http://business.inquirer.net/177557/sy-phs-richest-for-7th-consecutive-year

フィリピン人で一番お金を持っている人ってだれ?

・・・っとふと思い、色々検索していたところフォーブスにフィリピン人のビリオネア(億万長者)ランキングが掲載されていましたのでご紹介します。

ソース:http://www.forbes.com/philippines-billionaires/list/

No 1: ヘンリ・シー&ファミリー

フィリピンの億万長者は誰だ!?大富豪トップ10ランキング2015
純資産:144億ドル

この国の富豪ナンバー1のヘンリー・シー氏は、株式公開企業であるSMインベストメント及びSMプライムホールディングスの株価がここ1年でそれぞれ17%、20%上昇するなど、更に裕福になっている。

同社は、銀行、小売業及び新たなモール2件とのパートナーシップによる2014年の収入実績を発表した。予算110億ドルの発展計画の1つ「マクロシティーズの建設」では、2020年までに既存のモール周辺に、10の住居及び商業施設等からなるタウンシップを建設する予定である。

その他にもシー氏は、フィリピン全土に電力を供給している民間の電力会社に出資している。彼の長女であるテレシタ・シー・コンソ氏は、小売部門の業務拡大や、BDOユニバンク銀行の会長を務める等、事業に活発に参加している。

シー氏は、一家が経営していたコンビニエンスストアで若くから働きはじめ、その後、彼の最初のビジネスとなる靴屋を開業した。

ナンバー1はSM(シューマート)のオーナー!彼は最初、靴屋からスタートしたというのは伝説になっていますね。

No 2: ジョン・ゴコンウェイ

フィリピンの億万長者は誰だ!?大富豪トップ10ランキング2015
純資産:55億ドル

1950年代にコーンスターチ工場を創業し、後に、食品、航空会社、テレコム(携帯電話会社)、土地開発、銀行、ホテル、電力等を配下に所有するJGサミットホールディングスへと展開していった。

同社の株価は、主に石油化学事業の収益増加とフィリピン最大の電力配給会社であるメラリコへの投資収益により、昨年1年で30%上昇した。JGサミットは上場企業であるロビンソン・リテール社の株を保有しており、同社は約1400の小売店舗を所有し、更に今年中に1600店舗まで増やす予定である。

JGサミットの会長を兄弟のジェームス氏が、また社長をジョン氏の息子のランス氏が務める。また、娘のリサ氏は、2015年に開始したフォーブスフィリピン(Forbes のフィリピン版)を含む20以上の雑誌を出版している出版社、サミットメディアを経営している。

2位はロビンソンモールのオーナーのようです。最近セブ島でも不動産開発に名乗りを上げています。

No 3:アンドリュー・タン

フィリピンの億万長者は誰だ!?大富豪トップ10ランキング2015
純資産:45億ドル

食品・飲料、娯楽施設や不動産を配下に置くアライアンス・グローバルの会長。
昨年は、酒類業と不動産収入が伸びたものの、リゾート及びカジノ運営による収入が低かったため、株価が11%下落した。フィリピンのマクドナルドも保有し、今年500店舗目を開店する予定である。7月に、同社の傘下にある上場企業のメガワールドは、総額4億4000万ドルのオフィスビル12棟の建設を発表した。

工場労働者の息子であった彼は、雑用等をしながら学費を稼ぎ、大学に通った。台所用品の販売員として稼いだお金で醸造所を購入し、ブランデーでまず最初の財産を築いた。その後、マニラ周辺に集合住宅を建設し、更に富を築いていった。

メガワールドはフィリピンで最大級の不動産会社です。セブ島ではポートフィーノというビーチからシャングリラ近く、マクタンシュライン付近まで土地を購入し「マクタンニュータウン」として、現在巨大な都市開発を行っています。SRP(サウスロードプロパティ)と並んで、数年後が楽しみな場所ですね。

No 4:ルシオ・タン財閥

フィリピンの億万長者は誰だ!?大富豪トップ10ランキング2015
純資産:43億ドル

タン氏が経営するLTグループは、銀行、土地開発、飲料、酒類、タバコ会社を配下に置いており、タバコと銀行による利益が減ったため、株価はここ12ヶ月で3%下落した。

銀行はフィリピンペソの急落に、またタバコ産業は、2013年より適用されたタバコの増税、及び違法タバコの増加に悩まされた。更にタン氏は、フィリピンで一番古い航空会社であるフィリピン航空の株式も保有しているが、同氏が昨年9月に経営権を再度獲得した後、株価は10%下落した。

タン氏は、床磨きをして学費を稼ぎ、化学エンジニアとして事業を始めた。彼の趣味は、ヘリコプターの操縦である。

4位はフィリピン航空のオーナー。セブと日本の間でも2014年から東京セブ間で本数を増やしたり、大阪や名古屋から直行便が出るようになったり、勢いがありますね。

No 5:エンリケ・ラゾン

フィリピンの億万長者は誰だ!?大富豪トップ10ランキング2015
純資産:41億ドル

国内最大の港湾管理会社であるインターナショナル・コンテナターミナルサービスの会長。貿易低迷の最中にあったため、昨年1年間で株価が10%下落した。

3月に、彼がCEOを務める統合リゾートのブルーンベリーは、ギャンブル好きな中国人観光客を意欲的に取り組むべく、韓国の実尾島とチェジュ島のカジノ経営会社の買収計画を発表した。中国元安により、株価はここ1年で36%下落した。

彼の祖父は、貨物の取り扱い及び運搬の事業を始め、1937年から第二次世界大戦が始まるまで、マニラサウスハーバー港一帯でビジネスを行っていて、彼の父親が1965年に同港の営業権を再取得した。ラソン氏はマニラで港湾業を父親と行い、後に東ヨーロッパ、アフリカ、南北アメリカに進出する世界の大企業へと展開していった。

No 6:ジョージ・テイ&ファミリー

フィリピンの億万長者は誰だ!?大富豪トップ10ランキング2015
純資産:40億ドル
19才の時、彼は起業の為に申請した銀行ローンを断られた。このような困難が、金融トレーニングや経験もないまま、29才で銀行を創業するまでに彼を駆り立てた。

現在、(彼が保有する)メトロバンクはフィリピン国内第2位の銀行である。この連続起業家は、発電所、トヨタ車の流通、保険の販売、不動産物件の開発やその他ベンチャーも手がけている。非金融業ビジネスは、GTキャピタル下に集約しており、同グループは、インフラ、人材派遣及び小売業を拡大させて行く予定である。

GTキャピタルが合併の専門家を外部から迎えたことに伴い、息子であるアーサー氏は昨年会長の職を退き、共同副会長の座に就いた。他の子ども達も、ジョージ氏のビジネスに携わっている。

ジョージ氏が設立したメトロバンクファンデーションは、亡くなった彼の母をしのんで、マニラ・タイタナ・カレッジを運営している。また彼は趣味で、中国絵画やフィリピンアートを集めている。

No7: アボイティス一族

フィリピンの億万長者は誰だ!?大富豪トップ10ランキング2015
純資産:36億ドル
アボイティス一族は、銀行や、電力、運送、土地等の会社を配下に持つ、セブ拠点の上場会社アボイティス・エクイティー社(AEV)を運営している。

AEVは、スペイン人農家の息子であったパウリノ・アボイティス氏によって、1800年代にフィリピンへの移住後設立された。当初は、マニラ麻(フィリピン産の麻)の産業や、生活用品の事業を行っていたが、次第にビサヤ諸島への商品輸送を行う、島間の輸送業へと移行していった。

1994年に、AEVはフィリピン証券取引所にて株式公開を行ったが、建設、造船は配下においたままであった。主に4代目と5代目から成る同一族19人が、AEVの日々の運営を行っている。

親族会には400人以上の親戚が集まることで知られているこの一族は、親族が新たに運営に参加する場合、及び起業する場合の規約と正式な手続きを制定している。

No8:ハイメ・ゾベル・デ・アヤラ&ファミリー

フィリピンの億万長者は誰だ!?大富豪トップ10ランキング2015
純資産:35億ドル

アヤラコーポレーションは181年前に設立され、2006年までハイメ・ゾベル・デ・アヤラ氏が会長を務めていた。
巨大な複合企業は、昨年4億ドルの利益を計上し、株価は8%上昇した。小さな蒸留酒製造所をマニラで始め、その後更に、銀行、不動産、ホテル、通信、水道、教育事業を展開していった。

1976年に上場企業となり、今では株式会社であるアヤラ・ランド社、BPI銀行、グローブテレコム社、マニラウォーター社を傘下に収める、国内最大の複合企業の1つとなった。

7月には、アヤラ社は薬局のチェーンであるジェネリカの株式50%を取得した(金額非公開)。彼の7人の子どもたちが、全事業の3分の1以上を経営しており、長男であるハイメⅡは会長兼CEO、フェルナンド氏は社長兼COOである。ハイメ氏は、大学卒業後役員秘書として働き始めた。アマチュアの写真家である。

No9:デービット・コスンジ

フィリピンの億万長者は誰だ!?大富豪トップ10ランキング2015
純資産: 32億ドル
コンクリートの検査官だった彼は、1954年に建設会社であるDMCIを設立した。現在同社の売上は、電力発電、不動産、インフラ事業からの収入が多くを占める。

7月に、フィリピンのセミララ島にある同国最大のパニアン炭鉱で、9人が生き埋めになる崩落事故が起き、同社の子会社であるセミララ・マイニング・アンド・パワーの株価は昨年1年間で25%下落した。

マカティ・シャングリ・ラや、マニラホテル、アヤラ・タワー・ワン等、建設には定評がある。息子のイシドロ氏はDMCIホールディング及びセミララを率いており、デイビット氏は富を子どもたちに分け与えている。

No10:トニー・タン&ファミリー

フィリピンの億万長者は誰だ!?大富豪トップ10ランキング2015
純資産:22億ドル

サウジアラビアからニューヨークのクィーンズまで、彼の経営するファーストフードレストランは世界中に点在する。ジョリビー・フーズは世界的に急成長を遂げたアジアのレストランチェーンである。フィリピン、中華、アメリカン、及びヨーロッパの料理を、現代風で、迅速に提供できる、手頃なスタイルにアレンジし、販売している。

彼の弟であるアーネスト・タンマンティオン氏がCEOで、トニー氏は、富豪仲間のエドガー氏とコミュニティーモール建設の構想を練っている。

というわけで、フィリピンのお金持ちトップ10でした。1位のヘンリ・シー&ファミリーは実に1兆以上資産があります。いやー本当にすごいですね。

10位以降についてはこちらのフォーブスのビリオネアリストを御覧ください。
http://www.forbes.com/philippines-billionaires/list/


フィリピン人大富豪に比べて、日本人のお金持ちはどうなんでしょうか?
日本人大富豪もフォーブスにありましたので、合わせてご紹介します。

日本の富豪トップ10 2015

No 1: 柳井 正+家族

純資産:211億ドル
小売業で去年の年商30億ドルの柳井氏は、ファーストリテーリング社を急速にグローバル展開しています。

コアブランドであるユニクロは、フラッグシップストアの設置や、スタッフ全員に3ヶ月のトレーニングを行う等のユニクロのスタイル徹底等彼の戦略が功を奏し、2014年には海外での売り上げが65%上昇した。

女性を積極的に雇用しており、就業時間を短縮するなど女性が働きやすい環境を整えています。

柳井氏は、1984年にユニクロの一号店を沿道の直営店として出店。現在では彼の息子の一海氏と康治氏が後継者として目されており、彼らの1000億を超える資産も上記純資産に加えて計上されている。

柳井氏は、ハーバードビジネススクールとハーバードデザインスクールの日本人留学生に対し、1,200万ドルを奨学金として提供することを発表した。13年前から億万長者仲間である孫正義氏のソフトバンクの取締役として務めており、「失敗」にこだわる彼の自伝のタイトルは、「1勝9敗」である。

No 2: 孫 正義

純資産:139億ドル
孫正義氏が経営するモバイル・インターネットの大企業であるソフトバンクは、中国の大手インターネットショップのアリババの株式を32%保有し、2014年9月の上場時には多額の利益を手にした。

その後アリババの株式は値下がりしたが、孫氏は同株の売却はせず、長期に渡って保有する、と述べた。

著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏にインスピレーションを受け、「バフェット・プレミアム」に続き、「孫・プレミアム」を創りあげていきたいと思っている。また彼は、インドでも事業を展開するため、10億ドルの投資を考えているとのこと。

ロボット工学にも取り組んでおり、2014年6月には、人間の感情を感知できる初の人型ロボット「ペッパー君」をお披露目した。

2014年後半に、34億ドルでのドリームワークス買収計画が失敗に終わった際、孫氏はをゴジラやインターステラーを制作するレジェンダリー・エンターテイメント社に、コンテンツ作成費として2億5千万ドルを投資した。同氏は1年の半分をアメリカで過ごし、2012年にサンフランシスコ近郊のウッドサイドにある1億ドルの家を購入した。

No 3:佐治 信忠+親族

純資産:109億ドル
佐治信忠氏は2014年にサントリーホールディングスのCEOを辞任したが、その際外部から後任のCEOを抜擢し、116年続いた一族経営経営に終止符を打った。

佐治氏は会長として留まり、継承者である鳥井信宏氏がマネージメントの経験を積んだ後、また一族によって経営を行っていくことを望んでいる。鳥井氏は現在、ソフトドリンクと食品を扱うサントリー食品インターナショナルの社長で、同社は昨年上場を果たし独立した。

また酒類部門に関しては、2014年に160億ドルを投じたメーカーズマーク(バーボンウイスキー)で有名な米国ビーム社買収の事後処理中である。同社は、コカコーラやネスレのような世界的なブランドへと確立していくことを目標としている。

