ファーストイングリッシュ本多正治|俺のセブ島留学
朝からハイテンションっ!!!
No52 セブ島での授業の受け方 どのような態度で臨むと望んだ結果が得られるのか

フィリピンでは9月からクリスマスなんです。
Yuletide season(ユールタイド シーズン)と言ってクリスマスの季節。
September
October
November
December
とberシーズンとも言いますよね。

このフィリピンのクリスマスは9月から1月の中旬頃まで続くんですよね。
ちょうど1月中旬にはセブ最大のお祭りシノログ祭りがあります。この1月中旬のシノログ祭りまでがセブではクリスマスシーズンです。

日本人の僕たちからしたら「え!? もうクリスマス!?」って感じですけどね〜

9月〜1月中旬までの約4ヶ月間がクリスマスなんですよね!
と言うことは、フィリピンは年間3分の1がクリスマスな国です。どこまでもクリスマス好きですね〜!!!

さて、この写真↓

No52 セブ島での授業の受け方 どのような態度で臨むと望んだ結果が得られるのか

これはちょうど10月初旬に撮ったものです。

隣のとびっきり笑顔が素敵なフィリピン人スタッフさん。実は僕の全く見知らぬ人です。ショッピングモールのスタッフさんです。

それなのにこんなに密着〜!更にとびっきり素敵な笑顔〜!

僕の目の前を通ったのでいきなり写真をお願いしてみたんですね。すると「 Sure! 」って二つ返事で返してくれた。

だいたい、フィリピン人って一緒に写真を撮らせてくださいってお願いすると「OK〜!」って気持ちよく撮らせてくれる。

こうやってブログに載って、たくさんの日本人に見られるって知らないと思うけど・・・

フィリピンに来たら、特にセブに来たらぜひ試して下さい。
「Can I ask to take a picture of us together?」
「一緒に写真撮ってくれないですか〜?」

って聞いてみると

「Sure!」って言ってくれる場合が多い。断られることってあんまり無いんですよね。

ここはパン屋さん。

No52 セブ島での授業の受け方 どのような態度で臨むと望んだ結果が得られるのか

同じように「let me take a picture of us〜」と言いながらカメラを向けると笑顔になってくれる。

とても気さくな人ばかりなんです。最近、フィリピンに来て思うんですが、フィリピン人って相手次第でサービスが良くなったり悪くなったりする。

お客さん次第で相手のサービスが変わるんです。

こっちが笑顔で接していると、とても気持ちよく接してくれる。逆にもし、こっちがイライラしてたり怒ってたりしてると、向こうはあまり相手にしてくれない。

ここはムーベンピックという5つ星ホテルのレストラン。

No52 セブ島での授業の受け方 どのような態度で臨むと望んだ結果が得られるのか

とても気さくな笑顔です。

5つ星ホテルのスタッフでさえこんなに気さくな人たちばかりなんです。こっちがニコッと笑顔で接していくと、相手もニコッと微笑んでくれる。

フィリピンでの生き方

これって「生き方」なんですよね。
相手の感情に左右されずに自分の感情を整える。そして、いつも気持ちのいい笑顔で対応をする。

相手が笑顔でいようが、怒ってようが関係ない。こっちはいつも笑顔で人に接していく。そういった生き方というものが人生にはとても大切です。

特にフィリピンではそういう心構えがとても大切です。

フィリピン留学で伸びる人はここが違う!

これは授業でも同じです。

授業というのは形のないものです。しかもマンツーマンだったら生徒とティーチャーとの2人でつくっていくもの。

「自分はお金を払っている側なんだ。だからキチンと教えるのが当たり前!」っていうような態度を取っている人はあまり好感を持てないですよね。

ティーチャーも人間です。「この人に為だったら一生懸命教えよう!」って思われるのか「授業中は仕方ないから教える。だけど出来るだけ一緒にいたくない!」って思われるのかって全く違うんですよね。

特にフィリピン人に嫌われる人って「偉そうにしている人」です。

とにかく偉そうな人って嫌われる。これは何もフィリピン人に限ったことではない。日本でもアメリカでもインドでもどこでも同じですよね。

自分はお客様なんだ!っていう態度を取っている人は人が寄り付かなくなってきますよね。

授業はナマモノです。お互いに気を通じ合わせあって「一緒に良い授業を作っていく」という心構えが大切です。

僕の経験からも言えることなんですが、僕は学習塾を11年間経営してきています。たくさんの生徒を今まで見てきました。

小中高生でも偉そうにしている人はいます。きっと親の教育の賜物?ですよね。

そういう人はあまり伸びません。教えてもらって当然だっていう人はとにかく伸びない。

だから塾も気に入らないことがあるとすぐにやめる。
どこの塾に行ってもその人の本質が変わらないので、塾に通っている割には伸びない生徒になってしまうんです。

反対に感謝している人や素直に先生の言うことを聞く人というのは、すくすくと伸びていきます。成績も抜群に伸びていきます。

これは不思議です。

ウチのスタッフでも同じです。すぐに文句をいう人よりも言われたことを素直に解釈して行動する人が伸びていきます。

セブにはたくさんの学校があります。どの学校に行ってもぜひ、授業をティーチャーと一緒に組み立てて下さいね。その気持を持って取り組むことが勉強が伸びる第一歩です。

ぜひそんな授業を一緒にFirst English global Collegeで作って行きましょう!

First English global College
代表 本多 正治


↓より詳しい情報はこちらで↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ファーストイングリッシュの代表
(FirstEnglish Global College)

日本では学習塾9教室を運営しており、その経験・ノウハウを活かして2013年にセブ島のマクタン半島で運営を開始。

スタート時は5人しかいなかった留学生が、カリキュラムや教師力についての口コミが徐々に広まり、現在は日本人経営の中で最も人気の語学学校の一つまで成長。
ミッションは「英語の話せる強い日本人をつくる事!」

本多正治氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。