私は、語学留学のために半年間カナダに滞在しました。
OLを辞めたばかりで私の英語力ははっきり言って、お粗末なものでした。

「留学前にきちんと勉強してから行った方が良い。」と言われていることが真実だと、現地へ着いてからひしひしと感じました。

そして焦りました。

ホームステイという絶好の英会話漬け環境なのにもかかわらず、ホストファミリーに言いたいことが上手く伝えられないもどかしさを感じ悩む事多々・・・

語学学校では、自分の想像よりも高いレベルのクラスに振り分けられ、クラスメイトの会話力に圧倒され、何も言えない私は落ち込みました。

グラマーが得意な日本人にありがちなことですが、テストの成績が良いと、会話力がなくても間違って上のクラスになってしまうことがあります。

海外が大好きで明るくお喋りな私が、暗く無口な性格に変わっていました。

「これでは、いけない!なんとかしなければ。」

与えられた時間はたったの半年間、すぐに行動を起こさなければなりませんでした。

それでは、英会話上達のためにやってみたことをご紹介します。

<ラジオを買って、流しっぱなしにしてみた。>
会話力にもっとも必要なものは、リスニング力です。耳を英語に慣らすために、暇さえあればずっと聴いていました。

<グラマーの教科書で自主学習した。>
イギリスのグラマーの教科書を購入して、英語でグラマーを理解するように努めました。
語学学校のグラマーの授業は、もちろん英語で説明になるので、予習の意味も含めて自主学習しました。

<日本語は全く話さなかった。>
語学学校の規則でもありますが、学校外でも日本人とでさえ英語で話しました。
何故なら、語学学校の友人はアジア人からヨーロッパ人まで多国籍だったため、共通語が英語しかなかったのです。
今思えば、良い環境だったと思います。

<エクスチェンジパートナーを探した。>
カナダ人の中には、日本語に興味を持っている方もいます。
そういうカナダ人を探して、カナダ人から英会話を教わり、私が日本語を教えるというエクスチェンジを行いました。

エクスチェンジなので無料です。私たちは、カフェや図書館などで週に1度1~2時間行っていました。

<チューターをお願いした。>
エクスチェンジパートナーの中で、「この人は教え方が丁寧だ!」と思った方にお願いしてチューターになってもらいました。
チューターとは家庭教師のことです。

語学学校の試験対策、プレゼン対策など多々相談に乗ってもらい、指導してもらいました。発音指導もしてもらいました。

<ホストファミリーやカナダ人の友人と遊んだ。>
会話力がないからと言って自分の殻に閉じこもっていても、全く上達しません。

現地の方は「留学生だったら英語が上手に話せないのは当たり前!」と思っていて、頑張って話そうと努力する人にはとても優しいことに気づきました。

だから積極的に交流しました。

サイクリングへ行ったり、公園へ行ったり、ライブに行ったり、カラオケに行ったり、色々なことを一緒に楽しみました。遊びから自然と英会話を学ぶことができたと思います。

以上が、お粗末英会話力のOLが行った方法です。

半年が経過し、帰国した私の姿が想像できますか?

すぐに英語検定の2級を受験し、面接は満点をとることができました。

そして、児童英会話講師に採用が決まり、100名の生徒さんを受け持ちました。発音が綺麗だとネイティブの先生からも褒めていただきました。

悩み落ち込み、性格までが暗くなりかけましたが、半年間で私なりのやり方で英会話力を身につけることができました。

落ちこぼれの私でも変われました、皆様だったらもっともっと素敵に変われるのではないでしょうか?


楽しくできるイギリス英語学習サイトで自主学習

私は、数年前にイギリスロンドンへ語学留学していました。期間は半年ほどですがその時の自己学習経験のお話です。

私は、もともと英語は好きなほうですが、実際に留学はもちろん、イギリスへも旅行以外で行ったことがなかったので、最初のことはかなり戸惑いがありました。

特に英語学習面に関しては、イギリスでの戸惑いは、これまで学校で習ってきた英語や映画などで耳にする英語とかなり違うということです。中学の時に同じ英語といっても、アメリカの英語とイギリスの英語は違うということは習っていましたが、実際に行ってみて感じたのは、もちろん単語自体の違いはあるのですが、それよりもアクセントや発音の違うことでした。

そのため、しばらくの間は、学校で先生の質問がわからなかったり、テレビやストリートの英語が全く分からずにとてもストレスがありました。

そんな時には始めたのが英語学習サイトの英語学習です。

これは特にイギリスへ留学される方はお勧めです。BBCの‘Learning English というサイトで、特に英語学習者向けの多くの教材(読み物やリスニング素材)が多様に準備されています。

特に私にとっては、英語のニュースは少しハードルが高かったのですが、このサイトであればかなりわかりやすい説明がふんだんにあり、中級者から上級者向けの英語教材が定期的に更新されていくので、旬のニュースやトッピクに取り組むことができます。

英語学習が取り組みやすいように、単語や語彙(熟語)の説明なども多く、とても英語のスキルアップになると思います。特にリスニングは私にはイギリス英語に親しむ一番よい機会になりました。

それからこのサイトのいいところは、とても楽しいトッピクが多いことです。BBCニュースなどですと、政治や経済、事件など比較的かたい、まじめな話題が中心ですが、このサイトのトピックはどちらかというと日常生活のお話や、面白ろ記事などが中心です。普通に読み物としても楽しめると思います。クイズなどもあり、娯楽的な要素もあります。

私の場合は、まずはイギリス英語に慣れる意味でこのサイトを毎日自宅で学習していました。

そうしていくうちにかなり耳がイギリス英語になれてきて、次第に学校やお店などでも会話もわかるようになってきました。ドラマやニュースなどの早いイギリス英語は少しハードルが高いと感じたら、まずはこのBBCのLeaning Englishはお勧めです。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント