TARGET(ターゲット)フィリピンセブ島留学

こんにちは、TARGET Global English Academyの石原です。
今回は「参考書・単語帳の効率の良い使い方」についてお話をさせていただきます。

参考書は日本語で書かれたものがおすすめ

まず、基本的な事として参考書は日本語で書かれたものを使うことをおすすめします。

もちろん、授業で文法の授業もありますし、先生に質問することもできます。

しかし、大人が英語を勉強する際は感覚ではなく、理論で考えることが多くなり、特に初級の方の場合は英語で文法を説明されても、理解するまで長い時間がかかります。

例えば50分の授業で学んだ事を日本語で説明されれば、15分で完全に理解できたなんてこともあります。

文法は仕組みを理解することが重要であり、その仕組みの説明は英語である必要はありません。日本語で説明を受けてササッと理解して、空いた時間に単語をより多く覚えた方が勉強の効率は高くなります。

フィリピンでは日本語で書かれた参考書などを入手するのが難しいので、日本から持参されることをおすすめします。しかし、中には10冊位持ってきて来る方がいますが、現地でもテキストは購入することにもなるので、あまり持ってき過ぎても荷物になるだけです。

3カ月以内の留学であれば単語帳、文法書が1冊ずつあれば基本的に足ります。後に説明しますが、冊数をむやみに多くこなす事は達成感はあっても、学習効率としては良くありません。

繰り返すことが学習効率を高める

多くの方が文法書を読む際に例えば1日1章と決めて、毎日どんどん読み進めていきます。

例えばその文法書が15章あった場合、15日間で1巡させることができます。しかし、その後1章を再度読み返してみるとほとんど忘れてしまっているということが起こります。

中には冊数をこなす事が目的になっている人もいて、次々に文法書などをこなしていくケースもあります。確かに半年で何十冊の文法書、参考書をこなしたというのは達成感はあるかともしれませんが、学習効率は高いとは言えません。

では、どんな勉強方法が良いのかと言いますと、、、、

繰り返すことを前提としたまとめ読み」です。

上の例であれば、1日で5章をざっと読みます。それを5日繰り返すやり方です。5日で5章ですからペースとしては一緒です。

target-2015-10-22

もちろん1日目はかなりの時間がかかりますが、2日目、3日目と流れは頭に入っているので、かかる時間はどんどん短くなっていきます。

1章を1日ではなく、5章を5日で5回読むという方法の方が圧倒的に定着率があがります。

これは単語帳でも同じことがいえます。僕の場合は1週間で250単語を覚えることを目標にしていました。

1日でまずざっくり250単語を覚えます。僕は記憶力が悪いので大体初日は4時間程度かかりましたし、次の日には多くを忘れています。

それでも2日目は繰り返しになるので、1日目より圧倒的に短い時間で250単語を覚えることができます。そして5日、6日目あたりになってくると8割はパッと出てくるようになりました。

これを1日40単語ずつ毎日どんどん追加する形覚えていっていたら、1週間後には最初の40単語はほとんど忘れていたと思われます。

記憶する上で重要なことは繰り返すという事です。

英語を勉強する上で、この暗記するという作業は地味でみなさん嫌いな作業になっているのではないかと思うのですが、だからこそ効率よくクリアしていく方法を採用すべきだと思います。

浮気をしない

そして、もう1つ大事なポイントとして、参考書の浮気をしないということがあります。

学生さんの中には、次々に参考書を替えて勉強をする方がいますが、参考書によって考え方が違っていることもありますし、説明の仕方が異なっている事もあります。

そうなると、頭の中で混乱が生じてしまい、理解度が下がってしまいます。

日本である程度有名になっている参考書などは信頼できるものなので、それを信じてまずは1冊を何度も繰り返してしっかり覚えていくことをおすすめします。

TARGETでは日本語での勉強ガイダンスもあります

TARGETでは毎週月曜日に新入生を対象にした通常のオリエンテーションとは別に、日本人マネージャーが勉強ガイダンスも行っています。

より効率の良い勉強の仕方などは英語で説明されるより、日本語で説明を受けた方が圧倒的に理解しやすく、時間も短縮できます。

特に初心者の方であれば、どういった勉強をすればいいのかという事も最初はよくわからないという状況になりますが、TARGETであればそういったお悩みもすぐに解決することができ、入学後すぐにマンツーマン授業をより効率的なものにしていくことができます。

是非TARGETで短期間で英語力の伸びを実感してください。

TARGET Global English Academy
石原智之

↓ターゲットの詳細はこちらをクリック↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ターゲット(TARGET)の代表

2006年よりワーキングホリデーでオーストラリアに渡り、留学エージェントにて勤務し、その後オーストラリア永住権を取得。2013年からオーストラリア留学エージェントを運営しつつセブ島で語学学校「TARGET」の副代表に就任し、2016年より現職。

3,000人以上の留学生のサポートと9年の海外生活を通して日本人に求められている英語は「世界で通じる英語力」であると確信して、より良い学校作りを日々目指しています。

また、僕はオーストラリア留学サポートもでき、TARGETはオーストラリアにもオフィスがありますので2カ国留学もお任せ下さい。

石原智之氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。