QQEnglish代表 藤岡頼光「英語を話せるようになって人生が変わった」

俺セブのオーナーをご存知でしょうか?

と言っても普通はしりませんよね。当たり前ですが、ここのコラムを書きまくっている人物です。

セブにいらっしゃるとよくお食事をご一緒させていただきます。食事の好みが近く好きなレストランは大概一緒です。たわいもない内容の会話が多いのですが、食事談義では盛り上がります。しかし。。。

その中で納得のいかない評価があるのです!

みなさんはQQイングリッシュがITパークにレストランを持っているのをご存知でしょうか?

No18 俺セブのオーナーに物申す!

Q-Bayと言う居酒屋レストランです。

ITパーク校の学食は毎日1500食以上作っているので、キッチンと言うかレストランが必要なのです。

私の本職はバイク便です、あっ、英会話学校ですが上海にレストランを持っています。

田子房(テンツーファン)と言う上海で一番オシャレなエリアに日本食レストランがあるのです。上海万博のだいぶ前に権利が取れたので一番良い立地です。もちろん大盛況なので上海にいらした時には是非寄ってください。47号の空紅羅(アクラ)と言うレストランです。

またフィリピンでもQ-Bayの前から経験がありました。私自身が留学生だった10年前からレストランをやっているのです。留学中どうしても食事が合わず、自分が留学していた学校の隣にレストランを作り、自分の好きなものを食べていました。

そして私はイタリアからのバイクの輸入をしているので、年に3~4回はイタリアに行きます。滞在中は輸入元のバイクメーカーのオーナーとお食事をさせて頂きます。海外でお会いする方は大概地元の名士なのでご招待されると素晴らしい食事です。

趣味はワイン集めなどと書くと嫌われそうなので秘密にしておきますが、世界中で美味しい食事を食べる機会に恵まれているのです。

さあ、前書きは終わりました。

俺セブのオーナー斎藤さんとの見解が違い納得のいかない評価の話です。

俺セブにはレストランの評価表があります。星で評価されているのですが、私のQ-Bayがなんと星二つなのです!!

星2つとはどのような基準かというと・・・

「近くにあれば行っても良いレベル」

・・・・・

・・・・・

どうしても納得できません。そのようなワケで、今回は「Q-Bayとはどんなレストランなのか」を書くことにします。

Q-Bayは居酒屋レストラン

先ずQ-Bay のコンセプトは居酒屋レストランです。居酒屋とは食事の美味しさだけを追求してはいけないのです。

最大の任務は「お客を元気にして返す」事なのです。

単なるレストランなら食事だけが重要で、ウエイトレスは目立たずサービスをして食事を引き立てる事に集中しています。そして味だけで勝負します。

しかし居酒屋は違います。美味しい料理を出すだけではダメなのです。お客に声をかけ元気よくサービスをして、仕事や勉強での疲れを癒して返す事が任務なのです。

俺セブのオーナーに物申す!

Q-bayの元気なスタッフ達

居酒屋とは世界に誇る日本固有の食文化だと思います。

Q-Bayは留学生でも気軽に来れ、元気をもらって帰れる居酒屋レストランを目指しているのです。味だけを追求すると日本食だと高級店になってしまいます。現地で手に入るお求めやすいものを使った庶民の居酒屋が素晴らしいのです!

No18 俺セブのオーナーに物申す!

Q-bayで頼むべきものは?

もしQ-Bayで星5つの食事をしたかったら鳥料理です。

フィリピンでは鳥が一番安く美味しいからです。先ずは焼き鳥。

焼き鳥をセットで頼むのはダメです。一本ずつオーダーしてください。横着をしてセットと言うのが一番いけません。

焼き鳥屋のオーナーとして言いたいのは「焼き鳥は焼きたてだけがエライ」のです。テーブルにでても食べずほってあると悲しくなります。いいえ叫びたくなります。「話していないで直ぐに食べてよ!」小心者なので心の叫びです。

No18 俺セブのオーナーに物申す!

写真を撮る場合は華やかですが、食べる場合はこうじゃないんです!

話しが脱線しました。もし焼き鳥セットを頼むなら「一本ずつ持ってきて」とオーダーしてください。英語での頼み方が分からない方はQQイングリッシュがお勧めです(笑)。

フィリピンの鳥は美味しい!

フィリピンの鳥はとても新鮮で、朝しめた鳥を夜に出しています。

食べ方は塩とタレがありますが、塩がお勧めです。実はタレは名古屋で100年続いている老舗の焼き鳥やさんから分けてもらった最高級なのですが、鳥自身の味が美味しいので先ずは塩で食べてください。

焼き台も日本から持ってきました。分解して2回に分けて手で持ってきたのです。セブでは備長炭は手に入らないのでローカルの炭を使っていますが、Q-Bayの焼き台は日本の高級店で使っている物なので火力を調節できます。

No18 俺セブのオーナーに物申す!

