エイエンジャパン

*エイエンジャパンは2015年に倒産したようです。

↓エージェント選びならこちらがおすすめです↓
フィリピンセブ島留学エージェントまとめ!代理店はこの中から選ぼう!

エイエンジャパンとは?

安くて英語をマンツーマンで学べると言えば、今ならフィリピン留学!
一昔前まで留学と言えば欧米諸国が主流でしたが、費用の高さからどうしても敷居が高いと感じる方も多かったことでしょう。

その点フィリピン留学なら安いうえに距離的にも近いですから、気軽にチャレンジできそうな気がしますよね。しかし問題は現在フィリピンにはなんと約300もの英語語学学校があるということ。

果たしてどの学校を選択すればよいのかという悩みが出てきますので、選択肢のひとつとして今回エイエンジャパンという語学留学のエージェントをご紹介しましょう。

エイエンジャパンは大阪に本社を置く、フィリピン留学を日本に広めた留学エージェントの一つとも言える存在です。というのも元々エイエンジャパンは韓国から来ているからです。韓国がフィリピン留学の道を開拓しているので、日本にブームが来る前から韓国人をフィリピンに送るという事を行われてきたわけです。

東京などにもオフィスが、また首都マニラには現地法人も抱えており、さらにはマニラとセブ島では直営校も運営しています。個人的には特にフィリピンマニラに強いイメージがありますね。

これらの直営校のほかにいくつもの語学学校との契約があります。公式サイトを見ると韓国資本の語学学校に関しては独占契約をしていると書かれていますが、、、、セブ島のフィリンターやイングリッシュフェラなどほとんどの語学学校は現在、独占契約ではなく複数のエージェントと契約をしています。

なので、この独占の意味は違う意味なのか・・・ちょっと良くわかりませんでした。

セブ島のMDLについて

さてそんなエイエンジャパンが独占契約をしている語学学校、セブ島のMDL校。
この語学学校に新たにTOEFLコースが新設されたようですね。

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)と言えば現在130カ国の国々で大学の入学・卒業、また奨学金関連などで英語能力の証明として実施されている世界共通の英語試験です。特にこのフィリピン留学をアメリカやイギリスなどの大学入学への踏み台として活用されたい方には必見のコースかもしれません。

というのもTOEFLコースを持っている語学学校は日系ではほとんどなく、韓国系が多いからです。

のエイエンジャパンのTOEFLコースの主な特徴は、1日にマンツーマンレッスンが7時間、グループレッスンが2時間、そして参加自由の無料クラス3時間を含めると計12時間というなかなかハードなカリキュラムとな点です。

また寮は学校に併設された形になっていますが、希望によってはホテルステイを選択することも可能とのこと、最近はこういった形の語学学校が増えてきましたね。

いずれにしても寮内の環境は非常によく、清潔感がありまた部屋もゆったりサイズであるようです。室内プールやジムなども完備しており、快適な生活を送ることができそうですね。

さらに講師が住む寮に一緒に滞在することも、つまり1日中英語漬けの毎日を送ることも可能ということなのです。

そしてこのエイエンジャパンでのTOEFLコースの費用も気になるところでしょう。
TOEFLコースはより大きな成果があるように通常1カ月からの留学が推奨されていますが、最短で1週間からの留学が可能です。
そのため例を挙げますと、1週間63,000円から、1カ月191,000円からという費用になります。(2015年時点の価格)
MDL校には最大で4人部屋がありますから、それを選択することによりより安い価格で留学することが可能でしょう。

このようにエイエンジャパンMDL校でのTOEFLコースはスケジュール的にかなりハードなものではありますが、それだけ集中的にみっちりと勉強できるのは大きなメリットとなるかもしれませんね。
そしてフィリピン留学に精通した大手企業の直営校だからこそ、安心してレッスンを受けられる利点もありますね。

その他マニラの学校について

マニラというとフィリピンのことを知らない方は特に、治安のことが不安になります。そのため、そういった理由から語学学校を作りたい方が少なく、学校自体は少ないのですがマカティなどは比較的治安が良いです。

その他も語学学校がある場所は基本的に、安全な区画内に建てられることがほとんどなので、学校内にいる限り不安になることはないと思います。

マニラのメリットは首都のため、セブ島に比べて圧倒的に栄えているという点ですね。WiFiの取りやすさや美味しいレストランもマニラの方が上です。日本からの行きやすさもセブ島よりも直行便が多いため、楽といえます。

逆にマニラのデメリットは治安がセブに比べてよくない場所が多いこと、常に渋滞状態で移動に時間がかかることなどでしょうか。

マニラもセブもメリット・デメリットがありますので、しっかり話を聞いて比べてみてください。
マニラ中心で選ぶなら3校紹介してくれていますので、参考になるでしょう。

その他のフィリピン留学エージェント一覧はこちら
フィリピンセブ島留学エージェントまとめ!代理店はこの中から選ぼう!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。