Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

久しぶりにビュッフェの情報をアップしたいと思います。

前回QQEnglishのシーフロント校に通った時に、隣のマリバゴブルーウォーターに行く機会が何回かあり、食事を食べてきました。

マリバゴブルーウォーターで食事できる場所は3箇所あります。

プールが見える中庭でのアラカルト、クーラの効いた部屋でのビュッフェ、それから海沿いのレストラン「The Cove」です。

今回はそのうちのアラカルトとビュッフェをご紹介したいと思います。

マリバゴブルーウォーターの場所はこちら▶ https://goo.gl/maps/zRndxy1NqSF2

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

こちらがマリバゴブルーウォーターの中庭のレストランです。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

プールが見えますね。ここ、雨季のシーズンは比較的涼しく食事できるかもしれませんが、3月~5月の夏場は結構暑いかもしれません。8月の雨季に食事した時も汗を軽くかきましたので。。。(夜は関係ないと思いますが)

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

プールを見ながら食事出来るので気分がいいですね。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

こちらも同じエリア内にあるプール。ちなみに、マリバゴブルーウォーターのプールは2箇所ありますが、両方共このぐらいの大きさです。

アラカルトのメニュー

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

アラカルトのメニューです。イタリアン主体のようで、メニューを読んでも若干分かりづらい。副題の英語を読む必要があります。ANTIPASTIなら2番目のBRUSCHETTAがおすすめと言われました。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

こちらがスープ。この日はコーンスープだったので頼みました。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

サラダ類。150peso~200pesoで2人前ぐらいです。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

パスタ類。ホテル内ではありますが、思ったほど高くはありません。なので一人でランチやディナーを食べるのにも向いています。(ただし、ここにサービス料が10%前後かかることを忘れずに)

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

メイン料理。上からローストチキン、ローストポーク、サーモンのグリル、リブ。リブだけは995pesoっと強烈な価格ですね。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

ピッツァ。高いといえば高いですが、400peso以下のピッツァがメインなので平均的な価格帯。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

ペンネは3種類。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

ドルチェ(デザート)

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

フィリピン料理もこのように用意しています。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

それ以外のメニューとして、サーモンのグリル、テンダーロインステーキ、バーベキューポークリブなどなど。ステーキ以外はこちらも比較的リーズナブル。

アラカルトメニューの料理

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

コーンスープはパンがついてきます。二人分に最初から分けてもらっている量なので、スープは2人前ぐらいありますね。150pesoのスープです。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

グリルチキンのサラダ。これは美味しいです!ドレッシング・ソースがグレープ&レモン風味でさっぱりとしているのがよかったです。(はちみつも入っていた気がしましたが)

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

サラダも新鮮でマンゴーやグレープ、カシューナッツなども入っているため、バリエーション豊かで楽しめました。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

続いてポークリブ。300peso台。食べれる部分がそこまでなかったですが、肉が柔らかかったですし、味も美味しかったです。(こちらはオーダーされる量があまり多くないようで、冷凍庫から溶かすのに時間がかかっていて20分~30分位待ちました。ちょっとご注意。でもその分、ちゃんと自然解凍してくれるので美味しいですよ。)

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

男性二人で分けるとボリューム的に物足りないかな。なお、ご飯はついてきません。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

最後にアイスクリームのデザート。このアイスクリーム、めっちゃうまいです!ただのバニラアイスではなく、ちょっと「爽」とか、かき氷っぽいフロート的なアイスでした。上のドルチェのメニューになかったですが、多分他のメニューにあります。無くても「マンゴーのソースがかかっている、アイスクリームください!」と言えばOK。

マリバゴブルーウォーターのビュッフェ

cebu-restaurants-2015-08_403

続いてビュッフェですが、こちらの中にあります。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

allegroというレストラン名、ランチブッフェの価格は1000pesoでした。(ちなみに、朝食ビュッフェは2年前は700pesoでした)

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

レストラン内の様子、ざっと見20席~30席ぐらいでしょうか。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

こちらが前菜類。このマリバゴブルーウォーターのビュッフェの特徴として、一口で食べれるこういった前菜類がかなり美味しい!ということです。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

盛り付けやアレンジの仕方もイイ!

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

どの前菜も美味しいので、結構感動。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介
Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

サラダ類ももちろんあります。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介
Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

こちらがメイン。フィリピン料理も多かった印象。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

ピッツアはアラカルトで頼んだほうが美味しいかな。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

あら、かわいい。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

こんなにパンが置いてある(しかもデカイ)けど、一体誰が食べるんでしょうが・・・。後ろのスティックパン持ち帰れないのかなぁ。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

メイン料理はどうでしょうね・・・10種類~15種類ぐらいかなと思います。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

料理は置いてあるものだけではなく、その場で作ってくれるヌードルやその場でカットしてくれるローストチキンなどもあります。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

セブの代表的な魚「ラプラプ」

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

セブの代表的な料理「レチョン」。これはレチョンカワリーというタイプのレチョンですね。レチョンの食べ方は色々あります。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介
Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

チーズやナッツ類

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

そしてなんと、カニもあります!

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

続いてデザート類。パイン、スイカ、バナナ。マンゴーはこの日はなかったかなー。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

フィリピン人はデザートが大好きなので、デザートも複数種類があります。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介
Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介
Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

こちらはセブ島の代表的なデザート。若干和菓子っぽい。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

トリュフ

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

チョコレートケーキ

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

というわけで、マリバゴブルーウォーターのビュッフェとアラカルトを食べてきましたが、印象としては「前菜が抜群、メインは中々、デザートはOK、種類はそこまで多くない」といった感じでしょうか。

1000pesoと言うと現在のレートだと2700円。コストパフォーマンスで考えるとラディソンブルーのビュッフェを超えることは難しいですね。

また、同じ1000pesoだと料理の種類でいえば、セブ市内のウォーターフロントUWOの方が数はあります。

アラカルトメニューについては4つ星ホテルですが、アヤラモールぐらいの価格ですのでリーズナブル。

QQEnglishの留学生はこのレストランまで歩いて10分程度なので、ランチを食べに来ようと思ったら来れますね。

Maribago Blue Water内のビュッフェ|アラカルトメニューもご紹介

マリバゴブルーウォーターのビーチの風景。真ん中、遠くに見える建物がQQEnglishのシーフロント校。(泳いで帰れます・・・濡れても良いならですが。)

なお、マリバゴブルーウォーターのデイユースプランは、2015年時点で2000pesoなのでもう1000peso足せばプールなども使えますので、ビュッフェを食べる方はこちらも検討してみてはいかがでしょうか。

セブ島ビーチリゾートを日帰りで!18箇所のデイユースプランまとめ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。