【口コミ評判】グローバルイングリッシュ日経版とは?オンライン英会話と比較

時間や場所を問わず英会話の学習ができるとして今人気なのがオンライン英会話。
一昔前だと通学して講師と対面しての学習でなければ不安だ、という方も多かったことでしょう。

しかし今ではかなり性能もあがり、なにより場所や時間を問わないことから働く社会人でも非常に受講しやすいというメリットがありますよね。

中には1レッスン100円台から始められるようなところもありますから、ますますオンライン英会話が身近なものとなっていくのではないでしょうか。

グローバルイングリッシュ日経版

さてそんな中で「グローバルイングリッシュ日経版」というものをご存知でしょうか。

グローバルイングリッシュ日経版は、一言でいえばビジネス英語を学ぶための教材です。

経済紙「Financial Times」を傘下に持つ、英語教育では世界最大手とも言えるピアソン、そして日本経済新聞社が合同で作り上げた英語学習プログラムなんです。

ビジネス界の時事英語を使って学習していけるため、すぐに仕事で活かしていくことができるということです。

また、グローバルイングリッシュ日経版は先ほども触れました通り、時事英語に強くなるばかりでなく、教材として日本経済新聞やFinancial Timesが使用されることにより、最新のニュース自体にも目を向けることができます。

また電話対応、プレゼンテーション、ミーティングなどといったビジネスシーンも設定され学んでいくことができるため、実際の場面でもより学んだことを実践しやすくなっているのも特徴的でしょう。

レベルは初級者から上級者までテストによって11段階で評価。明確な目標設定も可能となっていますよ。

オンライン英会話と比較した場合はどうか?

最近のオンライン英会話はレベルわけ、目標の設定、またコースによってはオリジナルのカリキュラムを組むことも可能であることから、大まかなところは似たものがあるのではないでしょうか。

ビジネス系ならビズメイツやBBTオンライン英会話がありますし、もう少しフランクで良いならDMM英会話やレアジョブなどでも取り扱いがあります。

↓詳しくはこちらのページで↓

【特集】初心者・超初心者におすすめのオンライン英会話サービスはどこ?

ただ、正直オンライン英会話の講師たちでビジネスに強い方はそこまでいません。ビジネス経験をしている方はビズメイツなどではいますが、あくまでそれはベーシックなビジネス教育を受けた先生たちです。

ビジネス専門でしっかり学習できるのは、グローバルイングリッシュ日経版ならではの特徴といえます。

読む・書くはグローバルイングリッシュ専門?

しかしここでひとつ他にはないグローバルイングリッシュ日経版の大きな特徴を挙げるとするならば、それは「読む・書く・聞く・話す」のすべての4技能を養うことができるという点でしょうか。

オンライン英会話ではどちらかというと「聞く・話す」能力を高めることに目的があり、「読む・書く」はオンラインでは学習しにくいというデメリットであるのかもしれません。

しかしグローバルイングリッシュ日経版では、例えば専任英語講師による英作文の添削を受けることができます。
また発音に関しても、発音を録音し音声分析してくれる機能があるため何度も繰り返し練習することができ、より正確な発音に近づくことができるでしょう。

注文や苦情などいったシーンにあわせてメールテンプレートの作成ができるのは、グローバルイングリッシュ日経版ならではのメリットといえます。

グローバルイングリッシュ日経のデメリット

一般的なオンライン英会話と異なり月謝制ではなく、6カ月で38.880円という設定になっています。

これは1日あたりの計算になおすと約210円、月額でも6,000円と実はオンライン英会話と値段はほぼ変わりません。

ビズメイツが12,000円前後ですので、同じビジネスでも半額でこちらは学習が可能です。何と言ってもあのピンクサーモンこと「フィナンシャル・タイムズ」の教材を使って勉強出来るのは、このグローバルイングリッシュのみです。それだけでも高い価値があるでしょう。

日経グローバルイングリッシュの公式サイトはこちら

その他のおすすめ関連記事

【特集】初心者・超初心者におすすめのオンライン英会話サービスはどこ?
 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。