フィリピン留学でダイエットが成功する7つの理由
http://nailartsdesign.com/lose-weight-fast-safely/

フィリピン留学はダイエットに向いているといったら、少し驚きでしょうか。

僕の友だちにはあの話題のライザップに通い2ヶ月で10キロ近くの減量に成功した方がいるのですが(2年たった今でも痩せたまま)、その彼いわくダイエットの秘訣は何と言っても「食事制限」。

ただ、食事制限というと「苦しさ」がどうしてもイメージとして先考してしまいます。気持ちが強ければ達成可能かもしれませんが、一般的に「我慢」をし続けるのは辛く、中々ダイエットに成功しません。

しかしながら、やらされてる感がなく自然と食事制限できる、理想的な環境があるんです。

それがフィリピン留学!!

様々な留学生とセブ島で話をしてきて思ったことは、「フィリピン留学をすると、太る人よりも痩せる人が多い」ということです。(僕が知っているのはセブ限定ですが)

一般的にフィリピン料理はこちらの記事でも紹介しているように(▶ 実は食も楽しめる!フィリピン料理)、味の濃い食べ物、オイリーな食べ物が多く、野菜が少ないため、太りそうな気がします。

しかしながら、実際は留学中に太る方は意外と少なく、その逆が目立ちます。
以下でその理由をご紹介します、題して・・・・

フィリピン留学でダイエットが成功する7つの理由!

1,間食をしなくなる

フィリピン留学中は平日は1日8時間のクラスがあれば日中は、間食を取る時間帯がありません。

基本的に50分の授業に対して10分間の休みのため、10分間の休憩中は次の授業のための準備、クラスルームの外で一人リラックス、友達と会話、スマホをいじる・・・ぐらい。わざわざ10分休憩でスナック菓子を食べようと思う人は少ないんですね。

また、スケジュールは朝9時スタートなら1日8時間授業で夕方6時になります。授業が終われば夕食の時間なので、今まで朝9時~18時の間で毎日間食をしていた方は、フィリピン留学をするだけでも痩せる可能性が高いです。

なお、ダイエット目的も兼ねるなら1日6時間コースもありますが、8時間にしましょう!そうすればより確実に間食をとらなくなると思いますので。

2,炭水化物を食べる量が減る

フィリピンでは炭水化物はご飯がありますが、肉料理の豚や鶏が比較的安いためご飯抜きでも結構満足できるぐらいのボリュームがあります。今までおかわりしていた方が、一杯ぐらいで収まる方も珍しくありません。

また、セブ島ではレストランでサラダを頼むと、日本のように少量ではなく、サラダ一つでお腹一杯になるぐらいのボリュームを提供している店も多いです。価格は500円ぐらいになりますがコスパとしては悪く無いです。

サラダを食べるなら和食レストランやイタリアンなどがおすすめ。フィリピン料理レストランのサラダはイマイチな店が多いので、避けておいた方が無難です。個人的にはアヤラモールの新館テラスにあるニューオリンズのハーフサラダがイチ押し。

留学前まで朝、昼、夜・・・と「うどん、そば、カレー、ラーメン、ご飯」中心だった方は痩せること間違いなし!

3,甘いモノが「甘すぎる」のでオーダーしなくなる。水を良く飲むようになる。

海外のデザートは甘すぎるものや味が日本と異なる甘さのものが多いです。日本人には合わないデザートが多いので、カフェに入っても「ついでにケーキ」が減ります。

インスタントコーヒーも甘いモノが多いですし、カフェ・レストランで出されれるアイスティーやペットボトルのアイスティーは甘すぎるため、甘党の日本人でも頼むのに罪悪感を覚えます。また、緑茶や烏龍茶もこちらでは一般的ではありません。

そのような理由から選択肢が減ってしまい、自然と水のペットボトルを良く飲むようになります。結果としてダイエットに貢献!

