皆さん、こんにちは!

私はクロスロードのスタッフとして学校に駐在して、留学生の皆さんと寝食に共にしているYASUと申します。妻のMARI、息子の直生と一緒にクロスロードにお世話になっています。

第三回目の記事である今回は、私の旅への想い、そして嫁のMARIと世界一周をしてクロスロードのスタッフとして働くようになった経緯をご紹介出来ればと思います。

旅への想い、妻との出会い

cross-road-no33

初めてバックパックを背負って旅に出たのは、社会人になってからでした。旅に出た理由は人それぞれ、僕の場合は「なんかおもしろそうだから」でした。

椎名誠や沢木耕太郎の世界に憧れて、飛び出した日本。初めて海外を一人旅した私の目に飛び込んで来たのは、本の中の世界ではなく、「リアリティ」そのものでした。

見るもの、触れるもの、匂い、肌で感じる気候、食べ物の味・・・自分を取り巻く全てのものが新鮮で刺激的でした。また自分がそういった研ぎすまされた感覚でいる時ほど、最高の出会いはつきものです。旅の中で出会ったかつての旅仲間たちは、今では一生の友となりました。

私にとっての初めてのひとり旅は、心震える瞬間の連続で、心の奥底からわき上がってくるPassionは、帰国後しばらく経っても止めることはできませんでした。

その感動がどうしても忘れられず、すっかり旅中毒と化した私は、何度も旅に出ました。そうして、いざなわれるように旅関係のイベントに導かれ、そこでMARIと出会いました。

旅が大好きという彼女と出会ってから結婚を意識するまで、そう時間はかかりませんでした。MARIと結婚して間もなくして、仕事の都合でここセブ島に赴任する事になったのですが、ここに来た最初の頃は侵略の歴史で塗り重ねられた悲劇というべきか、文化のなさを露骨にフィリピンに感じてしまい、がっかりし、日本が本当に恋しい時もありました。

フィリピンへの想い

cross-road-no34

当初、セブには前職のウェブ関係の会社の現地法人の立ち上げ責任者として滞在し、フィリピン人と一緒に仕事をしていました。

ところが、しばらくここで生活しているうちに、フィリピンの魅力は、古い歴史でも綺麗に作られた建築物でもなく、貧しくても家族が支え合って楽しく行きていける人間の根本的な「幸福」ではないかと思い始めました。そう思ってからは、この国が本当に好きになったものです。

この国のポテンシャルは計り知れない物があります。その根拠の最たるものは、英語の普及率につきると思います。お年寄りから子供まで、当たり前のように英語を話し、また英語が日常に溢れた環境で生活していますから、当然と言えば当然なのですが。

このセブでもっと英語に触れたい、ちゃんと勉強したいとは思ってはいましたが、仕事が忙しいだの、何かと理由をつけては独学での勉強はやらないままセブ生活は1年が経とうとしていました。

私には妻と交わした、目下「人生最大の目標」であった「世界旅行」に旅立つ事が最優先事項でしたので、セブで英語学校に通う為にセブに残るという選択肢は、最初からなくて、会社を辞めてセブを去り、世界旅行を始めるという選択をしました。

夫婦で世界一周の旅へ、クロスロードとの出会い

cross-road-no32

しかし、夫婦で世界旅行をしている間も、英語の壁が常に立ちはだかりました。

「もう少しきちんと英語を勉強していれば、旅で出会う外国人とのコミュニケーションの質が格段に高まったに違いない。。。」

と後悔することもよくありました。もちろんチケットのブッキングにしてもトラブルの対応にしても、英語は世界中どこでも必須言語ですので、困る事も多かったのです。

そうして、世界旅行の終わりに友達に会う為にセブに改めて立ち寄った際、セブの環境の良さ、人や街の雰囲気、英語の通用度など、どれをとってもパーフェクトなこの国をまた愛してしまい、いつかこの地でまた生活がしてみたい と感じるようになったのです。

そんな折、世界旅行前のセブ在住時より交友関係のあったクロスロードのオーナー岡本夫妻から、願っても無いお誘いを受けたことがきっかけで、私たちは今クロスロードにいます。

思えば全てが旅で、結婚して夫婦になってからも、世界旅行を終えてからも旅人達の英会話スクールでお世話になっていて、まだこれからも旅に関わって行きていける という事に毎日幸せを感じながら生きています。

ここで出会う生徒さんたちにも、英語の上達だけでなく、ぜひセブの人達に負けないような元気や笑顔を日本に持って帰ってもらえるよう、セブの人達とたくさん絡んで良い所を学んで帰って欲しいと思います。

また私たちも出来る限りの応援が出来ればと思っています。1人でも多くの人に旅やセブを大好きになって欲しいので。。。。

cross-roads-2015--7-7

CROSS×ROAD
マネージャー YASU

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

CROSS×ROADの代表

日本で公認会計士として働いていたが仕事を辞めて夫婦で夢の世界一周をする。旅後、これから世界に旅立つ人たちをサポートしたいという想いで英語学校を始める。

現在、夫婦&仲間たちとセブにて子育て&学校運営中。
また、これから海外で働きたい人の情報提供サイト「ビヨンドザボーダー」を立ち上げ、運営している

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。