フィリピンでAPECが開催中

APEC、これはエイペックというふうに呼ばれていますが、学校では必ず習う、みなさんも意味を知っているかどうかは別として耳にされたことがある言葉ではないでしょうか。

そもそもAPECとはAsia Pacific Economic Cooperationの略、つまり日本語ではアジア太平洋経済協力会議と言われています。
1989年に創設され、それ以来アジア太平洋地域の経済発展を目的として活動しています。

現在このAPECの参加国はインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ブルネイ、ベトナム、日本、韓国、中国、台湾、香港、パプアニューギニア、アーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、メキシコ、ペルー、チリ、ロシアの21カ国。
これらの21カ国はエコノミーという風に現場では呼ばれているとのことです。(台湾や香港も参加しているため)

このAPECの会議は毎年参加国のどこかで行われていますが、例えば昨年は中国、もちろん日本も過去数回開催国となっています。

さてそれでは今年はすでに始まっていますが、どこの国で開催されているのでしょうか。
実はこれをめぐってある問題が勃発していますので気になるところですね。

今回このAPECが開かれているのはフィリピン。
特に8月~10月という長い期間の間、リゾート地としても有名なセブ島で開催されているのです。そのため基本的に道幅の狭いセブ島のあちらこちらで交通渋滞が起こるという問題が発生しています。

ホテルの価格が高騰中

しかしそれだけにとどまらず、さらに問題となっているのが周辺ホテルの価格。

特に8月22日~9月6日という期間の間はなんと約3200人もの代表団がこの地を訪れるとも言われていますが、そこでこういった代表団よりセブ島のホテルが通常の2倍以上にも価格が膨れ上がっている、とのクレームを受けてしまったのです。

こうしたクレームの背景には、例えば観光シーズンや国の代表団の訪問などとなると宿泊施設の通常価格に上乗せされることは決して珍しいことではありませんが、今回セブ島では2倍以上というかなりの上乗せがあること、そして他にも様々な会議や訪問などが行われるフィリピンの他の州ではこのような価格の値上がりは見られないという点があります。

これを受けてフィリピン政府はセブ島の信頼を損ねる可能性があるとして、調査後適正価格の提示を保証しているとのことですが、はたしてどうなるでしょうか。

タイミングがちょうど8月の旅行シーズンだったのもよくなかったですねー。

こうしたセブ島のホテルの高騰化ということもあり、この期間に留学や観光を検討されている方はホテルの予約がしにくいか、またかなりの高額になってしまう可能性がありますので注意が必要です。

そのためアゴダなどの格安ホテル検索サイトを利用して、しっかりと対策されることをおすすめしますよ。

ネット環境の問題

また、問題になっているのがネット環境です。周りの知人達からは8月、9月に入ってからネット環境がすこぶる悪い・・・とい言われています。というのも恐らくAPECにネット回線が取られているからとか(あくまで噂ですが)。

逆に言えば、APECが開催される主要ホテルでは、ネット環境はそんなに変わりがないのではないかと推測します。実際に僕もマリオットホテル、ラディソンブルーホテル、ウォーターフロントホテルなどを8月中に使っていましたが、ほとんど速度は変わりませんでした。

なので、セブ島にいらっしゃる方でネット環境が悪いなーっと思ったら、APECが開催されている主要ホテルに行くことをおすすめします!もちろん、これらのホテルは一般客も入れますのでご安心ください。

QQEnglishが視察対象の語学学校に

ところで、実はこのAPEC開催期間中の9月8日、政治家で現在、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官の小泉進次郎さんがセブ島を訪れるそうです。

今回の目的の一つにセブ島にある会社を視察する予定があるそうですが、語学学校としてセブ島留学やオンライン英会話で同じみの「QQEnglish」が選ばれたようです。

小泉進次郎さんは9月8日の17時ごろにQQEnglishを視察されるそう。
もしかしたらQQEnglishに留学されているみなさんは、あの小泉進次郎さんに会えるチャンスかもしれませんね。

といっても、多数のガードマン周りを取り囲んでいると思いますが・・・

そんなQQEnglishの2015年の様子はこちらです。
2015年QQEnglishへセブ留学|ITパーク校とシーフロント校の様子から初日の流れまで

QQEnglish代表、藤岡さんの記事はこちら
No1 – バイク便式でフィリピン最大の英会話学校を作る!QQEnglishのフィリピン留学

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。