QQEnglish代表 藤岡頼光「英語を話せるようになって人生が変わった」

こんにちはQQイングリッシュのらいこうです!
先ずどうしてフィリピンで、英語が公用語になったか歴史的な背景から少しお話します。

▶前回の記事はこちら:No9 世界で一番成功した英語の学習者と彼らの弱点。なぜトレーニングが必要なのか?

フィリピンの歴史

フィリピンは、もともとスペインの植民地でした。1565年から、300年間にわたって統治されていました。タガログ語は、スペイン語に近い言語でして、スペイン語が分かる人は、タガログ語が少しわかるのです。

1896年にフィリピン革命が起きて、最初はアメリカの援助もあって独立をしました。その後、アメリカはフィリピンの独立を認めず、軍政下に置きました。

そのときのアメリカの大統領マッキンゼーが、友愛的同化宣言を出して、それまでスペインがずっと抑圧して何も与えていなかった状況を変え、アメリカは、信頼・尊敬・敬愛を勝ちとるために、スペインが拒否してきた統治自治や物質的な援助、そして教育を推進したのです。

ここで、初めてフィリピンに教育が入りました。

アメリカは、数万人規模の英語の教師をフィリピンに送りこんで、フィリピンに徹底的に英語教育をしたのです。

ですから、二十世紀の初めのころから、フィリピン人は英語を学ぶようになって、今日のよう話すことができるようになったのです。

フィリピンは、7109という大変多くの島で構成されています。その多くの島で、自治制度が敷かれているため言葉が多様です。タガログ語というのは、マニラで話されていますが、セブではセブ語、レイテではまた全然違う言葉と、方言のレベルではなくて、文法から何から違う八十七の言語に分かれているのです。

それら全体を統治するのに、タガログ語を使っているわけですが、同時に英語も使って全ての島をまとめ、国として治めているというのが、フィリピンという国なのです。

フィリピンで英語を学ぶということは・・・

QQイングリッシュが学校をおいているフィリピンのセブ島についてお話しします。
実は、セブ島はフィリピンの京都と言われているところです。最初、フィリピンの首都はセブにありました。その後、現在のマニラに移りました。

セブには、たくさんの大学があります。日本には、全部で700校ほどの大学がありますが、調べましたら、そのうち京都にあるのは47校です。フィリピンにある大学は全部で223校、そのうちの19校がセブ島にあります。ですから、優れた人材がセブにはたくさんいるのです。観光で有名なセブですが、実は大学がある文教都市としても有名なのです。

私がセブ島に英会話学校を作ったのは優秀な人材が集めやすいということがあったからなのです。

QQイングリッシュはこれから発展していくフィリピンと一緒に大きくなっていくつもりです。もちろん件費や生活費はどんどん上って行くと思います。その為にもただ安いだけの英会話学校ではダメだと思っています。

アメリカにもイギリスにも無い、世界に通用するフィリピン特有の英会話学校をセブ島に作って行かなくてはなりません。

幸いにもこれからはアジアの時代になると言われています。フィリピンで英語を学ぶと言う事はこれから発展するアジアの英語を習うと言う事です。

フィリピン訛りを心配する方もいますが、是非QQイングリッシュの先生の英語を聞いてみてください。とても綺麗なわかりやすい英語です。その伝わりやすさは世界中で活躍するナースや家政婦さんが証明してくれています。

それでもフィリピン訛りを気にするのであればこう言いたい。。。

フィリピン訛りがうつるぐらいしっかり勉強して頂けたのであれば、既にとても上手に英語が話せるようになっていると。

私が書いたコラムがあります。「日本に100年に一度のチャンスがやってきた」です。宜しければ御覧ください。

http://www.qqeng.com/campaign/2015raikou/raikou.html

それではまた来週!

QQイングリッシュ
代表 藤岡頼光

次の記事はこちら:▶ No11 私が多国籍の語学学校にこだわる理由。QQEnglishには常時10カ国以上の留学生

↓QQEnglishの公式サイトはこちら↓

関連記事はこちら

フィリピン留学前に押さえておきたい!フィリピンとセブ島の歴史

同じ筆者の次の記事を読む
▶︎No11 私が多国籍の語学学校にこだわる理由。QQEnglishには常時10カ国以上の留学生

同じ筆者の前の記事を読む
▶︎No9 世界で一番成功した英語の学習者と彼らの弱点。なぜトレーニングが必要なのか?

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

QQイングリッシュの代表
(QQEnglish)

フィリピン・セブ島に拠点を置く英会話学校「QQイングリッシュ」を経営。
約800人の教師が、年間5000人の語学留学生と1万人を超える世界中 の生徒にオンライン(スカイプ)で授業を提供している。1992年バイク便のキュウ急便設立後、2000年バイクショップのコネク ティング・ロッド設立。

2005年フィリピン・セブ島に留学後、2009年オンライン英会話事業のQQイングリッシュを開始。2010年には留学事業も開始。

「QQイングリッシュ」は現在、東京、セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テへランでも展開。2016年現在、フィリピンでNo.1(留学者実績、教師数)の語学学校に成長し、NHK「おはよう日本」、朝日新聞 「フロントランナー」でも取り上げられた(https://qqenglish.jp)。

藤岡 頼光氏の記事一覧はこちら

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。