クラークフィリピン留学院とは?

クラークフィリピン留学院

フィリピンでの語学留学において、人それぞれに語学習得の目的の他、海外での生活体験を経験してみたい方や、日常から離れ少し羽を伸ばしたいと思う人もいるでしょう。実際美しい観光地も有ることから誘惑も少なく無いようです。

そのような中で語学習得の目的を明確に持ち、その他の事はストレスを極力少なくして、効率良く快適に勉強したい、滞在したいと言う方はクラークフィリピン留学院への入学を検討されても良いかもしれません。

クラークフィリピン留学院の在る場所は、マニラ空港から北西方向へ車で約1時間30分の場所にあり、この辺りはクラーク特別経済区とされ居住者にアメリカ出身者も多い落ち着いた良い環境となっています。
何より治安が良いのが安心して滞在できる要因の一つのようですね。

講師の方々は、各々の分野で以前は活躍された経歴を持ち、語学の習得がビジネスの場で使うことを目的とされている人には心強い講師陣となっているようです。

強みはネイティブ講師

何と言ってもこのクラークフィリピン留学院の最大の強みは「全講師がネイティブである」という点です。
ただネイティブ講師というだけではなく、きちんとした経歴の講師を採用しているとのこと。

また、欧米留学のようなグループクラス主体ではなく、きちんとフィリピン留学らしいマンツーマン中心としたコースになっている点も良いですね。

授業のコースも豊富に用意され、初心者から上級者まで日本人スタッフのサポートを受けながら充実したカリキュラムを受けれるようになっています。

価格は他のフィリピン留学に比べると比較的高めではありますが、もちろん欧米留学に比べると安いです。

学生寮についても快適に滞在出来るようプライバシーに配慮され、施設内には自習室や売店、図書館など充実した設備を備えており、収容人数約30人の学生各々が快適な語学留学生活を過ごせる時間が用意されているとのこと。

目的をしっかり持ち快適に効率良く語学留学の時間を過ごしたいならクラークフィリピン留学院を選ばれても良いかも知れませんね。因みに車で10分の場所にはクラーク空港があり海外への出発も可能となっています。

ちなみに、クラークフィリピン留学院のスタッフさんに聞いたところ、、、、

・社会人の割合が高い学校(大学生の春休み、夏休み以外は社会人が大半)
・したがって自腹で留学している人が多く、ワイワイ楽しくと言うよりもしっかり勉強するタイプの学校
・宿舎は外部のホテル。門限、飲酒制限なし。
・ネイティブ講師はアメリカ人、イギリス人、カナダ人、オーストラリア人のみ在籍
・講師の家でホームステイが出来る

こういった特徴もあるとの事です。

まずはご興味がある方は、こちらの公式サイトから直接問い合わせをしてみてください。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。