フィリピン国内の有名企業10選!セブ島留学中の話のネタとして使えるかも!?

フィリピン国内の有名企業

これについて調べていた所、とある英語サイトの情報を見つけましたので今回はこれをご紹介したいと思います。

*こちらの記事はTop 10 Corporations in the Philippinesの記事を翻訳編集していますが、いくつか解説が必要なものもあり自分のコメントも加えています。

何を持ってフィリピンのトップ企業とするかを決めるのかは、なかなか簡単ではないです。

一年間の売上高を見てランク付けしていくなど、フィリピンのトップ企業を決定する方法はいろいろあります。他にも使えるデータとして国税庁による納税額の多い企業を調べることもできるかもしれません。

しかし企業によって異なる税の算出方法を取っているため、これもまた正確とはいいがたいです。リンク先では色々な事が書かれていますが、端的に言えば「一般の人たちにとって最も有名な企業」という位置づけで今回は進めたいと思います。

以下でご紹介。

SM Investments Corporation

これはSMのホールディングカンパニーで、ショッピング、モール経営・開発、不動産、小売、観光、銀行業といった分野のありとあらゆるビジネスを手がけています。

この会社はHenry Sy Sr.によって創設され、SMとともに小売業界のトップの位置をつかみ、フィリピンのホールディングカンパニーの中で最大手になるまで成長しました。47デパートのほか、SM HypermarketやSaveMore Storesなど100以上もの店舗を展開しています。

ちなみに、Henry Sy Sr.はフィリピンの長者番付で1位。13~14ビリオン(USドル)であります。(1.5兆以上)。日本のトップであるユニクロの柳井社長が2.5兆ぐらいなので、フィリピン人も負けていませんよ。(元ネタフォーブス)

SM Prime Holdings

この会社はショッピングモールを展開するSMグループの親会社として知られており、フィリピンにおいて最大手の小売業者、そしてショッピングセンターとして認識されています。
現在のところ、SM Mallsは全世界において最も大きなチェーン店の一つであるとも言われています。

またSM Prime Holdingsの一部ではSM Store、SM Supermarket、SaveMore、Pilipinas Makro、SM Hypermarket、Banco De Oro、SM Development Corporationなどそのほかの分野の管理も行っています。

SMといえば、セブ島に今年末~2016年に本格的にオープンすると言われている、SMモールが話題です。場所はSRP(サウスロードプロパティ)というセブ市内からはちょっと離れた場所になります。巨大な開発地域になるらしいので将来が楽しみな場所ですね。

PLDT (Philippine Long Distance Company)

この企業は1928年11月28日に創設され、現在フィリピンの情報通信産業において最大手として知られており、我々にとっては「SMART」という名前の携帯電話子会社の方が馴染み深いかもしれません。

所有権という点では、PLDTは約54%の国民、少なくとも12%の株を所有する民間企業、そしてうち約10%はMetro Pacific Resourcesが持つ38%の株を構成している様々な団体によって支えられています。

フィリピン国内とにかく評判が悪い。特にセブでは回線速度が一向に改善されず、修繕もされないことが多くて、多くの日本人のみならずフィリピン人もブチ切れしている状況です。会社として大きすぎて、ほぼ独占市場状態なのが問題だったわけですが、ここにきてオーストラリアの大手通信会社である「テルストラ」がフィリピンに参入するという話が出ています。というのも下記でご紹介するサンミゲルコーポレーションと合併会社を作るようです。

早ければ年内スタートということで、我々日本人は「価格破壊!」と「通信サービスの向上」を期待しています。
ソース:http://news.nna.jp/free/news/20151102php003A.html

ちなみに日本のNTTドコモも20%のシェアがあります。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2011/05/13_00.html

JG Summit Holdings

この企業はフィリピンで最も大きい複合企業の一つで、銀行業、交通、ホテル、食品、飲料製造、出版、不動産、発電、電気通信、土地開発といった分野で活躍しています。

このホールディングカンパニーの傘下にある主な企業にはCebu Pacific、Robinsons Group、Universal Robina Corporationといったものがあります。

オーナーは長者番付でトップ5付近には入るリッチマンです。セブパシは素晴らしい!

Ayala Land

メガワールドと並んでフィリピンにおいて最も大きい不動産開発業者の一つだと言えるでしょう。オーナーはスパニッシュ系と聞いています。

Ayala Group of Companiesが所有している企業です。
Ayala Landは住宅開発、小売業、オフィス、ホテル、レジャー産業といった分野で盛んに活動しており、またフィリピンの様々な地域の企業との結びつきがあります。

その主な企業や団体の中には、Ayala Land Premier、Alveo Land、Avida Land、Ayala Mallsといったものがあります。

我々、セブ島留学する人達にとって最も身近なのは「アヤラモール」ですね。お世話になっています!

