フィリピンで最も高いビルBEST10!日本のビルに比べて高い?低い?

フィリピンにはまだ、ほかの国で見られるような壮大な超高層ビル群がありません。

しかし10年前と比べると、建物がより高くなっているのは確かで、セブやメトロ・マニラにそれらの建物が見られます。ここでは高さを基準にリストを紹介しており、階数は基準としていません。それではフィリピンの最も高い建物のベスト10を見てみましょう。(*こちらは翻訳記事です。元ソースは下記で)

参考までに日本の高層ビルはこんな感じ(海抜基準)。
・都庁 – 277.93メートル
・森タワー – 270.05メートル
・サンシャイン60 – 269.8メートル
・(東京タワー – 351メートル)
・(東京スカイツリー – 634メートル)
https://ja.wikipedia.org/wiki/サンシャイン60

PBCom Towers

pbcom3

PBComタワーは2000年以降、高さランキングのトップに君臨しています。地上52階、高さは850フィート(259メートル)

マカティ市セントラル・ビジネス・ディストリクト内のアヤラ・アベニューとルフィーノストリートの角に位置しています。PBCom(フィリピン・バンク・オブ・コマース)はこの国で最も歴史のある金融機関の1つで、ここにメインオフィスを構えています。イースト・ウェスト・バンクも20階と21階を使用しています。

The Gramercy Residences

TheGramercyResidences

http://www.gramercyresidences.com/amenities.html

ザ・グラマシー・レジデンスは、この国で最も高い居住用建物です。

高さ820フィート(250メートル)、もともと65階建ての予定だったものが73階建てに変更されました。このビルの名前は、ニューヨーク市マンハッタンの高級住宅地にあるグラマシーパークに由来しています。

センチュリー・プロパティーズの開発により、インターナショナル・スクール・オブ・マニラの跡地に建設されました。マカティ市セントラル・ビジネス・ディストリクトからわずか数ブロックほどの、カラヤーン・アベニュー沿いに位置します。

Discovery Primea

Discovery-Primea-Tallest-Building-in-Makati-Central-Business-District-Photo-by-Pierre-Emmanuel-Michel

http://www.cheryltiu.com/a-peek-into-discovery-primea-the-tallest-hotel-and-residential-building-in-the-philippines/

ディスカバリー・プリメアは、60年代よりギラルミ・アパートメントがあった場所に建てられました。

2004年に道路舗装のためにギラルミ・アパートメントは取り壊され、2013年にディスカバリー・プリメアの工事が完了、この国有数の高層ビルとしてオープンしました。モダンな設備、最新の技術を誇る長期滞在向けホテルで、シックな居住空間、高級スパ、併設のクリニックを備えています。

また、コンシェルジュが24時間、ゲストの対応をしています。マカティ市内のアヤラ・アベニュー沿いの68階建てのビルで、開発業者はマンダルヨン市オルティガスのディスカバリー・スイーツと同じ、JTKCです。

BSA Twin Towers

services-bsatt21

http://filipino-property.com/property/for-sale-bsa-twin-towers-studio-33sqm/

BSAツインタワーズは、商業施設を含む3つの建物のメインを飾っています。マカティ市内のレガスピ・ビレッジ内にあり、地上725フィート(221メートル)、3,000平方メートルの土地面積を誇ります。

2000年に工事が完了し、フィリピンで4番目と5番目に高い建物となりました。住居として、また、9.70 Love Radio、96.3 Easy Rock、 101.1 Yes FM のラジオ放送送信所として使用されています。

One Shangri-la Place Tower

act_16462

http://www.condo.com.ph/one-shangri-la-place-ad2872.html

オルティガスにあるワン・シャングリラ・プレイス・タワーは2003年に工事が始まり、2005年11月に完成しました。
高級コンドミニアムとして上質な空間、デザイン、パフォーマンスを追及しています。アール・デコ様式の建物は見る人を圧倒します。64階建て、200戸を超える部屋が2006年11月に一般公開されました。

GT International Tower

747475081_1ee715aacc_o

http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=8373&page=11

GTインターナショナルタワーは地上700フィートを超え、47階建て、地下5階の駐車場を有するオフィスビルです。

”GT”は、メトロバンク・グループのトップである George TY に由来しています。マカティ市内のH. V. デラ・コスタ・ストリートとアラヤ・アベニューの角に位置します。

BDO銀行の本社近くといえば、ピンとくる人もいるかもしれません。このビルには住居スペースもあり、主要な政府機関が徒歩圏内という便利な場所にあります。

St. Francis Towers

stfrancis

http://www.snipview.com/q/The_St._Francis_Shangri-La_Place

聖フランシス・タワーは、聖フランシス・シャングリラ・プレイスとも呼ばれていて、この国で最も高いツインタワーの1つです。

高さは地上200メートル、60階を超え、2つのタワーをつなげるポディアムが特徴的です。地下5階の駐車場も備わり、高級住宅街内に位置しています。

The Knightsbridge Residences

ImageGen

http://kmcmaggroup.com/building/The-Knightsbridge-Residences/

ナイツブリッジ・レジデンス、またはナイツブリッジ・レジデンス・アット・センチュリー・シティは、マカティ市内の超高級住宅地にあります。

完成すれば地上50階、もしくは60階になるとも言われており、この国有数の高層ビルとなるでしょう。高さは地上720フィートに達する見込みですが、もしかしたらそれ以上になるのでは、とも言われています。

Petron Megaplaza

2532605219_9d8d2d84ff_b

http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=445480

ペトロン・メガプラザはマカティ市内に位置し、1998年から2000年の間にはフィリピン1高いオフィスビルと言われていました。

現在はマカティ市内で5番目、国全体では9番目に高いビルです。高さは700フィートほどの、45階建ての建物です。

Union Bank Plaza

90_big

http://wikimapia.org/539136/UnionBank-Plaza

ユニオン・バンク・プラザはパシグ市内に位置し、高さは670フィート、この国で10番目に高いビルです。地上49階建て、地下6階の駐車場も備わっています。。フィリピンで7番目に大きいユニオン・バンクの本社ビルで、ほかにもフィリピンの企業の本社が入っています。

以上になります。

高さでで比べるとほかの国の高層ビルにはまだまだ及びませんが、ユニークな特徴や技術力、デザインでは負けていません。

今後さらに高いビルが建設されそうです。将来、ひょっとしたら、世界のトップ10リストに入るような高層ビルが建つかもしれませんね。

Top 10 Tallest Buildings In The Philippines|Alden I. Bula
訳:村上

*一部、参照元に誤記かと思われる部分があり、当記事では修正を入れいています。

1.One Shangri-la Place Towerの本文について
“One Shangri-la Place Towers in Ortigas began construction in 2003 and completely finished by November of 2005.”
(中略)
“The building is 46 storeys tall and was opened to the public in November of 2006 with more than 200 residents.”
この部分が、他のネット情報と食い違っているようです。
例えば下記サイトによると、「2014年完成、64階建て、総戸数1304戸」となっております。http://asia.foreland-realty.com/?post_type=fudo&p=781

2. GT Intercontinental Towerについて
このような名前の建築はなさそうで、”GT International Tower”ではと推測します。

3. 写真はより見やすい他のものに差し替えしています。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント