フィリピンセブ島留学の魅力「近さ」

注目されてきているアジア留学

コストが低くマンツーマンのレッスンを受けることができるとして、ここ数年の間に急激に発展してきているのがフィリピン留学であると言えるでしょう。

しかし実はフィリピンのみならず、東南アジア諸国で英語を学ぶというスタイルが好まれるようになってきたようなのです。

そこで今回はフィリピン留学と比較すべく、マレーシア留学もご紹介していくことにしましょう。

マレーシアとフィリピンの文化、背景の違い

マレーシアと言えば、クアラルンプールを首都とするフィリピンからも非常に近い東南アジアの国のひとつです。
1957年にはイギリスから独立、そして1965年にはシンガポールがマレーシアより独立したことにより今のマレーシアができあがりました。

そのためイギリスの植民地時代があったことを考えると、英語とのつながりも見えてくるような気がしますね。
多種多様な民族から形成されているのが特徴的で、特にマレー系、中華系、インド系がその多くを占めているようです。

こうして言語も人種によってマレー語、中国語などと様々な言語を使用するため、共通語として英語が設定されていますよ。

気候は一年を通して平均27℃ほど。

乾季と雨季にわかれてはいますが、雨季でも1日に1時間ほど夕立がある程度ですから本当に1年を通して過ごしやすい気候の国であると言えるのではないでしょうか。

こうしてマレーシアの概要を見ていく一方で、フィリピンはというとどうなのでしょうか。
フィリピンはマニラを首都とする国で、スペインとアメリカによる植民地時代を過ごし、太平洋戦争時には日本軍によるマニラ制圧も経験している国です。

そのためマレーシアのイギリスとは異なるものの、やはり歴史的背景にはこうして英語とのつながりがあったというわけなのです。

フィリピンも多民族国家であると言えますが、その人口の9割以上はフィリピン人。タガログ語が主流ですが、英語も公用語として一般的に通じるようになっています。

宗教面ではマレーシアはイスラム教徒が多いのに対してフィリピンはカトリック教徒(正確にはフィリピンの南側、ミンダナオではイスラム教がメインです。)、同じ東南アジアの近隣諸国であってもこういった違いはあるものなのですね。

フィリピンの気候はマレーシアとほとんど変わりません。ただよくニュースで台風による被害を耳にする点は少し気になるかもしれませんね。台風が多いのがマニラなどのあるルゾンという地域、逆にセブ島は台風もたまに来るもののマニラなどに比べると少ないです。

また地図上ではマレーシアもフィリピンも日本からの距離感はたいして変わらないようにも思えますが、フィリピンへは4時間程度で行けるのに対してマレーシアへは約6~7時間もかかってしまう点も知っておくべきでしょう。

マレーシア留学VSフィリピン留学

さてそれでは実際にマレーシアとフィリピンを留学先として選ぶメリットを見ていくことにしましょう。

まずは学校の数です。
フィリピン留学が現在話題になっているように、学校数ではやはりフィリピンのほうが圧倒的に多いと言えるでしょう。

そして気になるのが授業形態ですが、フィリピンはやはりマンツーマンレッスンが主流であるのに対して、マレーシアでは5人~15人前後のグループレッスンは半分以上入ってきます。

どうしても引っ込み思案な方は、クラスで発言しにくいなどのデメリットがあるので、グループクラスが多いとちょっと厳しいかもしれません。もちろんそれが自分への挑戦としてメリットとすることもできますが。

またフィリピンはどちらかというとスパルタ教育であるイメージが強く、実際に1日10時間レッスンを開講しているようなところもありますよね。

それに対してマレーシアは一般的に1日4時間半~6時間というスタイルが多く、そのため夕方以降は自由時間が持てることが多いんですよね。フィリピンは夜間の外出禁止などかなり寮内での生活も厳しい所もあるでしょうから、それに比べるとゆとりを持った生活ができるのがマレーシアと言えます。

この点に関してはどちらの国もメリットとなりデメリットともなりますから、各自が掲げる目標や目的に沿って適切な国を選ぶようにしたいですね。

マレーシア留学に関しては、国籍に関しては基本的にアジア人、中でも日本人と韓国人が大半を占める学校が多いようです。この辺はフィリピン留学ともそこまで差がありません。

こうした留学にかかる費用を見てみますと、やはりどちらの国も欧米諸国への留学に比べて非常に安いのが魅力的です。
しかしフィリピン留学ではなにもかも含めて1カ月25万円ほどでまかなえるところ、マレーシア留学では10万円ほど多く見積もっておいたほうがよさそうです。

と言いますのも、フィリピン留学のひとつの魅力はやはり寮生活で3食提供してもらえるところでしょう。それから物価も日本に比べたら安いとはいえ、フィリピンと比べるとマレーシアの方が高いです。建物はフィリピン留学のメッカであるセブ島と比べると、マレーシアのクアラルンプールははるかに発展しています。

その一方でマレーシア留学では住まい探しも各自で行うことになるので探し方によっては費用も変動してくるかもしれませんね。

しかもこの住まい探しが実は難しい場合も多く、マレーシア留学では英語がある程度話せないとエージェントを通さない限り入学の申込みも難しく、ましてや住まい探しとなるとかなりの難関となってくるといった体験談もよく見られるのです。(エージェントが語学学校と提携しているところは寮もあるようですが)

マレーシア留学のもう一つのポイントは、語学学校数がフィリピン留学に比べて少ないところです。そのため、情報が比較的少なく学校情報が集めにくい点、エージェント頼みになってしまう点にあります。

本当に英語のレベルが初心者で一から始めたい場合には、マンツーマンで日本人スタッフが多いフィリピン留学はおすすめです。良くも悪くも情報はかなり公開されていますので、事前にそれなりに把握出来るので心の準備が出来ますね。

個人的にはマレーシア留学は興味があるので、いつかチャンスがあったら数週間ぐらい体験してみたいです。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。