初心者でも楽しめる?最高のダイビングスポット!リロアン

▶︎セブ島ダイビング総合ページへ

セブ島、リロアンとは?

セブ空港から車で約3時間ほど行ったところにある、セブ島の南端に位置する港町「リロアン」

どこか懐かしい情緒漂う、ゆったりとした雰囲気が流れるとても落ち着いた小さな街です。そして、俺セブさんでお馴染みの「竹谷さん」が経営されているダイビングショップ「エメラルドグリーン(公式へ)」がある場所です!

魅力的なダイビングスポットが多いセブ島の中でも、特にオススメなダイビングスポットがここ、リロアンです。私もリロアンが大好き!セブ島を訪れる際には必ずと言っていいほど、ダイビングに行く場所でもあります。

充実のダイビング!圧倒的なポイント数の多さ!

リロアンの魅力は、なんといってもここを拠点として潜れるダイビングポイントの数がとても多いこと!

ビーチから直接海に潜っていくビーチダイビングも楽しめるし、ボートに乗ればぐーんと行ける範囲が広がるんです。

たとえば、スミロン島やバリカサグ島、アポ島など、本当にダイビング出来る範囲が広い!もちろんビーチからボートで数分の範囲でも十分楽しめるポイントが本当に沢山あります。

これだけ範囲が広いと、通常は潜れるダイビングポイント数に応じて1日に2~3ダイブ程しか潜れないですが、ここリロアンでは4ダイブは当たり前に潜れてしまうんです。

それほど圧倒的なダイビングポイントの多さを誇る場所が、リロアンなんです!

初心者でも楽しめる?浅いけど魚いっぱい!

リロアン付近のポイントの魅力は、なんといっても浅い深度で出会える生物の多さ!なんと深度2~3m付近でもすごい数の魚に会えてしまうんですよ。

あまり浅いポイントには生息しない生物も、なぜかここには生息していることも、リロアンの魅力なんです♪
カメラを構えずに潜っていると、「あれー…こんな浅いところにこの魚いたっけ?」と思う程、不思議な場所だなーと私は毎回感じます。

そして、浅いことが嬉しいポイントは魚が見れることもそうですが「身体が楽~」なんです。特にダイビングに慣れていない方は、深い場所に潜って気を張り詰めるよりもゆったりと安心して楽しむことが出来ます。

それならシュノーケルでいいんじゃない?と思ってしまうほどですが、ここはぜひダイビングで!間近でゆっくり鑑賞出来るのもダイビングの魅力の1つです♪

360℃海に囲まれる体験はダイビングでしか出来ないし、でもいるのは比較的浅い場所!そう考えるとダイビングに慣れていない初心者の人も、充実感と達成感も味わえるし安心して潜ることが出来ますよね。

ダイビングはもっぱら撮影!カメラ派におすすめスポット!

リロアン付近のダイビングポイントは、特にダイビング中の撮影が好きな方に超おすすめなんです!!(参照:セブ島ダイビングでも使える!お手頃価格のカメラ3選

日本では馴染みのないススメダイの仲間や、浅い深度に生息していることが珍しいブルーリボン、様々な幼魚など、出会える生物の多さはセブ島有数なんじゃないかと思ってしまうほどです。

狙っていた生物が深いところにいて写真が撮れなかった!ということがありますが、ここリロアンはそんなことがないくらい、深度の浅い場所で出会えてしまうレアな魚もいるんです。

なので、初心者ダイバーでまだカメラを持って潜ることに不安があるかたも、とても素敵な写真が残せる場所じゃないかなーと思います。

もちろん私もカメラを持って潜りますが、ついここリロアン付近で潜るときには魚を見ることが楽しすぎてカメラを構える暇なく気がついたら時間が経っていた!という場合が多いです。

近くで出会える魚の他にも、アジの大群(ギンガメアジなど)が遠くに見えたりすることもあります!その姿は本当に圧巻です。魚の群なんて、水族館でしか見たことない…けど!ここリロアンではそんな光景も見れてしまうかも?

