留学経験をキャリアの武器に!決めておきたい3つのプラン

海外留学をしたい」方。理由は何でしょうか?「テレビで見た海外の生活にあこがれて」「ファッションや食の最先端に触れたい」などなど、憧れが理由なのは普通です。実は私もそうでした。

小さい頃テレビで目にした「サンタクロースがサーフィンしている姿」から、オーストラリア留学の夢が始まりました。大きくなるにつれ情報量も増え、「オーストラリアではお寿司が人気」という理由で安直に「お寿司就業先」になりそうな仕事を日本での就職先に選んだことを覚えています。

オーストラリア留学の現実

私のオーストラリア留学は、この「お寿司会社」でしばらく働いたあと。初めはワーキングホリデーでオーストラリアに渡りました。

そして数カ月。現地でお寿司を作るバイトをしながら「1年たって日本に帰る時、何を身につけているのだろう?」と考え始めたのです。

その時兄弟に「1年ホリデーを過ごしました、と言って帰国してもいいけど、何か形になるものを持ち帰ってキャリアに役立てたら?」とアドバイスをもらったことがきっかけで、留学を決意します。英語もほとんどできなかった状態から猛勉強して現地のカレッジに入学し、通訳と翻訳を学んで帰国しました。

実は「できれば現地で就職できないかな」という淡い期待も抱いていた私は現地の転職エージェントにも相談していました。しかし、オーストラリアのニーズに適応した職種でのキャリア年数がないこと、オーストラリアでは未経験者の外国人が就職することは不可能なこと、などの理由から現地就職を断念します。

それからは、日本での再就職を目標に「語学力を生かした、できれば通訳翻訳に関連する職種で」という条件でネット検索や、日本の企業への連絡を始めたのです。

でも、実際は帰国してからが勝負。首都圏に家があるわけでもなく、帰国後どのあたりに住むかさえ決定していない状態で、再就職活動もままならなかったのが実情です。

留学前に決めておきたい3つのビジョン

私は、よく考えないで留学したためにかなりの苦労をしました。そこで、私の経験を生かし以下のことをおすすめします。この3つさえ計画しておけば、実のある留学生活が送れるはずですよ。

留学後のキャリアを考えて、留学先を選ぶこと
例えば「何とかして現地で就職したい」というのが優先事項でしたら、現地でニーズがある職種に関連した学問を選ぶべきです。オーストラリアや北米では看護師が慢性的に不足していますので、看護コースを選ぶのもいいでしょう。

また、会計士や通翻訳士も一時期不足していましたが、今ではニーズが変わっています。留学先を決める前に、最新情報を手に入れることが大切です。

移民局の労働ビザ情報はもちろん、現地転職エージェントなどを使い、様々な方法で情報収集することをおすすめします。また、帰国を前提に留学する場合は、「何の技術を日本へ持ち帰るか」を考えることがポイントです。

単に英語ができる人材は日本にも沢山います。私の場合は現地で勉強した「通訳翻訳」を日本での再就職に役立てることができてラッキーでしたが、「出国前から計画していれば…」と後悔したことを覚えています。

目に見える「海外で身に付けた技能」を持ち帰る計画を
要は、企業があなたの履歴書を見た時に「なるほど、海外で○○を身につけてきたんだな。」とはっきり分かる資格などが卒業証明書に加えてあればとても効果的なのです。

気をつけてほしいのは、日本の方が進んでいる分野での留学を選んでしまわないこと。例えばエンジニアリングの技術などは、日本が世界の最先端。ですから帰国して仕事探しをする時、「何でわざわざ海外に行ったの?」と聞かれてしまうはずです。エンジニアリングのルーツを求めて、高名な大学へ留学する場合は別ですが…

また私のように語学関連の資格を持って帰国する場合は、帰国後すぐにTOEICを受験することをおすすめします。満点近い高得点なら「留学のお陰です。」と言えますものね。

留学中の目標を決める!
将来の計画も大切ですが、海外の大学では勉強も大変です。日本と違いレポートや研究課題、テストなども甘くはありません。もちろん語学のハンディもあることでしょう。でも、嬉しいことに大量のレポートをこなすうちに自然と語学力が身につきます。帰国後TOEIC満点近くは普通にとれるはずですよ。

留学ではぼんやり過ごしていると『時間の無駄』になってしまう危険性があります。それを踏まえてここでは、色々アドバイスを書きましたが、実は『目いっぱい楽しんでほしい』というのが本音です。

せっかくお金も時間もかけて留学するのですから、是非友達を沢山つくり、様々なことに挑戦してみてください。きっと一生の思い出になるはずです!