4,学校の食事が合わない

これは学校や本人の嗜好によりますが、結構聞く話です。

まずいというのは本来良くないことですが、ダイエットという観点から考えると、「食事がまずい」→「食べれない」→「痩せる」という式が成り立ち、ダイエットに劇的に効果がある方もいます。

また、フィリピン料理は比較的オイリーな食べ物が多いため、元々塩分やオイリーな食べ物を控えている方は、外食しないと全然食べれなくなりますので痩せます。

また、3食食べれる学校では決められた量を決められた時間に食べる癖がつき、大食いだった方が食べる量を減らすことに成功する場合もあります。

余談ですが、フィリピン留学中に食あたりになり、痩せる方もいます。(そんな痩せ方はイヤですが・・・)

5,英会話で大量のカロリーが消費される

英会話を1日8時間やるとクタクタになります。これは、エネルギー(カロリー)を非常に使っている証拠。

こちらのツールを使って調べてみると、体重60キロの方は50分の授業で約80カロリー消費。8クラス受けるとすると640カロリーを消費出来ます。
http://www.papy.in/undou_karori/i088.html

ランニングでの消費カロリーに換算すると、毎日約10キロ以上走っている事になります!間食もせずにこれだけ頑張っていれば、痩せてもおかしくありません。(*「体重×距離=カロリー」という公式)
http://www.commerceatroyes.com/287.html

ダイエットしたい方はマンツーマン授業を受けまくって、喋りまくりましょう!英会話取得とダイエット効果の一石二鳥です!!

前日に食べ過ぎたと思ったら英会話の量を増やしてください!

6,土日はアクティブに過ごす人も多いので、カロリー消費する

日本だと土日ゴロゴロする方も、セブ島留学中は留学期間が決められているため、みなさん計画的にツアーに出かけたり、ショッピングしたり、勉強したり・・・など規則正しい生活やアクティブな生活をおくる方が多いです。(土日授業を取る方も最近は多いと聞いています。)

なので、日本で過ごしているよりもカロリーを消費する可能性が高いかもしれません。

7,不便である。締めのラーメン無し!

フィリピンでの買い物は日本に比べると不便な点が多いです。
例えばコンビニストアが歩いていけない距離にあったり、レジの対応が遅かったり、夜だと出歩きたくない(もしくは門限で出歩けない)など。

ちょっとしたものを買おう・・という気がそがれるんですね。

夜にちょっと小腹が空いたなぁ~っと思ってもコンビニが近くにない、出かけるのが億劫、締めのラーメンがない!などの不便ゆえに余分なカロリーを摂取する機会が減ります。

自動販売機が外にないので、缶コーヒーや炭酸飲料水も手に入りづらいです。特にお酒を飲んだ後の締めのラーメンがあるかないかの差は、大きいのではないでしょうか。

実際どのぐらい痩せるのか?

ところで、実際にフィリピン留学をした人たちはどのぐらい痩せるのでしょうか?

統計を取ったわけではありませんので、正確なことは言えませんが、様々な人達の話を聞いている限り、1ヶ月で3~5キロ痩せた人は結構います。

フィリピン留学1ヶ月でマイナス5キロ!ダイエットが成功する7つの理由

↑最近、フィリピン留学で1ヶ月マイナス7キロの減量に成功した友達(左)。元々実家ぐらしで出されたものを食べていたそうだが、留学中も同様の生活をしていたら、以前より少ない量でも満足するようになり7キロ痩せ。

もちろん、全員が痩せるわけではありません。ただ、今まで間食を頻繁にしてきた方、夜食が多かった方、暴飲暴食をしてきた方は、留学中は「食べる機会が減る+英会話でカロリー消費する」ので、無理せずにダイエットに成功すると思います。

7キロの彼は珍しい例でしょうが、本当に3キロ~5キロはかなり現実的な数字です。1ヶ月留学した友達が周りにいればぜひ聞いてみてください。

フィリピン留学の目的の一つに「1ヶ月の留学中に3キロ痩せる!」などを加えても良いかもしれませんね。

なお、フィリピンマンゴーを食べ過ぎると痩せませんのであしからず・・・

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。