今から2年前になります。

フィリピン あれから2年の歳月がながれました。 8000人以上の死者を出した観測史上最大、、、

観測史上最大の台風「ヨランダ」がセブ島に上陸しました。

895ヘクトパスカル。最大瞬間風速105メートル。想像できますでしょうか?

日本では950ヘクトパスカル以下ですと、大きな被害を出すと言われています。900を切った895ヘクトパスカルなど聞いたこともありません。最大瞬間風速は54メートル以上で猛烈な台風と呼ばれます。

105メートルだと時速に直すと400キロ以上になり飛行機からとは言いませんが、リニアモーターカーから顔を出したくらいの風速です。

忘れもしない2013年11月8日です。2日前から警報が出ていて最大限の注意をするように繰り返しアナウンスされていました。

QQイングリッシュでも朝から休校にして生徒だけでなく先生、スタッフもITパーク校に避難です。絶体絶命で倒産まで覚悟していました。アメリカのNASAの進路予想図でセブ市を直撃だったからです。

セブ市にはサントニーニョ教会と言うフィリピン最古の教会があります。いまから400年前マゼランが作ったキリスト教の教会です。セブの人達の心の拠り所で週末には沢山の信者が訪れます。

台風上陸の前日もQQの先生は「セブ市は絶対大丈夫だ。サントニーニョが必ず守ってくれる」と言って必死に祈っていました。私はNASAを信じていたので災害に備えて必死に準備をしました。

しかし祈りが通じたのです!台風の進路が奇跡的にずれました。セブ市の北50キロを通過して被害は最小限で済んだのです。

倒産すら覚悟した台風から助かったのでボランティアを始めることにしました。

フィリピン あれから2年の歳月がながれました。 8000人以上の死者を出した観測史上最大、、、

セブ市が助かっても直撃を受けたレイテ島は壊滅的な被害を受けていたからです。

QQイングリッシュにはオンライン英会話の会員だけでも10万人いるので沢山の募金が集まりました。台風の直後は炊き出しから始め、その後小学校の復旧から教科書の寄付など色々な活動をしたのです。

台風直後は毎週末レイテ島に行っていました。セブからカーフェリーで7時間かけてレイテ島に向かいます。港からボランティアをしていた町まで3時間車でかかりました。金曜日の夜にでて日曜日に帰って来るゼロ泊3日の強行軍だったのです。

フィリピン あれから2年の歳月がながれました。 8000人以上の死者を出した観測史上最大、、、

全てを失ってしまったレイテ島の人々の為に何かしないわけにはいきませんでした。

死者、行方不明者で8000人を超える被害を出した大災害です。一生忘れることができません。

今月で観測史上世界最大の台風が来て2年の月日が流れました。

今、改めて助け合いの重要性を考えています。当時、直接的なボランティアの他に長期的な視点でも何かできないかと思い、レイテ島から先生を採用することにしました。

セブに寮を準備したり交通費を負担したりと大変でしたが、雇用を何とかしたかったのです。

町が壊滅してしまっているので仕事がありません。一人でも多くの先生に仕事を与えられれば、少しでも復興のお手伝いになると思ったからです。

そして、少しでもお役に立ちたいと思って始めたプロジェクトが今、QQイングリッシュにとってなくてはならない存在になりました。

QQEnglishシーフロント校の外観2015

今年オープンしたシーフロント校は校内に先生用の寮を併設しています。レイテ島出身の先生が生徒と一緒に生活をしているのです。ITパーク校と違ってシーフロント校の夜は独特の雰囲気です。

生徒と先生が一緒にズンバダンスを踊ったり、校内にあるビリヤードや卓球台で一緒に遊んでいるからです。またラウンジにあるグランドピアノやギターを生徒と先生が一緒に弾いていることもあります。
シーフロント校 ズンバの写真

シーフロント校の朝ズンバの写真です。(近藤あやさんも参加)

レイテ島の先生のおかげで、シーフロント校は一日中英語漬けになれる環境になったのです。フィリピンでこんな雰囲気の学校は無いと思います。

海外でビジネスをすると言う事は他人の軒先で仕事をさせて頂くと言う事です。

自分の事だけを考えていては存在できません。QQイングリッシュは教師750人を抱えるフィリピン最大の英会話学校になる事ができました。すべてフィリピンの先生が頑張ってくれたおかげです。

今までも色々な事がありましたがこれからもお互い助け合って進んでいきたいと思っています。

ボランティアをまとめたビデオです。

フィリピン あれから2年の歳月がながれました。 8000人以上の死者を出した観測史上最大、、、

2年前ボランティアをしていた時のコラムがあります。良かったら読んでみてください。

http://qqenglish.jp/big_hurricane/

↓QQEnglishの公式サイトはこちら↓

俺セブ管理人によるQQEnglishの最新レポートはこちら

同じ筆者の次の記事を読む
▶︎No20 「独断と偏見」私のお勧めするホテルビュッフェBEST3!

同じ筆者の前の記事を読む
▶︎No18 俺セブのオーナーに物申す!見解が違い納得のいかない評価の話

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

QQイングリッシュの代表
(QQEnglish)

フィリピン・セブ島に拠点を置く英会話学校「QQイングリッシュ」を経営。
約800人の教師が、年間5000人の語学留学生と1万人を超える世界中 の生徒にオンライン(スカイプ)で授業を提供している。1992年バイク便のキュウ急便設立後、2000年バイクショップのコネク ティング・ロッド設立。

2005年フィリピン・セブ島に留学後、2009年オンライン英会話事業のQQイングリッシュを開始。2010年には留学事業も開始。

「QQイングリッシュ」は現在、東京、セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テへランでも展開。2016年現在、フィリピンでNo.1(留学者実績、教師数)の語学学校に成長し、NHK「おはよう日本」、朝日新聞 「フロントランナー」でも取り上げられた(https://qqenglish.jp)。

藤岡 頼光氏の記事一覧はこちら

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。