英語の学習と言えばこれまで語学学校へ通う、通学型のスタイルのものが多かったかもしれませんね。

と言いますのも、通学型で講師と対面していなければ何かと不安だという方が多かったことでしょう。

しかし今ではオンライン英会話レッスンもかなりの進化を遂げてきていますね。
例えば大手のオンライン英会話として知られているのがラングリッチ。フィリピンのセブ島より低価格のスカイプ英会話オンラインレッスンを提供している企業のひとつですよ。

このラングリッチが提供しているサービスの内容を簡単に見てみますと、まず毎日講師とマンツーマンで話せて1カ月6000円、やはり1ヵ月に4回程度で数万円かかる通学型の英会話スクールとは桁が違いますよね。

またラングリッチでは3ヵ月間継続して学習しても英語力がアップしない場合の全額返金保証制度を設けており、この業界では画期的なサービスかもしれませんね。

さてそんなラングリッチですが、実はつい最近ですが米国のイングリッシュセントラルという企業より買収、事業統合という形になりました。
これによってラングリッチはさらにパワーアップしたオンライン英会話スクールとなったわけですが、ここで気になるのが果たしてイングリッシュセントラルとはどんな企業なのかということではないでしょうか。

イングリッシュセントラルとはやはりラングリッチと同じようにオンライン型の英語学習サービス事業を展開している企業です。
しかし興味深いのは主に世界中で話題となっている旬の動画を学習教材としているところでしょう。

ある時はオバマ大統領の演説動画、またある時はディズニーの映画を教材に、これだけ旬で、また楽しめる教材であると頑張ろうという意欲もさらに掻き立てられるのではないでしょうか。

さらにレッスンを行う登録講師は世界中に約4万人、そしてそれを受ける学習者は200万人、どちらもスケールの大きさが違いますよね。

確かに映画を英字で見ようと思った場合、いくつかの設定をしなければいけなかったり、専用の映画を買わなければいけなかったり、、、何かと手間がかかってめんどくさいです。

そういう手間を省いてくれるのはかなり助かりますね。また、映画だけではなくCMなどの短い動画も使われるようです。

レッスンスタイルは動画を使ってタイピング、発音、聞き取り、書き込みなど全般を行います。結構繰り返しやるので覚えやすいといえますが、欠点としては文法書をやるわけではないので、体系的に自分が今日は何をやっているのかを把握しずらいところでしょうか。

こうして一風変わったイングリッシュセントラルと事業統合することで、これまでラングリッチではどちらかというと講師と会話することでアウトプットが主のレッスン形態であったのに対して、これからはイングリッシュセントラルの動画などの教材を使用した自己学習システムにおいて事前にインプット型の学習スタイルも組み込まれたということなのです。

ますますオンライン英会話の価値を見出すことができそうですね。

興味のある方は、まずはこちらの公式サイトで会員登録をしてためしてみるのが良いかと思います。
https://ja.englishcentral.com/videos

その他おすすめの記事はこちら

【特集】初心者・超初心者におすすめのオンライン英会話サービスはどこ?

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。