フィリピン留学の魅力

海外の学校で学ぶ留学。
海外での生活をしてみたい‥語学力をつけたい‥など、あこがれる人は多いですよね。
でも、本当に自分にできるものなのか‥留学のために何から始めたら良いのか‥不安が大きく、具体的な第一歩を踏み出すのは難しいもの‥

さあ、漠然と夢見ていても、何も始まりません。
留学の第一歩を、えいっ!と踏み出す、こんなときに強い味方になってくれるのが「留学ジャーナル」です。

まず、留学ジャーナルは、すぐそばにあります。

ネットで「留学」と検索すれば、すぐに「留学ジャーナル」のサイトにたどり着き、そこには、膨大な量の留学に関する情報が、分かりやすく、詳しく掲載されています。

色々な目的で留学をした先輩方の体験談も多くあるので、自分の留学について、より具体的に考えることができます。雑誌は、目的別にもなっているので、自分の求める留学に合った詳しい情報を手に入れることができます。

そこで情報を集めたら、次はカウンセリング。

漠然とした「留学したい‥」という気持ちだけであっても、それを確実に受け止めてくれて、そこから具体的に道筋をつけてくれる、プロの留学カウンセラーが相談にのってくれます。

その窓口から、自分の希望に合った選択肢を選んで、具体的にプランニング。

例えば、期間や国、時期など、選択肢が豊富なので、自分のやりたいこと、身につけたいことが実現できる可能性がどんどん広がっていきます。

プランが決まれば、後は具体的に準備や手続きを進めていくだけですが、それももちろん、十分なサポート体制で安心して勧めることができます。

第一歩からこれだけ力強いのですから、留学成功間違いなし!
後は自分の気持ち一つです。

よし!「留学ジャーナル」で、フィリピン留学への確かな一歩を踏み出しましょう!

http://www.ryugaku.co.jp/

っと言いたいところなのですが、、、

実はこの「留学ジャーナル」、2015年の5月時点ではなぜかフィリピン留学は取り扱っていません。フィリピン留学はエージェントが多いからか、全く違うジャンルだからか、フィリピン留学がここまで伸びてくるとは思っていなかったからなのかよくわかりませんが、とにかく扱っていないんですね。(ぜひ、うちと提携してもらいたいぐらいです笑)

そのため、フィリピン留学をする方は当サイトのこちらの語学学校一覧表や相談をしたいのであればコチラも当サイト内にある留学エージェント比較表を検討してみると良いと思います。

その上で2カ国留学を検討する方は「留学ジャーナル」に相談してみるといいかも知れません。

実際「留学ジャーナル」の評判は以下のようなものがあります。

国内の留学のエージェント会社なら留学ジャーナルがオススメです。

私は高校生の時に留学ジャーナルを使って短期の海外留学をしました。

期間は約一ヶ月ほどアメリカのポートランドで英語の勉強、親元から離れての生活をしました。なぜ留学ジャーナルに決めたかというとやはり国内の留学斡旋会社の中でも大きく利用者が多いからでした。

恥ずかしながら私も両親も英語には疎く現地のエージェントを使って直接やり取りしたほうが安く済むというのは分かっていたのですが日本語でしっかりわからないところを説明してくれる国内の会社の方が安心だと思ったのもこちらを選んだ理由に挙げられます。

資料請求したのですが資料の内容も充実していましたし留学ジャーナルを使って留学された人たちの体験談などもHPに豊富に掲載されているので参考になりました。

そしてメールでのカウンセリングができるのですが的確で早急に返事を頂けた点もポイントが高かったです。
オフィスで直接カウンセラーの人と話しましたが親切で好印象でしたので相談が終わる頃には不安よりも楽しみな気持ちが大きくなりました。

値段は他の会社と比べて安いわけではないですがそもそも留学自体お金がかかるものなのでそこは気にしませんでした。

未成年という立場なので保護者の立場としても外国に子供を送り出すのは不安だと思いますが留学ジャーナルならば滞在中何かあったときはサポートもあるので安心です。

長期留学、短期留学、様々なパターンで渡航できるので気になっている方はぜひ相談だけでもしてみてほしいです。
安心感と信頼ならば留学ジャーナルをオススメします。

私は留学ジャーナルで目標を達成できました。
今のグローバルな時代、英語が話せることが必須な世の中です。

就職するにも英語が話せるだけでお給料も高く、待遇も良い会社に勤められたりして良いこと尽くしのところがあります。そして、留学など海外で生活したことのある方というのは、どこか洗練されていて自分の意見を述べる術を知っています。今後の日本でこのような方は重宝されることでしょう。

私は、この先厳しくなるであろう日本経済の中でも生き残れるしっかりとした企業に勤められるようにと、学生の頃に留学しました。勿論、自分のお金でです。計3年間、まずはオーストラリアに1年、そしてカナダに2年、日常会話やビジネス英会話を学びました。

沢山の留学エージェントの中で選んだのは留学ジャーナルです。なぜならば、出発前の英会話レッスンが充実していたから。それと、海外支店との連携に信頼を置くことが出来たからです。

この連携業務の一つに、とても大切なホームステイファミリーの紹介があります。私の望んでいた希望通りの家族と出会うことが出来ました。そして今もそのファミリーと繋がっていて、日本に帰国してからも何度も逢いに行っています。

万が一、生活をしてみて合わないようだったらファミリーを変更することも可能です。同じ学校の、別のエージェントを使っていた何人かのお友達は何度も変更していて、そのたびトラブルがあったりで大変そうでした。

私は、私のファミリーと出会ったお掛けで、現地のネイティブ達の生活を経験できることが出来ましたし、質問をし易い環境にあったので英語も上達しました。

当初の目標だった優良企業にもつとめています。この留学のお陰で人生が変わりました。皆さんにも本当に留学ジャーナルでの海外生活をお薦めします。

↓その他の留学エージェントはこちら↓

【セブ島留学エージェント】一覧!セブ留学の代理店はこの中から選ぼう!

↓セブ島の語学学校一覧はこちら↓

徹底比較!セブ島にある日本人経営と韓国人経営の語学学校をまとめました。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。