フィリピン留学友達

フィリピンセブ留学を考えていらっしゃる皆様、こんにちは!

以前フィリピンの女子トイレ事情女性の生活必需品について書かせていただいたMOKAです。

私はセブの韓国資本の学校2校で勉強したことがある経験から、みなさまが韓国資本の学校ってどんなところだろうという疑問にお答できればと思います。

フィリピン留学している韓国人留学生って?

韓国資本の学校のカリキュラムなどを説明する前にまずは韓国人学生ってどんな人たちなのかを簡単に説明します。(私は韓国にも留学経験があるのでその経験も踏まえつつ書いていきますね!)

みんな若い 

日本の年齢で18~20歳くらい(韓国では数え年なので日本の年齢より2歳差がでますので20~22歳となります。)みんな大学を休学して3ヶ月~6ヶ月前後セブで勉強し、その後オーストラリアやカナダなどの英語圏に留学に行くのがほとんど。

韓国では大学を休学するのは当たり前のことなんです。(男子は兵役のために必ず休学するので)

そして、親子留学をしている家族もいるんですよ!お母さんと幼児~小学生の子供が1ヶ月~6ヶ月前後滞在して勉強しています。

なのでキャンパス内には子供たちとすれ違ったり、プールで楽しそうに遊んでいる子供たちの姿を見かけることがよくありました。長期の休み期間のときはとても子供率が高くなりますが、うるさくてたまらない!ということはなかったですよ。

勉強に本気な子とそうでない子の差が激しい

セブ島留学への不安解消!FEA当日の空港到着から初日のテストまでご紹介

一流企業に就職するためには英語力が絶対不可欠ということで、TOEICやTOFELなどの資格試験も積極的に勉強しています。

なので志の高い韓国人学生はすっごく一生懸命勉強していてほんとに関心しました。

しかし!親に勉強してきなさい!!と半強制的に留学してきた子も多いのも事実。そういう子は授業をさぼる、予習復習なんてせずずっとネットしている、放課後は毎日飲みに出かける(スパルタキャンパス以外)というかなりゆるい感じでした。

金遣いが荒い

お金遣いが荒い韓国人留学生

日本人学生は大体が社会人なので自分で資金を準備してきている人が多く、セブ滞在中もそんなに派手に使わず週末だけ外食を…というような感じの学生がほとんどでした。

しかし、韓国人学生のほとんどは先ほどお伝えしたとおり大学生がほとんどで親がお金を出してくれているんです。

そのため外食、旅行、お菓子、服、雑貨など信じられないくらいドカドカとお金を使います。セブの経済は韓国人留学生が回しているんだと思ってしまうほどですよ。

仲良くなると一緒に行こうと誘ってくれるのですが、毎回断れずについていってしまうとお小遣いもなくなり勉強する時間もなくなってしまうので要注意です。

とにかく韓国料理が大好き

Tops Korean Barbecue restaurant | セブ島で屈指の韓国焼肉レストラン

海外に行くと現地のものを食べようとするのは日本人の常識ですよね?しかし、韓国人は違います。どんなところにいようが何時だろうがとにかく韓国料理を食べます。

後ほど学校の特徴でも少しお話するつもりですが、学校の食事は毎日韓国料理です。

放課後ご飯を食べに行くときもやはり韓国料理。日本人もグループに混じっているときでももちろんです。キムチパワーおそるべし。

いつも一緒にいる、やたらと距離が近い

韓国人は一度仲良くなると、プライベートとかプライバシーとか、パーソナルスペースとかまったくなくなります。

女の子同士は腕を組んだり手をつないで歩くのが普通だし、男同士でも肩を組んだりつっつきあったりとスキンシップが多いのです。

「友達のものは私のもの」になるので自分のものを勝手に使われてしまうので、大事なもの使って欲しくないものがあったら、ルームメイトにはっきり言ってくださいね。

いつでもどこでも一緒に行動するのが当たり前なので、社会人となった日本人学生にはすこし窮屈に感じてしまうところもあります。

もっとお伝えしたい彼らの特徴があるのですがそれだけで今回の記事がおわってしまいそうなのでこの辺にします(笑)

韓国資本の語学学校の特徴とは?