ファンが付いていて火力と上げる事ができるのです。たぶんフィリピンではQ-Bayだけしか使っていません。

焼き鳥は焼き加減が難しいのです。生は論外ですが焦げたらカスです。高温で外はパリッと中がジューシーなのが重要なのです。

私のお勧めはもも、手羽先、ハツなどですが、Q-Bayに来たのなら是非レバーを試してみてください。とても新鮮なので絶品の味です。

日本の鳥は2キロあるのですがフィリピンの鳥は1.5キロと小さいです。私の私見だとフィリピン人は鳥を無理に大きくするテクニックを知りません。結果、自然に近い育て方をするので1.5キロにしかならないのです。

味は日本の鳥より断然おいしいです。レバーは臭いと思っている方も、Q-Bayのレバーを食べると今までのイメージが変わると思います。

そして私の好物はQ-Bay鳥ステーキです。

cebu-restaurants-2015-08_301

四国の高松で流行っている骨付き鳥の骨を取ったもも肉をステーキにしました。

コショウとガーリックを使ってピリッと辛くしてパンチの効いた味です。フィリピンのビール、すなわちサンミゲルビールとよく合います。

後は竜田揚げ、ユーリーチー、さっぱりみぞれ煮、、、、

俺セブのオーナーに物申す!

要するに鳥です。

豚料理で五つ星を狙うとどうしても凝った料理になります。値段も高くなるので普段食べたくなるシンプルな豚肉料理と割り切っています。先ずは鳥を試して下さい。

Q-Bayで焼き鳥を食べたなら間違いなくフィリピン一です。もっとも焼き鳥セットを頼んで記事を書きながらゆっくり食べたらアウトですがね。

今度記事を書き直すことがあれば言ってほしいものです。隣に座って食べ方をうるさく指導をします。ははは、、、それでは公平な評価になりませんね。

Qbayラーメン

さあここからが俺セブで書かれているラーメンの話です。なんで焼き鳥を食べずにラーメンを食べたのかと言いたいです。。。

ramen_donko

ラーメンが褒められているのですが、日本で食べたら正直普通の味です。タレは日本から運んで来て、豚骨も二日煮込んで頑張っているのですが、まあ星二つです。

セブのラーメン屋さんの中では美味しい方だと思います。しかし、日本の美味しいラーメン屋さんと比べると普通なのです。日本には沢山ラーメン屋さんがあります。その中で生き残っているお店は半端ではありません。

海外では水も違い材料も違い日本で作るような美味しい味はとても難しいです。水は硬水で出汁が出にくく、豚骨も骨に残っている肉の付き方がまるで違います。また一緒に煮込む野菜もセブでは手に入らないので試行錯誤の連続なのです。

言い分けるするとセブで人気のラーメン屋さんは日本からスープを空輸しています。またラーメン一杯1000円が基本です。高いお店だと一杯1500円まであるのです。

Q-Bayは頑張って600円位です。タレを日本から運んでいるのと、麺が安く手に入らないからです。それでもセブでは破格に安い方だと思います。

セブの食材だけで本当に美味しいラーメン屋さんはありません。しかし難しいことほどビジネスチャンスです。ラーメンは世界で大ブームです。我こそはと思う方は是非ご連絡ください。

一緒に世界を、、、、いいえ先ずは俺セブの評価を上げたい。

QQEnglish
代表 藤岡頼光

※Q-Bayを作った時のエピソードをコラムにまとめています。良かったら読んでみてください。
http://qqenglish.jp/revenge-restaurant/

↓QQEnglishの公式サイトはこちら↓

俺セブ管理人によるQQEnglishの最新レポートはこちら

同じ筆者の次の記事を読む
▶︎No19 あれから2年の歳月が流れました。8000人以上の死者を出した観測史上最大、、、

同じ筆者の前の記事を読む
▶︎No17【世界4大バカ】QQEnglishの大失敗、世界に1台しかない特注ジプニー

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

QQイングリッシュの代表
(QQEnglish)

フィリピン・セブ島に拠点を置く英会話学校「QQイングリッシュ」を経営。
約800人の教師が、年間5000人の語学留学生と1万人を超える世界中 の生徒にオンライン(スカイプ)で授業を提供している。1992年バイク便のキュウ急便設立後、2000年バイクショップのコネク ティング・ロッド設立。

2005年フィリピン・セブ島に留学後、2009年オンライン英会話事業のQQイングリッシュを開始。2010年には留学事業も開始。

「QQイングリッシュ」は現在、東京、セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テへランでも展開。2016年現在、フィリピンでNo.1(留学者実績、教師数)の語学学校に成長し、NHK「おはよう日本」、朝日新聞 「フロントランナー」でも取り上げられた(https://qqenglish.jp)。

藤岡 頼光氏の記事一覧はこちら

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。