今回の話のポイント

・留学後のキャリアを考えて、留学先を選ぶこと。日本の方が先端を行っている業界への留学をしてはいけない。

・目に見える資格をとること。


いつかスペイン語留学

中学生の頃からどうしてもスペイン語の通訳になりたかった私は、いつかスペイン語留学をしようと決めていました。

短大時代に学生生活とアルバイト生活を両立させて一生懸命に貯めたお金。短大を卒業した私は数ヶ月後にビザを手に入れて、貯めたお金をもとにしてスペインへ留学することができたのです。

まずは長年の夢 スペイン留学へ

スペイン語についてはほとんど知識のなかった私でしたが、現地で毎日7,8時間勉強することによって、数ヶ月も経つとある程度の会話ができるようになりました。

留学前に語学の勉強をしておいた方が良いのでは、という人もいます。しかし、現地に行って、気持ちを切り替え、ゼロから言語をスタートさせた方が楽しめますし、言語の吸収率が良い場合もあるようです。

またスペイン留学のためのビザを取るのにはかなり時間がかかってしまってしまいます。数カ月かかるのが一般的なようですから、急ぎの方はできるだけ早めにビザの手続きをすることが大事です。

私にとって留学前の目標は、「帰国したらすぐに、スペイン語を使った就職ができるくらいのスペイン語を身につける」ということでした。留学中には勉強することしか考えていなかったので就職活動は全くせず、そして1年の留学生活が終わります。

スペイン語を生かせる職業を見つけた私

通訳以外のスペイン語を活かせる仕事に就きたいと、日本で職探しをはじめました。しかし英語ができた上でスペイン語ができる求人がほとんどです。これは私が求めていることではありません。

その後、旅行会社で2年間働きました。しかし、スペイン語就職への思いをあきらめられなかった私は、同じスペイン語圏であるメキシコで仕事を探すことを決めたのです。

何故スペインではなかったのかというと、旅行が好きだったので、違うスペイン語圏に住んでその周りを旅行しようという単純な理由でした。

あてもなく決めたメキシコ留学ですが、留学前にメキシコ商工会議所という、就職を斡旋してくれる組織にだけは真っ先に履歴書を送りました。履歴書は、スペイン語と日本語でPDFにして提出します。もし、私の履歴書に目がとまった場合には、直接その会社から面接に来てほしいと連絡がくるのです。

日本で旅行会社に勤務していた私は、すぐに旅行関係の会社からいくつかオファーをもらいます。すぐにメキシコへ向かうと数日後には就職先が決まりました。

そこで3年間、メキシコ人や日本人の駐在さんを相手にスペイン語と日本語、時には英語で仕事をさせてもらいました。旅行会社とはいっても、日本で働いていたのとは違い企業相手の旅行会社です。時にはコンベンションの手配や計画、それに添乗などもあり大変でしたが、楽しみながら仕事ができました。

その後は、全く違う業種に現地で転職しました。商工会議所へ履歴書を送り、色々な企業からオファーがきましたが、それと同時に知り合いからも仕事の誘いがあり、大手日系メーカからの退職後、すぐに転職が決まったのです。

現地で転職する際に知っておくべきなのは、企業側は一定の期間、きちんと働いている人を採用したい、と思っていることです。(これは現地の知り合いの大手企業の採用係の人から聞いた話です。)つまり、何度も短い期間で転職をしているような人は敬遠されます。ある程度の期間は一定の企業で経験を積まなくてはいけません。

さらに留学中、就職や転職する際に必要となるのは人間関係のコネクションです。コネクションができれば、現地の求人情報はもちろん、人づてにスカウトされることだってあります。コネクションづくりによって就職、転職するオプションが増えますから、こういった事を意識して留学生活を送るのもいいかもしれません。

今回の話のポイント

・就職・転職ではコネクションがとても大事なので、勉強だけでなくこういった点を意識してチャンスがあれば人脈作りを行うこと。

・ある一定の経験を積んでから転職すること。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント