フィリピン留学生は是非!フィリピンフェスティバル2015年が9月19日から代々木公園で開催!

フィリピンと言えばココ最近、フィリピン留学を通じて何かしらと情報を得る機会が多くなりました。

飛行機で約4時間、時差も1時間しかないため日帰りで出張なんていうビジネスマンも多いかもしれません。またフィリピンは特に女性が日本人男性との国際結婚も多く、在日されている方も少なくないことでしょう。

しかしこれだけ身近なフィリピンであっても、一体何語が話されているのだろう、文化や郷土料理は?、こうして少しつっこんだ話になると即答できないことが多いのではないでしょうか。実際僕もフィリピン留学する前は、何語をしゃべっているのか?どんな料理なのか?セブ島ってそもそもフィリピンだったのか!・・・という感じでした。

ですがフィリピンはこれから先は間違いなく日本人にとって、観光地として、語学留学先として、より身近な国となっていくはずです。日本からの格安直行便も多く飛び始めました。

そこで今月行われる「フィリピンフェスティバル」、これを通してもっと身近にフィリピンを感じてみるのもいいかもしれませんね。

フィリピンフェスティバル2015

フィリピン留学生は是非!フィリピンフェスティバル2015年が9月19日から代々木公園で開催!

日本最大のフィリピンイベントとも言われているこの「フィリピンフェスティバル2015」は主催は在日フィリピンコミュニティ、後援は在日フィリピン共和国大使館のもと、9月19日(土)、20日(日)(9時~17時)の両日に東京の代々木公園で行われます。

以前は「バリオ・フィエスタ(BARRIO FIESTA)」という名のイベントが横浜の山下公園で行われていたそうです。しかしこれが2014年に現在の「フィリピンフェスティバル」に改称され、会場も上野公園へと変更されてました。

よって今年の代々木公園開催は初。

さてフェスティバルということはお祭りですが、気になるのは一体どんなことをするのかというところです。
まずお祭りと言えば陽気なイメージのある国フィリピンですから、日本にはないショーやダンスがなくては始まらないですよね。

そこでひとつ「マスカラダンス」というものをご紹介しましょう。

このマスカラダンスは日本人にとってはあまりなじみのないフィリピン・ネグロス島最大の都市、バゴロドというところで毎年10月に行われている「マスカラフェスティバル」の中で見られるダンスのひとつ。

その名の通りマスカラ、つまり仮面をかぶってのダンスとなります。衣装は見た目、ブラジルのカーニバルを思い浮かばせるようなド派手ぶり。

youtubeで見るとこれのようです。

しかし音楽やダンススタイルはやはり独特なものがありますよ。このマスカラダンスに使われる仮面はどれも微笑んでいるように見えるのが特徴的です。

しかしこの微笑みの裏には悲しい過去があり、1980年代の砂糖の価格高騰に苦しむ住民たちが自ら元気を出す方法としてこのお祭りを始めたということだそうですよ。

ちなみにこのマスカラダンスは昨年の上野公園での開催時にも披露されています。今年ももちろんステージにおける伝統舞踏やライブ演奏などの披露が予定されていますので、もしかしたら生のマスカラダンスを楽しむことができるかもしれませんね。

そしてお祭りと言えばおいしい食べ物もなければなりません。
フィリピンでは一体どんな料理が日常的に食べられているのだろう、そんな疑問を解消すべく、当日たくさんの屋台が会場に並びますのでいろいろ試してみるのもありでしょう。

ちなみにフィリピンの郷土料理と言えば次のようなものがあります。ぜひ会場でも探してみてくださいね。

Chicken Inasal(チキン・イナサル)

イナサルというのは調理方法の一種なのですが、マリネ液に浸してから炭火で焼き上げます。チキンを使ったものが最も一般的で、バーベキューのようなものをイメージするとよいでしょう。

Sisig(シーシグ)

盛りつけ方によっては一瞬生卵がのった牛丼のように見えるこの料理。
豚肉の切れ端をしょうゆ、酢、トウガラシで味付けし、鉄板焼きします。牛丼のようにご飯があるわけではありませんが、ビールのおつまみとしては最高です。

Adobo(アドボ)

日本の肉じゃが的存在とでもいいましょうか、フィリピン人にはなくてはならない伝統料理のひとつです。チキンまたは豚肉、そして野菜などを醤油と酢で煮込んだ料理です。

サンミゲルビール

セブシティ ウォーターフロントホテル|サンミゲルライト

これなくして、フィリピンフェスティバルなし!

フィリピンの代表的なビールのひとつで、アジアで最大のシェアがあります。サントリーが実は筆頭株主ですが日本ではなぜかほとんど売られていません。サンミゲルビールはかなり飲みやすく(沖縄のオリオンビールのような味)、ビールが苦手な女性もガンガンいけます。元々ビールが苦手な方以外で、サンミゲルビールが苦手という方にはほとんどあったことがないですね。

このようにほかにもまだまだいっぱいありますが、これらの簡単な説明を聞くだけでもいろんな想像が広がる、やはりまだ未知の世界であるのがフィリピン料理ではないでしょうか。

隣国のタイやマレーシアなどのイメージからか、フィリピン料理もスパイスのよく効いたピリ辛がよく想像されます。

しかしフィリピン料理はどちらかというと味付けは非常にシンプルで、これらの例を見てもわかるようにビネガーを使用することから酸っぱいと感じるもの、また甘いと感じる料理が多いです。日本人の口に合う料理がかなり多いと思いますね。

このように当日食べ物の屋台のほか、雑貨、民芸品のようなものも販売されるそうです。
イベントなどもたくさん行われますので、フィリピンへ行かずともフィリピンを知るにはもってこいのチャンスでしょう。
入場料は無料、行くからにはやっぱり郷土料理などを味わってみたいものですが、雰囲気だけでも十分に楽しむことができますよ。

フィリピン留学生は是非!フィリピンフェスティバル2015年が9月19日から代々木公園で開催!

あ、そういえばあのボクシング界のヒーロー、マニー・パッキャオも来日するようですね。

フェイスブックページはこちら
フィリピンフェスティバル フェイスブック公式ページ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。