フィリピン留学ホームシック克服・解消法

私はホームシックになるようなタイプじゃない!」っと海外留学する方の誰もが思っているのではないでしょうか。確かに1週間~2週間ぐらいの超短期留学であれば、すぐに帰国できることがわかっているのでホームシックになる方は少ないでしょう。

しかし、滞在期間が1ヶ月~半年以上ある方は、毎日の生活にゆとりが出てくるとホームシックにかかる場合があります。なぜホームシックになりやすいのか、解消するにはどうすればよいのか?

今回は「フィリピン留学」におけるホームシックについて、その原因と対策をご紹介したいと思います。

フィリピン留学でもホームシックは起こりえる

一般的にフィリピン留学は数ある海外留学の中でも、ホームシックになりにくい留学だと思われていますし、実際僕自身も傾向からみてそうだと思います。

その理由は「日本から近くすぐに帰れる環境にあること」、「日本人が学校内にいて、日本語で会話が出来ること」、「留学期間が短い方が多いこと」などがその要因です。

しかしながら、フィリピン留学をする方は他の欧米諸国へ留学する方に比べて「留学生が海外生活に慣れていない」という点も見逃すことは出来ません。

フィリピン留学する方は「海外留学が初めてというだけでなく、海外旅行自体が初めて」の方も多くいます。また、フィリピンという発展途上国を思わせる土地で(まあ、実際そうなのですが)、いきなり環境が整っていない施設に入ってしまった場合などは、一気に不安になり初日からホームシックにかかる場合もあるでしょう。

フィリピン留学でホームシックにかかりやすい状況と予防

1,EOP(イングリッシュオンリーポリシー)

EOPとは母国語を禁止した、英語しか話せない環境の事を指します。英語漬けになる環境としては良い環境である一方、英語しか話せない環境ゆえに初心者の方は口から英語が出てこない事に嫌気がさし、誰とも話さなくなり、部屋に閉じこもる方も少なくありません。

そんな状況ですからホームシックになる可能性は十分あります。

英語が口から話せないというのは思っている以上にストレスです。日本語も使えない環境であれば尚更です。

一気に英語力を伸ばすために「EOP漬け」を考えている方もいるかもしれませんが、フィリピン留学自体が初めてであれば最初は通常の学校、慣れたらEOP校に行くなど、ステップを踏むのが良いのではないでしょうか。(その方が挫折率も減るはずです。)

なお、EOP校を運営していた事がある方に話を聞いたことがありますが、EOP自体の効果は1ヶ月ぐらいたつと出て来るそうです。また、「TOEIC600点ぐらいから推奨です」ともお話がありました。

ご参考にしてみてください。

2,日本人が全くいない環境

欧米留学の話を聞いていると、日本人と交流が出来ない環境はしばしばホームシックの原因になったりします。EOPと同じような状況ですね。

とはいえ、フィリピン留学ではそういった学校を探すことは少し難しいでしょうか。日本人が少ない環境が好ましければ韓国資本の語学学校を選ぶ方が良いでしょう。

3,長期留学代を払った方

長期留学代を払ったからこそ代償が大きく、「このまま◯ヶ月もやっていけるのか?」という不安からホームシックになる方もいます。

留学スタイルでおすすめしたいのは、6ヶ月ぐらいの長期留学を検討している方も最長で3ヶ月ぐらいにしておき留学中の様子で延長を決めることです。

僕の場合は元々3ヶ月~4ヶ月を計画はしていたものの、やっていける自信があまりなかったので最初2ヶ月申し込み、そこから1ヶ月毎に更新していきました。

一括申し込みをすると割安になる学校もありますが、「ホームシック」や「学校が合わない」といったリスクがあることも忘れてはいけません。

4,スパルタ系で外出できない環境

スパルタというと通常授業自体がきついイメージがありますが、フィリピン留学ではそうではなく、単に拘束時間が長いことを意味している学校が多いです。

外に出たいのに規則で出られない、食べたいものが食べれない、おまけに学校でネットが使えず家族と会話ができない・・・というのが続くと、「日本に帰りたい」と思う方がいてもおかしくないでしょう。

5,留学生活が落ち着いてきたタイミング

1週間~2週間は慌ただしい留学生活をしているので気づかないのですが、落ち着き始めた時に考える時間ができ、ホームシックになり始める方は少なくありません。

このパターンは結構多いかと思います。

自分自身を振り返ってみると、2012年のフィリピン留学時は同じ留学生(日本人)と1日1回は会話する機会があったので、留学中に息苦しさを感じることはありませんでした。日本食も般若が近くにありましたので困ることもありませんでした。

しかしながら、2回目以降にセブ島に来た時は、フィリピン人の友達のホテルに泊まり、数日間外国人としか話をしない環境で過ごすことが何回もあったんですね。そういう環境の中で英語しか使わない生活をしていると、ふと「日本人と会話をしたい!」という気持ちになることも多かったです。

今思えばこれがホームシックに近い症状だったのではないかと思います。

海外留学のホームシックを解消するには?

