QQEnglish代表 藤岡頼光「英語を話せるようになって人生が変わった」

6年前初めて学校を作ったとき気絶しそうな事がありました。

何でも物価が高い東京に住んでいたのに、なぜかフィリピンに日本の1000倍も高いものがあったのです。(前回の記事はこちら:No15 陰山先生、学研とコラボして出来上がったQQEnglishの最高の小学生向け英会話教材

自分の英語力が心配で何度も何度も確認しました。

どうしても信じられなくて最後は本社に乗り込んで交渉したのです。

その超高額なものとは何か?

それは、インターネットの専用回線でした。

日本でならソフトバンクの孫さんが頑張ってくれたので100メガの光回線で一か月5000円位だと思います。

しかし!フィリピンでの値段は桁外れだったのです。

一メガ500ドル、即ち100メガの専用回線だと月々600万円以上もしました。日本の10倍ではなく1000倍以上高かったのです。毎年少しずつ値段は下がっていますが、ネット回線だけで数百万円の出費が必要なのです。

発展途上国のビジネスだと何でも安いのではないかと勘違いしますが、むしろ日本の方が安いものは多くあります。車は日本の方がかなり安く買えますし、コンピュータも日本の方が安いです。身近な所ではフィリピンセブ島の100円ショップは200円以上します。

フィリピン国内で取れるものはなんでも安いのですが、輸入品はかなり割高です。そう、フィピピンバナナは桁外れに安く買えますが、光回線はバカ高いと言う事です。

オンライン英会話で世界展開しているQQイングリッシュはもちろん光回線を引いています。それもITパークで最大級の回線をバックアップも含めて2本入れているのです。

普通のフィリピン留学ではコストを回収できないので、光回線の専用線を入れているところは他には無いと思います。ITパークの外にある5つ星のホテルですらQQイングリッシュの回線にはかないません。

しかししかし!

残念な事にQQイングリッシュで一番お叱りが多いのが、ネット環境なのです(トホホ・・・)

校内でWi-Fiを使うと日本と変わらないスピードが出ます。実際生徒が少ない時間帯ではかなりのスピードを体感出来るはずです。でも、250人いる生徒が休憩中、一斉にユーチューブや重いダウンロードをしてしまうと・・・

容量がいくらあっても足りません。

普通のフィリピン留学だと校舎は田舎にあるか、見た目からしてネットが繋ながらなそうな所にあります。そういった環境だとネットが繋がってメールが出来ただけで感動できるのです。

ITパークはリトルシンガポールと言われているエリアなので、まさかネットが繋がらないとは想像できません。ついついたくさんの容量を使ってしまうのです。ネット回線の値段だけでもわかって頂ければ控えてもらえるのですが、小心者なのでそうは言えません。

また校舎内でのネットが早いだけにITパークの外にある寮に戻ると、ストレスが溜まってしまいます。ITパークのすぐそばで歩いても5分くらいの場所に寮があります。

しかしITパークの外なので光回線が来ていないのです。いわゆる普通のフィリピン留学の環境です。

ネットが繋がっただけで感激してもらわなくてはならないのですが、昼間ITパークでストレスなく使っているだけにわかってもらえません。

寮に帰ってフィリピン留学の現実を知るとクレームになってしまうのです。回線はしょっちゅう切れますし交換機もしょっちゅう壊れています。直ぐに修理の依頼をするのですがなかなか直してもらえず、怒られてしますのです。

シーフロント校は現在、オンライン英会話が出来る環境になっているのですが、こちらもやはり当初は苦労しました。

元日系の高級ホテルだったので、自家発電機などの設備はしっかりしています。しかしリゾートエリアなので光回線は来ていませんでした。文字通り専用線を「引っ張ってくる」しかなかったのです。回線会社と掛け合って8ヶ月かけて自分たちで引っ張ったのです。

口コミサイトを見ていてネット環境の悪口を書かれると悲しい気持ちになります。どの英会話学校よりコストや時間をかけて頑張っているはずなのですが、理解されていないからです。

オンライン英会話でのQQイングリッシュの評価は最高級です。フィリピン留学でも同様の評価を頂けるよう、スタッフ一同日々努力しております。ネット環境も学校を立ち上げた当初に比べて大幅に改善されましたので、是非QQEnglishに足をお運びになって「今」のQQEnglishを知ってもらえたらと思います。

「らいこう奮闘記」のWebサイトです。
http://www.qqeng.com/raikou/funtouki/

QQイングリッシュのオンライン英会話のWebサイトです。
http://www.qqeng.com

QQEnglish
代表 藤岡頼光

次の記事はこちら:No17【世界4大バカ】QQEnglishの大失敗、世界に1台しかない特注ジプニーとは!?

↓QQEnglishの公式サイトはこちら↓

俺セブ管理人によるQQEnglishの最新レポートはこちら

同じ筆者の次の記事を読む
▶︎No17【世界4大バカ】QQEnglishの大失敗、世界に1台しかない特注ジプニー

同じ筆者の前の記事を読む
▶︎No15 陰山先生、学研とコラボして出来上がったQQEnglishの最高の小学生向け英会話教材

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

QQイングリッシュの代表
(QQEnglish)

フィリピン・セブ島に拠点を置く英会話学校「QQイングリッシュ」を経営。
約800人の教師が、年間5000人の語学留学生と1万人を超える世界中 の生徒にオンライン(スカイプ)で授業を提供している。1992年バイク便のキュウ急便設立後、2000年バイクショップのコネク ティング・ロッド設立。

2005年フィリピン・セブ島に留学後、2009年オンライン英会話事業のQQイングリッシュを開始。2010年には留学事業も開始。

「QQイングリッシュ」は現在、東京、セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テへランでも展開。2016年現在、フィリピンでNo.1(留学者実績、教師数)の語学学校に成長し、NHK「おはよう日本」、朝日新聞 「フロントランナー」でも取り上げられた(https://qqenglish.jp)。

藤岡 頼光氏の記事一覧はこちら

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。