【ITパーク校①】授業施設~個室とオープンスペースの違い~

QQEnglishのITパーク校は語学学校の授業施設と宿泊施設が分かれています。今回は授業施設を中心にご紹介します。

▶ 前回の記事はこちら:2015年QQEnglishへセブ留学|ITパーク校とシーフロント校の様子から初日の流れまで

ITパークというエリアについて

まずITパークというエリアですが、ここはセブ島の特区に当たる場所といえます。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

ITパーク内には複数の外資が入ってい事、コールセンターなど24時間人が出入りしていること、ここで働いているフィリピン人がそれなりに給料をもらっている事などから、このエリアは安全性が非常に高いです。

安全性についてはQQEnglishの代表「藤岡」さんがこちらの記事で書かれていますね。
No3 – 「安全=一歩も外に出さない」ではない!QQEnglishが考えるフィリピンセブ島留学

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

こちらがQQEnglish、ITパーク校があるビルです。ITパークの入り口からだと徒歩5分。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

スカイライズ4というビルになります。

QQEnglishの授業施設

QQEnglishは8階のグループクラス用の授業施設(+オフィスとオンライン英会話施設)をベースに7階にマンツーマンの個室ブース、10階にオープンスペース型の教室を設けています。

階段で登れない距離ではありませんが、エレベーターがそれなりに早いので、そこまで待たずに乗れます。

8階の様子

QqEnglish_001

こちらがQQEnglishの8階のオフィス。以前もご紹介していますが軽く解説。

QQEnglish|フロント

ロビーが広いですね。基本的には困ったことがあればここで相談。

QQEnglish|カフェ

こちらは食事&休憩スペース。ソファーなどもあります。WiFi環境は人がいないとさすがにITパーク内だけあって、非常に早いです。昼食中などの多くの人が使う時間帯や午後は取りづらいです。夕方18時以降になると人が減るため、また取りやすくなります。

QQEnglish|カフェ

売店には食事+スナックやドリンク、それからヤクルトがおいてあります。セブ島生活でヤクルトは未然に食中毒を防ぐためにかなり重要。

2015年QQEnglish初日の様子|フィリピンセブ島留学

グループクラスやオリエンテーションなどで使うスペース。

QQEnglish|

自習スペースもあり、パソコンも使えます。自習スペースの席が全て埋まる事はマレです。というのもカフェテリアもこの同じ階に設置されているため、分散するからです。誰にも邪魔されたくない人はこちらで勉強しましょう。

7階の個室ブース

通常、QQEnglishのITパーク校で勉強をする際は7階と10階に分かれます。

分け方はカランメソッドやTOEIC、ニュースアラート、IELTS、リスニングなど、周りが静かな方が良い授業展開が望めるものを7階に、スピーキング中心の授業をオープンスペース型の10階にしています。

QQEnglish|廊下

7階の様子。個々のブースがあります。

QQEnglish|

ブース自体はパーソナルスペースを取れるぐらい広く、多くの方にとっては窮屈ではないはず。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

欠点はテキスト

これは以前から当サイトで紹介しているQQEnglishのデメリットです。

基本的に7階の授業は、教師とPDFのテキストを画面で見ながら進行します。当然そのPDFは書き込みが出来ませんので、ノートに書き写す必要があり、めんどくさいんですね。

2015年QQEnglish初日の様子|フィリピンセブ島留学

*ただし、スペシャル科目(NEWS、IELTS、TOEIC)については基本的にテキストのコピーが配られます。

以前はこれにカチンっと来ていたのですが、今回はいくつか対策方法が出てきました。

テキストの一部をコピーしてもらう事が出来る

実は授業中に使われるテキストは、事前に先生に頼むことでコピーをもらえます。その際はA4 1ページ1ペソ(2.7円)。日本の1枚10円より安いです。

テキストを購入する事が出来る

テキストを購入することが出来るようになりました。いや、もしかしたら以前から販売していたのかもしれませんが、言わなければ対応しない状態だったと思います。現在は留学初日にもらえるガイドブックに、きちんと金額と合わせて記載があります。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

価格帯は120peso~800peso。カランメソッドのテキストは800peso(2000円以上)っと非常に高いですが、これは本国イギリスから入手しているためこの値段です。QQEnglish側がボッタクリをしているわけではありませんw

*なお、カランメソッドはほとんどの時間を先生と向き合って喋るため、授業中にテキストは必要ありません。自分で復習をしたい場合やオンライン英会話で今後も使っていきたい場合は、購入しましょう。

テキスト購入をオススメする方

3週間以上滞在する方は、最初の1日~2日授業を行ってみて、合うようであれば購入してもよいでしょう。価格も500円前後なので良心的。1冊きちんとやりきれば、かなり力がつきます。

また、TOEICの授業を受ける方もテキスト購入を推奨します。(必要な分だけで良いなら、予め先生にコピーしてもらえばOK。)

無駄にテキスト代を取られないメリット

考え方を変えると1週間留学や2週間留学の方にとっては経済的とも言えます。というのも通常、高価格帯の語学学校以外はテキスト代を別に請求する学校が多いからです。

「自分に合わないテキストが初日に配られ、別のテキストに切り替えようと思ったら追加でテキスト代を請求された」・・・というのは、フィリピン留学では良く聞く話。

QQEnglishの授業は最初にテキスト代を請求されることはないため、気に入った教材だけ購入出来るという点では意外とフェアで、経済的とも言えます。

10階のオープンスペース

今回、メインでご紹介したいのがこの10階のオープンスペース型の教室。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

入るといきなり小鳥の鳴き声が聞こえてきて癒されます。最初はあえてそういうBGMを流していると思っていたのですが、左手に進むと・・・

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

・・・・

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

本物の小鳥の鳴き声でした。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

席の配置はこんな感じ。約80人前後は一度に入ることが可能です。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

手前の通路を含め、各ブースはレンガ調で落ちついた感じのオープンスペースです。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

真ん中にはミニ噴水

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

ここにはこのフロアのマネージャーさんがいますので、困ったらここで相談。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

緑も意図的に配置。テーマは洋風のカフェとのこと。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

ワンフロアまるごと借りていので、かなり広いです。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

続いてこちら、10階では食べ物や飲み物が買えるミニブースがあります。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

アメリカーノが30peso(80円ぐらい)、カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソなどコーヒー好きの人たちには朗報!

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

ピザやホットドッグ、ハンバーガーなどもオーダー出来ます。

更には!

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

これ、オーブン。この10階ではパンを作っているんですね。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

種類は3種類~5種類ぐらい確認。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

価格、なんと1個5peso!!セブ島のローカルのパン屋よりも安いです(日本円で13円ぐらい)。お金を節約したい方はここで毎回パンを買えば、超節約できますね。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

こちらは小豆入りのパン5peso!しかも味も美味しい。

男性でも4つぐらいあれば、お腹いっぱいになるので1食50円とすると、朝昼夜食べれば理論上は1日150円で収まります。

10階の授業スペース

続いて一番重要な10階の授業スペースです。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

こちらが各ブースの様子。全体的に見ると天井が黒なので暗く見えますが、机の周りはこのようにしっかりと光が入っています。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

7階と違いパソコンはなく、ホワイトボードとQQEnglishのテキストを利用して授業を行う点です。こちらはビジネスイングリッシュのテキスト。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

テキスト自体は上記でも書いていますが、購入できますし、1ページ毎に1ペソでコピーしてもらう事も可能です。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

そして、自分自身が実際にここで授業を受けて気づいたのですが・・・

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

QQEnglishのこのブース、他の学校よりも横幅が明らかに広いんですよね。他の学校の2倍、少なくとも1.5倍ぐらいは大きいです。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

加えて実際座ると、向かい側の席が完全に見えない高さになっている事にも気づきます。これも結構重要なポイントで、パテーションが高いので向かい側の人の動きが見えず、向かい側から声が響いて来ないです。

オープンスペース型の一番のデメリットは「周りがうるさくて集中できない」事!QQenglishのこの10階では、そのデメリットを感じさせないような配慮があります。

*ちなみにブースを区切る高さが低い場合は、先生と生徒を一目で確認出来るので、マネージメントし易いという強みがある。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

横隣もほぼ見えない仕様になっています。他の学校のオープンスペース型と何が違うかというと、他の学校は机毎にパテーションを置いて区切っているのに対して、QQEnglishは机を含めたスペースで区切っているんですよね。だから、完全に真横も見えなくさせてしまうことが出来るわけです。

またもう気づいた点として、席の配置があります。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

この配置図をよく見ると、それぞれのブースは真後ろに同じように配置せずに、半分ずつずらしています。

QQEnglish ITパーク校の概要、10階の様子、食事内容まで

オープンスペース型で授業を受けると、自分の真後ろの席もたまに気になったりするのですが、半分ずらしていると生徒同士が背中合わせにならないことが多い。なので人によっては集中力がより高まるかと思います。(QQ側がこれを意図して作ったのかは不明ですがw)

QQEnglish ITパーク校の施設面のまとめ

7階の個室と10階のオープンスペースの2パターンある

基本的には個室ブースがベースになっていますが、スピーキングなどの一部のクラスは10階のオープンスペースでの授業が割り当てられます。実際に授業を受けてみてどちらか一部の階に偏らせたい場合は、スタッフの方に相談してみてください。

ただし、一部のカリキュラム(TOEIC、IELTS、カランメソッドなど)は7階の個室ブースで行う必要があります。

10階は7階より自由度が高い

10階はカフェで勉強しているイメージに近いです。軽食をしながら授業も可能なので、個室ブースよりも気楽に授業が出来ます。よりリラックスした環境で授業を受けたい場合は、10階がオススメです。個室だと眠くなる方にも!

7階個室のネット環境はQQEnglishの強み

7階個室ブースを選ぶメリットは、わからない単語を即座に正確に調べれる点です。

教師も人間ですから授業中にダブルチェックしたい単語、発音、使い方が出てきます。この時、先生によって対応が異なるんですねー。ごまかそうとする人、後で持ち帰ってきちんと調べてくれる人、その場でスマホを使って調べる人など、僕は色々な先生の対応を見てきました(苦笑)

QQEnglishの場合は、ほぼ全ての個室にパソコンがセットされていますので(元々オンライン英会話用に)、先生は困ったらすぐにネット辞書で調べます。非常にフェアですね。

1つ目の辞書の意味や表現に納得&理解できなかったら、他の辞書も同時にチェックしてくれるので、この「スピーディーさ」は授業を受けてて気持ちが良いです。一人一台のパソコンが備え付けられている、QQEnglishならではの特徴だと思いました。(英英辞典が分からなければ、日本語で解説が書かれているweblioや英辞郎なんかを使ってもらうようにURLを伝えればOK!)

ITパーク校の全体像を知るならこちらの動画も参考になります。

次の記事ではITパーク校の食事内容や食事に関しての周りの環境、宿泊施設をご紹介します。

↓QQEnglishの公式サイトはこちら↓

その他のQQEnglishの留学レポートはこちら

ITパーク校とシーフロント校の概要と初日の流れ
ITパーク校留学レポート②】宿泊施設の紹介
【シーフロント校留学レポート①】立地場所と利便性、校舎の様子など

QQEnglishのオーナー「藤岡」さんの記事はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。