CPILSの最大のメリットは先生の人数の多さと、圧倒的に日本人が少ない環境でした。

・お名前 KD
・ご年齢 30代
・ご職業 ネット関連
・通われた語学学校 CPILS
・留学滞在期間 8か月

1, なぜその学校を選んだのですか?

留学はしたいけど充分な予算がない!寒い所にはいきたくない!そのような状況で、少しでもお手頃に留学できないかと考えていた所、ネットでフィリピン留学を発見しました。

北米やヨーロッパに比べ金額安く、しかも南国の観光地で遊びながら英語を学べるなんて楽しそう!と考え決めました。
CPILSを選んだのは学内にプールやちょっとしたジムがるという事や、英語を学ぶという目的以外に、留学生の大半が韓国人だったので、韓国語も学べると思って決めました。

2, フィリピン留学前に準備してきた事はありますか?

電子辞書と韓国語の基本会話の本を1冊もっていきました。
事前勉強はせずに現地に行けばなんとかなる!お気楽な感じで飛行機にのりました。

しかし、一人で飛行機に乗って回りに日本人が全くいなかった瞬間にこれはやばい!!と感じ現地に着くまでの間、無駄な抵抗でしたが、持参していた電子辞書にある基本文などをひたすら読んでいました。

3, フィリピン留学してから、何を準備してくればよかったと思いましたか?

日用品のほとんどは現地購入できますが、化粧品やレディース用品などデリケート用品は日本から多めに持参した方がよいと思います。現地にもよい製品はありますが、日本製品の方が安心して使えます。

現地にいた人にもらいましたが、虫刺されにはキンカンがききました。アウトドアの際は蚊取り線香がかなり重宝しましたのでおすすめです。

医薬品など準備している人もいましたが、個人的な感想では現地の風邪や下痢の症状には現地のものがよく効きました(笑)

また、勉強の準備というよりは、フィリピンでの遊びの計画をしっかり立てていくとよいと思います。現地でアクティビティは参加できますが、実際に自分でやってみたいと思う事にはやる気がでますし、予約や手続きをしながら目的地に出向くことも英語上達になるので、楽しむ計画をしっかり立てるといいと思います。

4, 実際にその学校についてみて施設はどうでしたか?

学校内宿泊ルームは1人用、ルームシェアで2人、3人用などがありました。
私は一日の終わりはジャージ姿でダラ~っとリラックスできる空間が欲しかったので、迷わず個室を選択しました。

室内は比較的きれいでテレビもありますし、シャワー、トイレともに問題なく使えました。頼めばハウスキーピングなどもしてくれたので、とても快適に過ごせました。

私はおおざっぱな性質なので常に快適だと思って過ごしていましたが、きれい好きの人や、車や周辺の音などが気になる人、生活水準高めの人達は学校周辺のホテルに長期宿泊したり、現地不動産と賃貸契約をしたりして生活していました。

5, 授業のカリキュラム内容を教えてください。

授業は1対1、1対4、1対8などのクラスがあり、自分の目的に合わせてカリキュラムを組みますので、雰囲気が合わない時や効果がないと感じればすぐに変更ができます。

同じ人数でもクラスによって内容が全く違います、日常会話から、映画を鑑賞したり、ゲームをしたり、TOEICなどの勉強中心のクラスもあります。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業はどんな授業でしたか?

一番効果があると感じたクラスは1対1です。

私の場合この1対1で出会ったすばらしい先生のおかげで、世界が一気に広がりました。勝手に生涯ナンバーワン恩師!!と今でも思っています。

先生にもよりますが、1対1のよい所は自分にだけ集中できます。
一人しかいませんので、分からなくても自分でなんとかするしかなく、理解できていない所や改善できた所がすぐに分かるという点と、自分でやりたい事を提案できると言う点が非常によかったと思います。

逆に英語のレベルアップという点であまり効果がなかったと感じる授業は、大人数のクラスです。和気あいあいと友達を作るという事や、人前で自分の意見を言うという事は役に立ちますが、一つのテーマにしても皆で語るので圧倒的に発言の機会が減ります。理解力を高めてスピーキングスキルを上げるという点では1対1の方が早いと思います。

7, どんな先生が自分に合い、どんな先生が自分に合いませんでしたか?