No 4:三木谷 浩史

純資産:105億ドル
三木谷浩史氏は、日本最大のインターネット小売業者である楽天の代表取締役会長兼社長で、常に(M&Aの対象となる)案件を捜し求めている。

2014年には、アメリカのキャッシュバックサイトの大手であるEbatesを10億ドルで買収し、今年3月には、オハイオ州を拠点として電子書籍サービスを展開するOverDriveを4億1千万ドルで買収した。

同じ月に、(アメリカの配車サービス会社)Lyftに3億ドル出資し、約12%の株を保有した。また6月には三木谷氏自身も同社の取締役となり、運営に加わっている。同氏は、インターネット関連企業により経済成長の促進を目的として設立された経新経済連盟の代表理事も務めている。

また最近は渋谷区に2千万ドルの住居を建築中である。カリフォルニアに彼の第2の家があり、そこでも多くの時間を過ごしている。

No 5:滝崎 武光

純資産:88億ドル
滝崎武光氏は、グローバル展開しているファクトリーオートメーション用の各種センサー機器メーカーであるキーエンス社の創業者で、現会長である。研究開発に重点を置いたことにより、膨大な数の技術特許を取得している。

また、同社は能力給を採用することで、優れた人材を獲得できている。このような取り組みにより、彼の財産は過去12ヶ月で2億ドル以上も増加した。

No 6:高原 慶一朗

純資産:54億ドル
高原慶一朗氏は、紙おむつ、生理用品など衛生用品メーカーであるユニチャームの創業者で、現会長である。現在は、息子の豪久氏が社長を務めている。

アジア市場における人口増加が追い風となり、中国が成長マーケットの鍵を握る市場となっている。最近のデータによると、アジアでの生理用品の売上は、全体の17%を占める。

No 7: 韓 昌祐+家族

純資産:49億ドル
韓昌祐氏は、日本最大のパチンコメーカーマルハンのCEO兼会長である。この非上場会社は、ボウリングやゴルフ場、映画館も展開している。

韓氏は、日本に帰化した韓国出身のビジネスマンで、祖国である韓国への投資を続けている。最近では、永宗島の埋立地に建設予定の、ホテル、ショッピングセンターやゴルフコースを備えたエンターテイメント施設であるドリームアイランドに投資を行っている。

No 8:毒島 邦夫+家族

純資産:44億ドル
毒島邦夫氏は、パチンコなどゲーム機器メーカーSANKYOの創業者で、現在は名誉会長である。家族の投資ファンドの株式は、同社の会長を務める息子の秀行氏に譲っている。

No 9:伊藤 雅俊

純資産: 38億ドル
伊藤雅俊氏は、本最大の小売グループで、コンビニエンスストアのセブン・イレブンや、スーパー・ストア、百貨店等、世界中に数千の店舗を持つセブン&アイホールディングスの名誉会長である。同社は、電子マネーシステムであるNANACOを現金文化の日本で最初に取り入れ、利用者は増加している。

少なくても12のフランチャイズ店舗に、「セブン-イレブンの運営権を取り上げられ、高額な費用を支払うことを厭わない他のフランチャイズ加盟者に店舗を受け渡された」として訴訟を起こされており、セブン&アイは、同措置は正当であると述べている。このよう問題にもかかわらず、同社は拡大を続けている。

同社は、2020年までに女性管理職の割合を30%までに引き上げる政府の目標に同意した。

No 10:森 章+家族

純資産:38億ドル
森章氏は、88の賃貸ビルとシャングリ・ラを含む30のホテルを運営する森トラストを率いる不動産王である。

昨年は京橋トラストタワーをオープンし、好評を得ている取り組んでいる。現在は、新しくビルの購入し、また古い建物の解体により、近代的な高層ビルの建築にシフトしていっている。

章氏と兄の故稔氏は、父親の死後事業を譲り受けたが、1999年に分離、独立した。現在同氏は、中国のインターネット会社設立に投資している。

以上になります。トップのユニクロの柳井氏とSMのヘンリーシー氏とは差がありますが、それよりもフィリピンに比べると日本のほうがお金持ちの層が厚い事の方が興味深いですね。

ぜひフォーブスの記事で日本とフィリピンを比較してみてください。

より詳しいリストはフォーブスのこちらのページに書いてあります。
http://www.forbes.com/japan-billionaires/list/

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

2 コメント

    • 確かに言われてみればリストに入っていませんねー。フォーブスPHのリストを見る限り政治家も入っていないので、このランキングはビジネスマンだけなのかもしれませんね。

      (0)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。