MERALCO (Manila Electric Railroad, and Light Company)

この会社は1891年に創設され、フィリピンで最初の発電業を担う企業となりました。
これは22都市、メトロ・マニラ、マニラ首都圏及びその周辺地域の89の自治体における電力フランチャイズを保持しています。

ところで、フィリピンはむちゃくちゃ電気代が高いです!
そのいくつかの理由について、こちらの動画で説明しています。

上記の動画も興味深いですが、書いているコメントを読むことで多角的な見方が得られると思います。(盗電、政府が独占しているから、自社で安い強力な発電が出来ないから、など色々な原因があるようですね)

Nestle Philippines

この企業はフィリピン全土に何千もの正社員がいるほど、最も雇用の多い会社のひとつであると言われています。
同社の製品はそのカテゴリーの中でも主要ブランドとなっており、またランキングにおいても上位を占める存在です。さらにさかのぼると1895年にはすでにNido、Milkmaid、Nescafe、Miloなどといったブランドの製品が存在していました。

ネスレは世界的企業ですね。

San Miguel Foods

この企業は国内で最も大きな食品会社として知られており、会社の様々なオフィス、製造、配送、加工・処理、農場施設において3000人以上もの正社員が従事しています。

元々はこの会社はPurefoods Corporationとして設立されており、食肉加工品の製造業者でした。
そののち、San Miguel Corporationによって2001年に買収され、そのためSan Miguel Purefoods Companyという名に改称されました。

今日まで、全体の60%の利益は契約栽培、飼育、食肉加工、そしてマーガリンやアイスクリーム、チーズ、バター、油脂、水生及び動物の飼料などといった一般的な食品のマーケティングによるものと言われています。

なんといってもサンミゲルビール!フィリピンの、いや世界の至宝でございます。そして、そのサンミゲルビールは日本のキリンが一番の大株主です。
「キリンのSMB保有比率は約48.39%で、サンミゲルの約51%に次ぐ大株主となっている。」
ソース:http://www.lapita.jp/2015/08/post-1545.html

今のところサンミゲルビールが嫌いという人には会ったことがないです(ビール嫌いは別として)。キリンさん、早く日本でサンミゲルを売ってください。

Smart Communications

これはPLDTの子会社であり、携帯やインターネットサービスのプロバイダーです。
2014年の時点で、Smart CommunicationsはSmart、Talk ‘N Text、Sun Cellularなどといった様々なネットワークから7000万人以上の加入者を獲得しています。
よく知られた子会社の中には、Smart Broadband、Primeworld Digital Systems、Smarthub、SmartMoneyがあります。

僕もスマートブロ(Pocket WiFi)を持っていますが、PLDTについて上記でご説明した通り、ダメダメ会社なのでスマートブロもダメダメです。2014年の時はどの場所でも5Mぐらいは出るようになったので、非常に期待していたのですが2015年になって何故か失速。回線に故障が起きているのか、非常に遅くて苦労しています。2016年には解消されていることを心から願っております。

Petron Corporation

間違いなくこの企業はフィリピン国内で最も大きい石油精製会社でしょう。実際に国内の石油のニーズに対して30%以上の供給があります。

バターン州のリマイには1日に180000バーレルの生産能力がある石油精製所を抱えています。このリマイより海路にせよ陸路にせよ、フィリピン周辺の32の異なるターミナルや倉庫などに流通させています。同社は上場企業であり、その51%の株はSan Miguel Corporationにより保持されています。

これらが納税額、売上、収益、市場価値、純利益といった情報をベースに行われた調査によるフィリピンの大企業です。これらの企業は頻繁に様々な点でリストが作成されており、一貫してトップ20位以内の領域に位置するものです。

上記の訳でなかった有名会社にジョリビーフードコーポレーションがあります。この会社はトニー・タンというフィリピン人が設立した会社で、ファーストフード店を多く展開しています。マクドナルドと同じようなハンバーガーのジョリビー、中華、ピザなど多数。日本にもジョリビーのフランチャイズが来るとか来ないとか言われていますが、実際はどうなんでしょうか。

トニータンはフィリピンで10番目のお金持ちです。

以上、フィリピンの有名企業をご紹介しました。日系企業が株式を持っている会社もありますので、あながち無関係ではありませんね。先生との話のネタとしてどうぞ。

元ソース:Top 10 Corporations in the Philippines
翻訳:maki
解説:斉藤

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。