出会ってよかった先生は、1対1の先生です。

面白くユーモアがあるだけではなく、英語を上達する為にはどのように取り組んだらよいのか真面目に話してくれました。

授業が進行していく中でも、こまめに前回の課題や、かなり前に学んだ事なども、理解しているかどうかしっかり確認してくれました。
文化や音楽など楽しく学べるものから、サイエンスや政治などのテーマも課題もあり、飽きない工夫をたくさんしてくれました。

先生のお勧めのアーティストのCDを聞いた際に「私はR&Bしか聞かない」と言って、先生の課題に対してつまらないと感じたものは「面白くなくてやる気がでないけど、どんな効果があるのか?」と今考えるとビンタしたくなるような生意気な事もいいましたが、寛容に対応してくれました。

寛容に対応してくれたから良いと言うだけではなく、私がクラス昇級試験をパスした時や話し方が上達した事などを一緒に喜んでくれて、すべては先生のおかげなのに、君だからできた!なんてありがたい言葉をかけてくれる本当にいい先生でした。

最終日には別れが辛くて大泣きでした。今でもありがたくよい思い出です。

逆に1対1をもう一コマ増やそうと考え、別の先生のクラスを受けた時に、悪い人ではなかったのですが、どうやらとても歌が好きで、私の歌を聴いてほしいのという先生でした。

自分の好きなアーティストから始まりお気に入りを歌う♪自由過ぎでした。笑えましたが即終了しました。

7,食事内容はいかがでしたか?

朝、昼、夜と食堂で決まった時間に食べる事ができます。
マンゴーやモンキーバナナなどデザートは南国風で、フィリピンの料理なのか韓国料理なのか3か国ぐらいがミックスされた感じのメニューでした。

私は美味しく頂きましたが、生徒の中には「味が合わない」と毎日外食する人もいました。料理に関してはかなり個人差があると思います。

8,インターネットの環境はどうでしたか?

フリーで利用できるネットルームを利用しました。

9,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えてください。

学校の最大のメリットは先生の人数の多さと、圧倒的に日本人が少ないので、アウェーな感じを楽しめて、英語を話す機会が多い事です。

デメリットとしては留学するのに日本人の友達をたくさんつくりたいと思っている人は少ないと思いますが、日本人と会話をしたいと思っている人にとっては、人数が少ないのでデメリットかもしれません。

10,この学校での留学を成功させるコツは、どんなところにあると思いますか?

学校になんとかしてもらおうと考えるのではなく、自分が何をしたいのかを明確に勉強も遊びも積極的に行動する事です。

11,何か他に学校のエピソードや、その学校を検討している方へのメッセージ

セブ島の人は全体的にフレンドリーで、学校の先生だけでなく、事務や食堂のシェフ、ガードマンなど皆気さくに話してくれるので、積極的に話してみて下さい。学校生活がさらに楽しくなると思います。ガードマンと仲良くなると門限を越した場合に大目にみてもらえる事もあります(笑)

楽しく生活するには細心の注意が必要です。最低2人以上の行動がおすすめです。学校以外にも英語を話す人はたくさんいるので、ショッピングモールや外国人がよく集うカフェやバーなどに行くとコミュニケーションをとれるチャンスがたくさんあります。

最後にこの学校の留学が終了してから何年もたちますが、当時出会った韓国人の友達とは今でも交流があり、お互いの結婚式に参加したり、LINEで会話したり今で頻繁に交流があります。

英語だけでなくたくさんの自然、いい思い出と、人生を豊かにしてくれる人達に出会う事がありますので、少しでもやってみたいと思う人は思い切ってチャレンジしてはいかがでしょうか?

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント