメリカ一つとっても州によって会話スピードが異なるでしょうから、フィリピン人の会話がどの程度のスピードなのかは分かりません。ただ、ニューヨーカーなどのアメリカ東部並のスピードで話す人はほとんどいないと思います。

自分の数少ない経験から話をすると、以前、スカイダイビングをやった時にシカゴ出身のインストラクターと話しましたが、CNNのコメンテーターぐらいでのスピード感で、「あーこれはフィリピン留学(もしくは僕の実力)では無理だ。。。」っと思いました(苦笑)

でもその後、カリフォルニア出身の人やサンフランシスコ出身の人と小一時間話たら(Radison Bluというホテルで話しかけられた)、「あ、フィリピン留学でも十分イケるじゃん!」っと(笑)

なので、アメリカ東部並みのスピード(リスニングもスピーキングも)を求めるなら、アメリカ東部に行く必要があると思います。そうでないなら、フィリピン留学もいい線までイケると思いますよ。(アメリカのコールセンターがセブにあるぐらいですから。)

ちなみに、フィリピン人のリアル会話スピードはTOEICパート3やパート4よりも若干遅いぐらいが平均じゃないかと思います。

人種のるつぼではない

上記でも解説しましたが、フィリピン留学はほぼ日本人と韓国人のため、多様な国籍の方々と出会えるわけではありません(これは語学学校内の話)。

欧米留学の場合はクラスに既に多様な国籍を持った人たちがおり、彼らとコミュニケーションを図れる可能性があると思いますが、残念ながらフィリピン留学では難しいです。

中には多様な国籍を強みに上げる所もありますが、これは正確な情報を確認したほうが良いです。

例えば僕の友達は、ロシア人が多いとエージェントから聞いていたのに蓋を開けてみるとほぼ韓国人。ロシア人ゼロ。様々な国籍の方たちと話をしたいと思って、その学校に決めたのだったら・・・これはショックですよね。

もしかしたら申し込みをした時点ではバランスの良い比率だったのかもしれませんが、実際に本人が留学するときは比率は変わります。シーズンにも影響されるので「自分が留学するタイミングではどうなのか?」、気になる方は事前に確認しておきましょう。

個人的にはそもそもフィリピン留学で、それを期待すること自体が厳しい気がします。

お腹を壊しやすい

これは残念ながらフィリピン留学の明らかなデメリットですね。
日系なら学校で出される食事を食べている分には、ほぼ防げると思います。外食はきちんとしたモール内のレストランなどで食べればOK。ただし、それでも海鮮モノ(ホタテ、牡蠣)で当たる方は少なからずいます。

韓国系の語学学校に通われる方は、辛いものが苦手な方は注意してください。キムチや香辛料を使った食べ物が原因になり腹痛を起こす方、下痢になる方は多いです。(食べるのをやめると止まる)

それ以外にも地元の屋台で売っている食べ物も当たりやすいです。水は通常のレストランであればほとんどの方は大丈夫ですが、これもやはり個人差があります。

出来るだけ防ぐためには、こちらの「安全・生活環境」のカテゴリーをご参考ください。

排気ガスによる体調不良

セブ島の話をすれば、近年の経済発展によってセブ市内の排気がガスひどくなりつつあります。そのため、歩く機会が多い方、外に出る機会が多い方は排気ガスを吸って、咳が出る、風邪をひくなどの体調不良になる方も。。。

出来るだけ慣れるまではタクシー移動がオススメです。また、もしどうしても気になるのであればマクタン島や郊外の語学学校が良いでしょう。とはいっても、中心部に遊びに行くとあまり変わりませんが。。。(ちなみに、他のフィリピン国内エリアでも、人口密度が高い所は同様に排気ガスに気をつける必要があります。)

軽犯罪率の多さ

セブ島の場合、特定の場所にいくと軽犯罪率(スリ)はグッとあがります。モールやレストランであれば、明らかに「盗んでください」という状況を作っていない限りは大丈夫です。

恐喝は今のところ僕の周りでは聞いていませんが、ないことはないと思いますので、夜で歩く場合はご注意を。

シャワーやトイレ環境

シャワーやトイレ環境も欧米留学に比べたら弱い点です。
シャワーは宿泊する学校にもよりますが、お湯が出ない(一応南国なので、お湯が出なくても何とかなるが)、出ても水圧が弱いなどの問題は度々耳にします。

トイレについてはショッピングモールに便座がないことも多いです。

これで解決!フィリピン語学留学、女子トイレ攻略法  by MOKA

というわけで、フィリピン留学のデメリットを上げてみました。英語というよりは発展途上国ゆえのデメリットの方が、気になるかもしれません。

上記の内容をご参考に留学選びをしてもらえたら幸いです。

斉藤

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。