セブ島ダイビングでも使える!お手頃価格のカメラ3選

▶︎セブ島ダイビング総合ページへ

おすすめカメラ

セブ島ダイビングをご紹介する前に…せっかく綺麗なセブ島の海に潜るんだから、ぜひ検討してもらいたいアイテムのお話をします。

「さぁ!ダイビングをはじめよう!」

そう思ったときに必要なもの…何をそろえようか迷いませんか?

正直に言って、ダイビンググッズはほぼレンタル出来るので、自分で購入する必要はありません。

ダイビングする回数が増えてくると、だんだんと自分で使いやすいものは何かわかってくるので、それから購入しても問題ないと思います!ダイビンググッズを購入すると高いですからね…。

でも!ぜひ購入を検討して貰いたいものがあります!

それは【カメラ】です!

海の中は非日常の世界。普段の生活では見ることの出来ない景色、出会えない生物ばかりです。

しかも、同じポイントでも潜ったその一瞬でしか見えない世界が広がっているんです。珍しい生き物に会えるのも、たまたまそのとき限りになるかもしれませんよね。

さらにダイビング中は、シュノーケルで上から海を見たときとは違って、360度海に囲まれた特別な世界を味わうことが出来るんです!

水中で使えるカメラって、どんなものがあるんだろう?と思いませんか?実は、カメラ本体は普通のカメラで大丈夫なのです!

普通のカメラとは、一眼レフでもミラーレスカメラでもコンパクトデジカメでもいいんです。留学だったり旅行だったり、セブ島を訪れる理由は色々ありますが、せっかくセブ島に行くのだからカメラは持っていきますよね?

そのカメラ、そのまま海でも使用できるかもしれません!

水中で使用するためには、水の中で使えること+深度に耐えられるものでなくてはなりません。最近は耐防水や、生活防水を兼ね備えたものも発売されていますが、耐えられる深度は5m程度。よくても10m持つかどうか…といったものです。

20m以上潜ることもあるダイビングでは、絶対に使えないですよね。

そこで、ダイビング中の撮影をするために必要不可欠なものが【水中ハウジング(防水ケース)】なのです。

水中ハウジングには、カメラメーカーからオプションアクセサリーとして出されている純正のものから、どのカメラでも適応するものまで、数種類出されています。

ダイビング中は何があるかわかりません。安心して使用出来るのは、カメラメーカーから出されている純正のものがオススメです。

手持ちのカメラがあっても、純正で水中ハウジングがない場合は、オーダーで作成してもらうことも出来るんですよ。…めちゃくちゃ高いですけど。

ダイビングで使えるおすすめのカメラはコレ!

もし手持ちのカメラに合う水中ハウジングがあったら、ぜひセブ島に訪れる際には持っていくことをおすすめします!せっかくセブ島を訪れるのだから、いい写真を撮りたい!購入を検討している方に、おすすめのカメラを3つ紹介します♪

今回はダイビング中の撮影のみで使用するのではなく、日常使いもしやすく、お手頃価格のカメラを揃えてみました!

製品名	キャノンPowershot S120	OLYMPUS STYLUS SH-1	Go pro 価格	38,000円~	25,000円~	30,000円位 画素数	1,210万画素	16,000万画素	 光学ズーム	5倍	24倍	 おすすめポイント	コンデジなのに、オーロラ撮影も出来た!というコスパ良しの製品No.1だと個人的に思います。  Wi-fi搭載なのも嬉しいポイント! 夜間の撮影もノイズが気にならず、ナイトダイビングにもおすすめ!	光学ズームなのに本体がコンパクト! 普段使いしやすいカメラです。動きのある小さい魚の撮影にはもってこいだと思いました。ボディもクラシカルでかわいい! バッテリーの持ちがすごくいいです!	深度60mまでOKなハウジングがついてこの値段! マスクに付けて、水中で見たままの世界が楽しめます! 陸に上がっても海の世界を感じられる映像が撮れることがなんといっても最高です!! がんばりポイント	バッテリーの消耗が早い!	水中での撮影では、光学ズームの魅力を活かしきれない?使う場所を選ぶかもしれません。	用途が限られてしまう。手ぶれ具合に酔う。

キャノンPowershot S120(価格コム)
OLYMPUS STYLUS SH-1(価格コム)
Go pro(価格コム)

最近何かと話題のGo Proが私は本当におすすめなのですが、ダイビング慣れしていない人に取りつけると、視線が定まらずにずっときょろきょろしています。

なので見返した映像はなんともいえない手ぶれの映像に…なので慣れてない方にはおすすめ出来ません。そして普段使いの用途が限られてしまいます。楽しいんですけどね~!

私はこの3点と、Niconの一眼レフをダイビング撮影で使用しますが、出番が多いのはやっぱり持ち運びしやすいコンパクトデジタルカメラ。

カメラが大きくなるとあわせて使う水中ハウジングも当然大きくなります。どうしても大きいものだと煩わしくなってしまうんですよね。

普段使いしやすいというポイントもカメラ選びでは重要だと思います!
ダイビングする頻度って、通常の生活でもセブ島にいてもそんなに多くないと思うんです。潜るときだけに使うって、勿体ないですから。

ちなみに、つい最近、水中ハウジングなしでも深度30mまで大丈夫なカメラがNiconから発売されました!
オプションで水中ハウジングは用意されていませんが、体験ダイビングなどファンダイビングで行くポイントでは問題なく使えるでしょう。

ダイビングのレベルもあがり、ライセンスのグレードがUPしてくると、より深い場所へ潜ることが出来るようになります。
海の深い場所で撮影するためには、深度30mまでOKというカメラだとちょっと不安なんです。

そうなってくるとあと10m!深度に耐えてくれるカメラが発売されると嬉しいんですけどね…。

セブ島留学を考えているのなら、滞在中に沢山の思い出とともに、ぜひダイビングの写真も残してくださいね!

diving-picture2015

(OLYMPUS STYLUS SH-1使用)

オススメのダイビング用品店についてまとめました。
▶︎スキューバダイビング用品店のオススメ販売店一覧

▶︎セブ島ダイビング総合ページへ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ジンベエザメ好きの主婦ダイバー
1987年茨城県生まれの千葉県育ち

趣味はダイビングとサーフィン。海遊びが大好きな、2児の母です。
ダイビングのライセンスを取ったきっかけは、「ジンベイザメと泳ぎたい!」と思ったこと。ジンベイザメと泳ぐという夢を叶えるために訪れたセブ島にどっぷりはまっています。

全く英語が喋れない私でしたが、「日本語は世界に通じる!」をモットーに世界各国貧乏ダイビング旅行をしていたら、いつの間にか語学力もUP!
コミュニケーションが 取れるようになったら、ますますセブ島の虜になりました。
「俺のセブ島留学」ではセブ島ダイビングの魅力を紹介していきます!

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。