QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

今回はQQEnglishシーフロント校の宿泊施設と授業施設をご紹介します。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

各部屋がこのように割り当てられています。ITパーク校とは異なりこちらは鍵ではなく、カードキーをかざして部屋に入ります。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

こちらは男性用のシングルルームです。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

ベッドはシングルサイズぐらいですかね。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

ハンガーが備え付けて10本程度ありますので、忘れた方も安心。男性一人部屋にしては収納スペースは大きいです。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

奥のかごは洗濯物用

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

ベッドの下にある程度の高さがあります。こちらにスペースにスーツケースを入れます。実はQQEnglishのシーフロント校の部屋に関してはあの教育業界で有名な陰山先生が監修しており、「ベッドの下にスーツケースを入れることによって、旅気分になるのを防ぐ」という設計もそのアイディアの一つ。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

それ以外にも天井の照明がかなり明るいですが、それに加えて

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

勉強机の真上に照明が取り付けられているのですが、これも勉強に集中しやすくする効果があるとか。確かに学習机は必ず真上にライトがありましたね。

なお、スタンドの貸出をしている学校は多いですが、元からこのように各部屋の勉強机にライトを設置している語学学校は、QQEnglishのシーフロント校が初めて(?)かもしれません。実際座ってみると狭いながらも確かに、机が広く明るくて仕事がやりやすかったです。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

窓際に机が設置してあるので、朝~夕方までは景色を眺めながら勉強ができますね。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

それからコンセントの数もかなり多いです。1つ目・・・

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

2つ目・・・

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

シングルルームで3箇所あります。これは結構便利。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

WiFiは各フロア毎いくつか設置されていますので、朝~夕方は使えます(普通に動画が見れるスピード)。夜は10時~1時は残念ながらかなり通りにくいです。どうしてもネット環境が必要な方は1階の自習室周りのWiFiか、早朝がおすすめです。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

トイレとシャワーは2人で1つが基本です。これ、仮に誰かが入っていたとしても同じフロアにいくつもシャワーとトイレがありますので、そちらを使うこともできるんですよね。

なので、滞在してみて分かったのですが、そんなにバッティングすることがありませんでした。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

続いて女性のシングルルーム。男性の部屋より広いです(笑)

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

もちろん窓もついていますし、そこに椅子とテーブル、コンセントもあるように設計されていますので、快適に勉強ができます。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

クローゼットも大きい!

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

多人数部屋。シーフロント校は最大6名まで可能。ベッドは比較的カンタンに動かすことが出来ます。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

各部屋に鏡がついています。

書き忘れていましたが、男性、女性の各シングルルームの所にも全身鏡が、部屋を出た所すぐにあります。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

部屋が大きく日差しが入るので気持ちがよいですね。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

こちらが勉強机。やはり景色がよく見える窓に向かっています。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

多人数部屋はベランダにも出ることができます。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

フェンスは高さがありますので安心。遠くに見えるのがEGIリゾートJ Park Islandリゾート

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

多人数部屋の場合はシャワールームとトイレが部屋に設置されています。

以上がシーフロント校の宿泊施設の様子です。

上記の写真の通り、シーフロント校の部屋内はかなり明るく、勉強やパソコンでの仕事がし易い環境になっているのは、この宿泊施設の良いポイントです。自習室で勉強したり、カフェラウンジで勉強したり・・・っと選べる選択肢が多いのがシーフロント校の強みでしょう。

また、シングルルームに関しては2部屋ごとセットになってエリアで分かれています(鍵はかけれないが扉を閉めることが出来る)。そのため、比較的静かです。シャワーとトイレの共有が気にならなければ、環境としては集中出来る状態かと思います。

もしシーフロント校でホテルから通いたい方がいるのであれば、隣のマリバゴブルーウォーターかホワイトサンズから通うのが良いでしょう。

QQEnglishシーフロント校の授業施設

続いてシーフロント校の授業施設です。

まず便利なのが、ITパーク校と異なり同じ建物内にあるため移動が非常に楽なことです。授業施設も2階と3階で階段で十分あるける範囲内。10分の休憩中にも十分荷物を取りに行く余裕があります。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

シーフロント校は個室に近いブースによって区切られています。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

一つ一つの部屋はこんな感じで、席を向かい合わせではなく横隣で行います。教材はスペシャルカリキュラム(ニュース、TOEIC、IELTS、カラン)でない限りはパソコンのPDFを使って授業を行います。

QQEnglishシーフロント校の宿泊施設

講師の椅子の真後ろにボードがありますので、パソコンで調べ、不明な点はボードを使いながら授業が可能。結構合理的です。

授業を受けてみた感想としては、ブースの枠が高いので隣や後ろもほぼ気になりません。大きな声が必要とされるカランメソッドもここで受けましたが、十分授業としては成り立つ声のボリュームでトーク出来ます。(それでももし、カランメソッド中心の授業を組み立てたいのであれば、個室ブースがあるITパーク校を僕はおすすめします。より大声で恥ずかしがらずに喋れるはずです。)

その他の授業TOEICやIELTS、ビジネスコース、一般英会話コースの内容などは、個室のITパーク校とほぼ同じように受けれました。

現場からは以上です!

↓QQEnglishの公式サイトはこちら↓

その他のQQEnglishのレポート記事はこちら

【2015年留学レポート】ITパーク校とシーフロント校の概要と初日の流れ
【ITパーク校留学レポート①】授業施設の紹介~個室とオープンスペースの違い~
【シーフロント校留学レポート①】立地場所と利便性、校舎の様子など

QQEnglishのオーナー「藤岡」さんの記事はこちら

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。