では次は韓国資本の語学学校の特徴をQ&A方式でお答えして行きたいと思います。

キャンパスに種類がある!?

韓国資本の学校で特徴的なのが「スパルタキャンパス」です。

これは平日外出禁止、強制自習時間あり、小テストの合否で補習あり、週末の門限が早めなどなど全寮制の高校野球部のような厳しいルールがあるキャンパスです。

もちろん授業時間も8~9コマと長めですから平日はずーーーーっと勉強です。ただ、キャンパス外に自由に出かけられない分キャンパス内にジムやプール、カフェ、売店などが設備されているので結構快適ですよ。

日本人学生も多く見かけましたが、しばらく勉強から遠のいていたお兄さん、お姉さん学生さんたちはしんどくてキャンパスを普通の方に変更する人も見かけましたね。

これは先程も説明しましたが、大学生の遊ぶ元気満々の韓国人学生を強制的に勉強させるために作られたキャンパスなので、もともと強い意志できている日本人には向かないかと思います。

もちろん韓国資本でもリゾートキャンパス、平日も外出できる普通・・・?のキャンパスもありますのでご安心を!

宿泊施設の環境

スパルタキャンパスでは一人部屋がない学校もあります。

それ以外での特徴は、先ほどキャンパスの種類のところでも少し説明しましたが、キャンパス内に食堂、ジム、宿舎、プールなどすべてが揃っている学校がほとんどです。

キャンパスと宿舎をバスに乗って移動する必要はないですので空いた時間には部屋で昼寝することも可能です。これって結構大きいメリットですよ!

宿舎のシャワーやベッド、机などは日本資本の学校とほぼ変わりはないですね。

教師の質

韓国資本の学校は老舗が多いので経験豊富な教師たちが揃っています。また授業カリキュラムや定期のレベルテストもしっかりやっているので安心です。給料もそれなりにもらっているようですので(笑)

カリキュラムやスケジュール

スパルタキャンパスかどうかで少し違いはありますが大体が4時間マンツーマン+2時間グループレッスン+希望者選択グループレッスン1or2時間でしっかり勉強できます。

グループレッスンでは他人の意見を聞くことそして他人の英語を聞くことで勉強になること結構ありました。新しい友達もできますしね♪

日本資本の学校ではもう少しマンツーマンの授業を増やせたり、減らしたり融通が利かせるかと思います。

3食付きだけど実際ご飯ってどんなものが出るの?

最近は日本人学生が増えてきたので、日本料理やフィリピン料理を準備している学校も出てきています。

韓国資本の語学学校の食事 フィリピンセブ島留学語が高学校「イングリッシュフェラ」

私が通っていたころは韓国料理オンリーでしたのでキムチ、なんだか赤くて辛そうな和え物(ぜんぶ赤いから味がよくわからないという・・・笑)、サムギョプサル(三段豚バラ肉)、味噌チゲなどなど・・・

辛いものが苦手という日本人学生さんも多く辛そうでした。(町屋マートという日本食材店で買ったインスタント味噌汁を日本人学生同士で分け合ったのはいい思い出)

韓国資本の学校に行く時は必ず事前に、食事はどうなっているのかエージェントに確認してくださいね!

韓国資本の学校に通うメリット

韓国人の友達ができる(中国人も結構いましたよ!)。留学後も連絡を取り合っている学生さんもいましたし、日韓カップルもいましたよ~。

彼らを通して異文化を学ぶことができ、自分の視野を広げることができる。これってこれからのグローバル社会では大事なことなんですよ。日本資本の学校はどうしても日本人がほとんどなので「異文化を受け入れる」って事自体ほとんど経験できないと思います。

それ以外には施設が充実しているので、キャンパス内にいられて安全です。

あと意外なところですが、老舗が多くそしてキャンパスも大きいところが多いのでローカルの人々(とくにタクシードライバー)に学校が知られているので、タクシーで帰るとき説明が楽なんです(笑)。

校名いえば連れて行ってくれるので、英語でアワアワする必要なし!

