語学留学経験を活かした職探し、転職を成功させるには?その他1話

留学経験を活かした職探し、転職を成功させるには

格安航空券の登場やワーキングホリデービザを出す国が増え海外留学がより短になり、またインターネットで国の壁を簡単に越えられるようになった今の時代、気軽に留学というものを考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし留学は旅行とは違います。しっかりと事前に自分の留学先の国についての情報を得ておきましょう。

実際にその国に留学した先輩の話しを直接聞く事もおすすめです。困った事や必ず必要なものというのは体験者にしか分からないものです。

また、現地で語学学校に通う予定がある人も簡単な言葉を最低限は理解出来るようにしてから出発しましょう。これがまず行く前の準備として1番大切な事になってきます。

学生で大学を休学しての留学と、会社を辞めてからの留学では帰ってきた時の状況は大きく異なってきます。

社会人だった人は大まかでも良いので、留学後はどういった生活設計をしていくのかという事を思い描いていてください。留学先、現地で仕事を探して就職したいのか、期限通り海外生活をして日本で新たに職を見つけるのかを考えていた方がいいでしょう。

現地就職は日本の転職と同じで経験を問われる事が多く、また日本人であるという事での利点、そして前職での資格やどのような仕事を成功させたり経験してきたかという事を問われます。

私の場合は日本では教職という仕事に就いておりもっと小さな子供達とも関わりを持ちたいと思って現地では語学の他にチャイルドケアを勉強し、体験という意味で幼稚園でアルバイトさせてもらっていました。

その中でビジネスとは違う「幼児達が使う英語」を習得できて大変よかったと思っています。

留学中に日本での就職活動を本格的にはしませんでしたが、教育の英語の分野の求人だけは常にチェックしていました。

日本で今までやっていた仕事と全くの畑違いの分野に現地で、または帰国後に転職したいと考えている人は、その分野について目標を持って学び、またインターンシップやアルバイトで仕事を体験される事をおすすめします。

海外の職場で働いているのに、自分に任されるのはのは日本人相手の取り引きばかりでがっかりしたなどと言う人がいますが、それは当然の出来事であり、自分が日本人で日本語のネイティブである強みだと捉えてください。

帰国後に日本で再就職する場合は語学力、現地での職場経験や前職のスキルが問われます。

留学中は新しい生活が楽しくてつい自分を甘やかし、勉強や仕事よりも遊びに流されてしまう人が多くいます。

自分の目標、ビジョンを常に明確に持って的確な行動をしそれを活かした職に就けるように情報網はいつも張っていましょう。充実した留学が出来れば、現地でも日本でも転職は成功するでしょう。

今回の話のポイント

・留学後の明確なビジョンを持っておくこと。そうすることで留学中の目標を立てることが出来る。

・現地就職・・・日本での仕事経験と現在応募している仕事の関連性が求められる。日本人としてのメリット(その会社への)、過去に成功した経験談もPRに重要。

・日本での就職・・・その分野の動向を常にチェックしつつ、海外でインターンシップやアルバイト、その他の活動で経験を積みPR出来るようにしておくことが大切。


出遅れた!!焦って始めた就活も計画的に進んだワケ!

私はグローバルな社会に対応出来る人間になりたいと思い、もっと英語を堪能にかつ、社会に役立つ語学力をつけたいと、高校生の時に思い留学を決意しました。

留学先はアメリカで、ロサンゼルスのカリフォルニア大学にかよっていました。
留学前はとにかく言語スキルを伸ばしたい一心での留学でしたので、カリフォルニア大学のUCLAエクステンションアメリカンランゲージセンターでは高い教育システムと学生と教師の積極的な交流のおかげで、生活に即した言語スキルを身につけることができました。

また、私が入学した月は日本人は私だけしかいなかった為、必死に食らいついて周りの話す内容を理解するだけで精一杯でした。

しかし留学は4年間。そして大学を卒業したら日本で就職するというのが、両親の出した条件だったので、今思うと、LAにいた頃にもう少し自己分析をすべきだったと思いました。

就職活動をする為に一時帰国したのは大学3年の夏休みでした。日本ではもう2年の夏から就職活動をしている人がほとんどだと知り、焦りました。(今はそういったことは出来ないようですが・・・)

海外にいると日本の就活相談会にはなかなか行けません。インターンシップという形も限られてきます。なので、闇雲に動くのではなく、そこで、私はリクナビエージェントという就活生をサポートしてくれる所に登録し、アドバザーさんの指導のもと、自己分析、企業研究、就活一緒にスケジュールを組み立てました。

具体的には、会員登録を済ませると、担当のキャリアアドバイザーさんがついてくれます。そこでどんな職種に就きたいのか、メールや電話、Skypeを利用してやり取りします。

1人で悩まずに済むので、とても心強かったです。私1人では出会う事の無かった様な企業も紹介して貰え、その中から何社か悩みに悩んで、受けてみたい企業が決定したら、面接練習も行ってくれました。

1人で面接練習しても張り合いがないし、こうしたほうが好感持てる!と具体的にアドバイスを貰えるので、私としてもとても参考になりました。

1番苦労したのは応募書類です。応募書類の書き方も全く初めてで曖昧だったのですが、送付する前にアドバザーの方が添削してくださいました。私は学費を稼ぐ為にアルバイトもしていて、一次帰国がなかなかできずにいました。

なので、夏から始めた就活ですが、面接を受けるのが冬休みギリギリになってしまいましたが、エージェントのアドバザーさんが上手くスケジュールを調整してくださって、冬に帰国した1ヶ月間に3社受ける事ができました。

留学生という事もあり、実際には会社に出向いて面接が普通なのですが、Skypeでの面接も可能にしていただいた企業さんもあります。これには驚きました。専任のアドバザーさんがいてくれたおかげで、就活に関する悩みは相談でき、正しい判断も出来たとおもいます。

1人でコツコツ就職活動する事が出来ていたらまたじっくり企業を知ることも出来たかもしれませんが、リクナビエージェントを利用して、他の留学生よりも一足先に、4月から大手企業の通訳として、自分の英語スキルを生かせる仕事の内定をもらうことがでしました。

現在留学中皆様には、余裕を持っての自己分析をオススメします。その中で、やはり海外にいるというだけで、情報量は日本の学生さん達より圧倒的に少なく、不利な状況になりますので、私が利用した様に、日本企業での就職活動をサポートしてくれる会社の力を借りてみるのもいいと思います。

一次帰国出来る時に何が出来るのか、貴重な時間ですので計画は大切です。焦って慌てて始めた私がつくづく反省した点です。

語学力、海外生活の知識を必要としている、日本企業は多くあります。海外生活が慣れたら、卒業の事も見据えて、ゆとりを持った就活をオススメします。

今回の話のポイント

・海外の大学に留学中に日本で就職活動を行うためには、エージェントの力が必要不可欠。専門のアドバイザーに相談出来るなら聞くべき。

・一時帰国時はきちんと予定を立てておこう。

・語学力や海外生活力がある人を雇おうとする企業は多くあり、魅力的な人材であればスカイプで面談でも対応してくれる会社がある。なので、しっかり準備して企業へのPRが出来れば、良い就職先を見つける事も可能。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント