QQEnglish代表 藤岡頼光「英語を話せるようになって人生が変わった」

こんにちはQQイングリッシュのらいこうです!
今日は「4倍のスピードで英語が学べるメソッド」のお話です。

前回の記事はこちら:▶ No13 海外有名教材は実はフィリピン留学に向かない!?その理由とQQEnglishの教材との違い

英語の勉強はどこかダイエットに似ています。

「一週間でやせる」「無理をしなくてもやせる」「飲んでいるだけでやせる」みたいな事が英語にもよくあります。

本屋さんやネットを見ていると「一週間で話せる」とか「勉強しないでも話せる」「聞いているだけで口から英語が出てくる」などキャッチフレーズがたくさん出てきます。「英語が話せる」と言うところを「やせる」に変えるとダイエットコーナーとそっくりです。

私もよく「楽をして早く話せるようになる方法はないのですか?」と聞かれますが、はっきり言ってそんな方法はありません。しかし今回は「4倍のスピードで英語が学べるメソッド」について話をしてみようと思います。

「楽をして早く話せる」は無理ですが「特訓して早く学べる」メソッドならあるのです。

名前は「カランメソッド」と言います。ロンドンで50年以上歴史があるメソッドなのですが、内容はまさに軍隊の特訓です。

そもそもカランメソッドの基になったのは、第二次世界大戦でアメリカ軍が使ったオーディオリンガルをいう概念です。アメリカ軍とミシガン大学が開発したメソッドなのですが戦時中少しでも早く占領地、もしくは戦地でコミュニケーションを可能にさせた正に究極のメソッドなのです。

会話を中心に学ぶ方法としてコミュニュカティブアプローチと言う方法があります。コミュニュカティブアプローチは二人の会話中心に面白く継続させることを考えて行います。教師との会話だけでなく生徒同士でも行えるメソッドで、少々の文法のミスよりも会話を続ける事に重きを置いているのです。

オーディアリンガルは違います。必ずトレーナオーとなる教師が生徒に決まったセンテンスを徹底反復させ文法を間違ったら直ぐに訂正していくガイド付きプラクティスなのです。母国語で考える暇を与えず正しいセンテンスを何度も繰り返し英語脳を作って行くメソッドです。

みなさんは、ビリー・ザ・ブートキャンプを覚えていますか?

カランメソッドは英語版のビリー・ザ・ブートキャンプと思ってください。

とにかくたくさん聞いて、素早くたくさん繰り返す。シンプルですがまるでスポーツのような「スピーディーな質疑応答で頭の中に一切の日本語を介在させない英語脳を特訓するメソッド」なのです。

普通の英会話のレッスンでは味わえない心地よい疲労感が効果を実感させてくれます。こう書くと爽やかですが、本当はとてもしんどいメソッドなので日の目を見なかったのです。

ロンドンにある「カランスクール」ではケンブリッジ検定に合格するのに通常350時間かかるのが、わずか80時間で合格という実績があります。しかもその合格率が95%。現在ヨーロッパを中心に世界30か国、およそ400校の語学学校で採用されています。

4倍の速さで英語が伸びると言うのがうたい文句なので実証実験をしてみました。どの英会話学校も「英語がのび~る」と言っていますが、本当に公的な機関で実証実験をした英会話学校は少ないと思います。

QQイングリッシュは明治大学と提供し、学生21人に一対一オンライン授業でカランメソッドを80時間受けて頂きTOEICテストでの実証実験をしてみました。なんと平均で110点、最高で250点スコアを上げた生徒もあり「4倍のスピード」は証明できませんでしたが、日本人学生に対しても驚異的な効果があると実証されたのです。

QQイングリッシュはしっかりとした教材があり、先生が全員TESOL言う国際資格を持っているので大学にとても人気があります。

共愛学園前橋国際大学さんではオンライン英会話で単位認定されていますし、そのほか私立大学に限らず、国公立の大学まで30校以上が採用しています。

一般の生徒さんにはあまり知られていないQQイングリッシュですが、大学や高校などの学術機関には大人気の英会話学校なのです。

もし、カランメソッドを留学前に受けてみたい方がいらっしゃいましたら、QQEnglishのオンライン英会話で体験が出来ます。4倍のスピードで英語が学べるカランメソッドのWEBサイトです。

是非お試しください。
http://www.qqeng.com/lesson/callan_method.html

気に入って頂けたら、↓こちらのフィリピン留学も宜しくお願いします。↓

QQEnglish
代表 藤岡頼光

↓QQEnglishの公式サイトはこちら↓

俺セブ管理人によるQQEnglishの最新レポートはこちら

同じ筆者の次の記事を読む
▶︎No15 陰山先生、学研とコラボして出来上がったQQEnglishの最高の小学生向け英会話教材

同じ筆者の前の記事を読む
▶︎No13 海外有名教材は実はフィリピン留学に向かない!?その理由とQQEnglishの教材との違い

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

QQイングリッシュの代表
(QQEnglish)

フィリピン・セブ島に拠点を置く英会話学校「QQイングリッシュ」を経営。
約800人の教師が、年間5000人の語学留学生と1万人を超える世界中 の生徒にオンライン(スカイプ)で授業を提供している。1992年バイク便のキュウ急便設立後、2000年バイクショップのコネク ティング・ロッド設立。

2005年フィリピン・セブ島に留学後、2009年オンライン英会話事業のQQイングリッシュを開始。2010年には留学事業も開始。

「QQイングリッシュ」は現在、東京、セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テへランでも展開。2016年現在、フィリピンでNo.1(留学者実績、教師数)の語学学校に成長し、NHK「おはよう日本」、朝日新聞 「フロントランナー」でも取り上げられた(https://qqenglish.jp)。

藤岡 頼光氏の記事一覧はこちら

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。