そして、TOEIC、TOFEL、IELTSなどに特化した特別コースがある学校が多いです。講師たちも専門の訓練を受けているのでかなりレベルの高い授業が受けられます。とくにTOFELとIELTSの特化コースは日本資本ではまだあまりないのです。

韓国資本の学校に通うデメリット

大きな学校では日本人スタッフ(学生スタッフも含む)がいるのですが、まだ日本人スタッフがいない学校もあります。

それでなくてもシャイで遠慮しがちな日本人なのに、そこをまだよくわからない英語でスタッフに希望を伝えるなんてこりゃ大変!

どう頑張っても韓国人とどうしても合わないという日本人学生もいるのも事実。

ルームメイトと合わなくて部屋を変えてもらったけどやっぱりだめで、勉強も集中できなくなり帰国を早めてしまうケースも無きにしもあらずといったところ。

それ以外では大きいキャンパスなので郊外にある学校が多いです。なので放課後や週末に出かけるとショッピングモールまで結構タクシーに乗らなきゃいけません。タクシー代も日本に比べれば安いけど、塵も積もれば山となるですからね。

よくある思い込みと間違い

よく学校の説明に「英語オンリーのルール」があるのを見かけますが、我が強い韓国人たちは普通に韓国語で話してます(笑)日本人同士もやっぱり日本語でした。

授業で一日中英語話しているんだから、休み時間くらいは母国語で思いっきり話したほうがストレス発散になるのでいいですよ。

スパルタキャンパスでは日本人用に特別ルールを作ってくれている学校もあります。というのは強制自習時間を自由自習に変更できたりという感じです。でもそれなら一般のキャンパスに入学したほうが良さそうですね。

最後にまとめとして、、、

韓国資本の学校はどんな日本人学生におすすめか?

せっかく海外に行くんだから「海外の友達作りたい!」「異文化を学びたい!」と思っている学生さんにはぴったりです。

そしてTOFEL等の資格試験を勉強したいという学生さんには、是非韓国資本の特化コースで勉強することをおすすめします。

あまり外に出かけずに基本はキャンパス内で過ごしたいと思っている方にもぴったりですね。

最後に日本資本の学校と比べると少しだけ学費が安いです(総授業数で割ると)。長く滞在する予定の方は韓国資本の学校のほうが向いているかもしれませんね。

by MOKA

▶ MOKAさんの次の記事はこちら:No5 – クレジットカードを使ってフィリピンセブ留学をますます快適に!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

アラサー セブ滞在約1年 

日本での看護師生活に疲れKpopアイドルにはまり1年間韓国留学を経験。
その流れでセブ島のラプラプ市内にあった韓国系語学学校(すでに廃校となりました)にて三ヶ月留学、同校にてさらに3ヶ月間日本人学生インターンスタッフとして韓国人校長、フィリピン人講師と勤務。その際にフィリピン人の事務員の女の子とルームシェアも経験(ダブルベッドに二人で寝てました♥)

その後、セブ市内の老舗の韓国系語学学校に学生インターンスタッフとして入学。日本人学生―韓国人スタッフ間の通訳や翻訳業務などをこなしながらもモリモリ勉強しかなりの実力をつける(注:自称)。
現在はセブで知り合った韓国人の旦那と日本で生活しています。そして(残念?ながら)看護師として働いております。セブ留学中に教えてもらっていたフィリピン人♀の先生と今も週4回スカイプでレッスン継続中。いつか彼女を日本に招待するのが夢。
Kpopアイドルの追っかけ(海外遠征も)に忙しい日々を過ごしております。

得意なセブアノ:Gwapa ko(私は可愛いです)、Ate!(お姉さん!)

MOKA氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。