近くにも魚!遠くにも魚群!なんてことが日常茶飯事な場所なのです。
慣れている方は、マクロもワイドも楽しんで撮影してください♪

リロアンの思い出

私も大好きなリロアン。セブ空港から少し距離があることが時々面倒だなーと感じてしまうんですが、行ったことに絶対後悔しない場所だと私は思っています。

初めて海外でダイビングをする友人をセブ島に連れていったとき、真っ先にここリロアンに行こうと思いつきました。

初心者の友人と、ダイビング経験のある私が楽しめるポイントはここが1番いいだろうな、と感じたのです。

ダイビング経験があると、潜りたいポイントは大物に出合える場所だったり、沈んだ船だったり、岩場のトンネルだとか、夜真っ暗の中で潜るナイトダイビングとか…初心者だと絶対に怖いだろうポイントばかりなんです。

そもそも、ダイビング経験が浅いと海に潜ること自体に不安がありませんか?

不安を感じながら潜る理由は、いきなり深かったらどうしよう、という思いもあるかもしれません。制限されている深度では、楽しめないのではないか?という思いもきっとあると思います。

海の世界は本当に楽しい場所で、沢山の出会いがある場所なんです。

せっかく少しの勇気を持って潜るのに、深いところに行かなくては魚が見れなかったり、綺麗な珊瑚がなかったり…それではダイビングがつまらなくなってしまいますよね。

けど、その不安すらも払拭してくれる場所がリロアンだと思っています。

浅い深度でもレアな魚に出合うことが出来て、長い時間ボートに乗らなくても素敵な珊瑚が見れて、近くにも遠くにも魚がいるという環境。なんといっても出会える生物の種類の豊富さ!

きっとリロアンでのダイビングは、より一層ダイビングが好きになるきっかけになると感じました。

初心者の友人とリロアンの海に潜ったとき、深度10mそこそこの場所でウミガメに出合うことが出来ました。

初心者でも楽しめる?最高のダイビングスポット!リロアン

私もリロアンでウミガメを見たのはこれが初めてだったのですが、(出会えるという話は聞いていたのですが、運がなかったようで…)

それもこの機会にこんな近くを泳いでくれるのかーと感動したことを覚えています。
友人の目の前を横切って、「大丈夫だよ。怖くないよ」そう言っているような気がしたと、後になって友人が話していました。

リロアンはきっとセブ島が大好きになる場所でもあるな、と感じました。リロアンにはエメラルドグリーンさんをはじめ、ダイビングショップが沢山あるのも特徴です。

日本語で対応してくれるショップや、現地に日本人スタッフがいるショップ、日本からの予約が可能なショップがほとんどです。
ぜひ、セブ島ダイビングの拠点にリロアンを選んでみてはいかがでしょうか♪

あきんこ

▶︎セブ島ダイビング総合ページへ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ジンベエザメ好きの主婦ダイバー
1987年茨城県生まれの千葉県育ち

趣味はダイビングとサーフィン。海遊びが大好きな、2児の母です。
ダイビングのライセンスを取ったきっかけは、「ジンベイザメと泳ぎたい!」と思ったこと。ジンベイザメと泳ぐという夢を叶えるために訪れたセブ島にどっぷりはまっています。

全く英語が喋れない私でしたが、「日本語は世界に通じる!」をモットーに世界各国貧乏ダイビング旅行をしていたら、いつの間にか語学力もUP!
コミュニケーションが 取れるようになったら、ますますセブ島の虜になりました。
「俺のセブ島留学」ではセブ島ダイビングの魅力を紹介していきます!

2 コメント

  1. 私もいまセブに一ヶ月滞在してダイビングを満喫中です。一点訂正が必要な点を見つけたのですが、リロアンは空港のあるマクタンやA.S forna のあたりからなら、車で30〜45分くらいですね。タクシーだと200〜300ペソ見ておけばよいかと。渋滞がひどいときは倍という感じでしょうか。

    (0)
    • こんにちは、コメントありがとうございます。調べたのですが、リロアン(Liloan)はどうやらセブ島に2つあるようですね。おっしゃられる通りの北にある近場が一つ(パパキッズの近く)。もう一つはセブ島の最南端にもあるようです。恐らく、あきんこさんの今回の記事では最南端の方を指しているのではないかと思います。僕も勉強になりましたー。

      (0)

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。