1,日本食を食べる
2,現地の日本人と会話する
3,家族と連絡を取る(スカイプなどを使って)
4,ホームシックを考えることが出来ないぐらい忙しくする

などが解消方法として挙げられます。ホームシックになるかどうかは個人の過去の経験や現在置かれている環境によって異なります。仮にフィリピン留学でホームシックにかかったとしても、恥ずかしいことではありませんので、気にしないようにしましょう。

ホームシックになる前に家族と会話する機会を事前に設けておくのも、予防として効果があるかもしれませんね。

ホームシックを克服した方の体験談

ここからはいくつかの体験談を通じて、どのように海外留学生がホームシックを克服したのか?考え方や行動の参考例をご紹介します。

日本の文化が恋しくなってのホームシック

アイルランドの首都ダブリンに10月から翌8月まで、約10ヶ月間留学をしていました。英語を習得したいと思い、会社を退職してアイルランドに渡り、語学学校に通っていました。初めの4ヶ月間はホームステイをして、その後はシェアハウスに移りました。

そもそも出発前からホームシックになる兆候があり、出発の直前になって行くのが不安になって堪りませんでした。家族やペットと長期間離れることが初めてだったため、結局前夜は泣きながら出発しました。

着いた直後は温かい夫婦のいるホームステイ先にあたり、不安は治まったものの、やっぱり夜は寂しかったです。ところが一週間くらいしてくると、未知の環境が楽しくなりはじめて、ホームシックは治りました。

友達も出来て楽しくなってくると、ますますホームシックからは遠のいたのですが、シェアハウスに移り、だんだん未知の国の刺激にも慣れ始めると再びホームシックになりました。

だいたい5ヶ月になるかならないかの頃だったと思いますが、突然日本語をめいいっぱい話したい気分になったり、日本食を食べたくなったりと、家族や家のこと以外に日本の文化が恋しくなってホームシックにかかりました。

そのときの対処法は日本食レストランに行ったり、日本人の集まる場所に行ったりして克服しようとしたのですが、なかなか治りませんでした。

ダブリンは比較的田舎の街なので、東京などに比べると娯楽も限られてきてしまい、ショッピングなど少し物足りない気分にもなってきていました。

そのため、新しい体験をしようと思い気晴らしに旅行に出かけたり、公園で日向ぼっこをしたり、カフェやパブなどで美味しいものを食べるようにして気分転換をするようにしていました。また、年間を通してなかなか天気もよくない国なので滅入ることも多いため、日光にもよく当たるようにして乗り越えました。

ホームシックは、これまでの人間関係と隔てられることによってかかるのみならず、気象条件や体感温度、文化などの差も関わってくると思います。また、適応できるかどうかはその人次第なので、あまり周りと自分の適応力を比べないこともホームシックを和らげるには大事です。

ホームシックを克服するには、やはり家族や友達と連絡を取ることが一番の薬になったと思います。話を聞いてもらったり、普段どおりの何気ない会話をすることで随分気が楽になります。

また、自分の目標ややりたかったことを思い出してやる気を取り戻すのもよいかもしれません。ただ、この一回しか留学のチャンスがないと思わず、あまり気負いすぎず、寛容に気楽にやってみることも大事だと思います。

原点に立ち返る事でホームシックを克服

四年制大学を卒業後、中国の首都・北京に約1年間の語学留学をしました。
留学の目的は、中国語のさらなるレベルアップの為でした。大学入学後に第二外国語として中国語を学び始めた私はその魅力にすっかり嵌まってしまい、在学中は長期休暇を利用して短期留学を3回ほど経験しました。

しかし、学べば学ぶほど、留学すればするほどもっと中国語を理解できるようになりたいという思いが強くなるばかりで、とうとう、卒業後に1年間語学留学する事を決意したのです。

充実した留学にするために、日本にて留学をサポートする会社を利用し、渡航後から約1か月間のホームステイも契約しました。中国人の家庭に入れてもらい、会話力を効果的にレベルアップさせようと考えたからです。

万全な準備をし、9月の新学年・新学期開始に合わせて、8月下旬に渡航しました。期待で胸がはちきれそうだったのを今でも覚えています。

ところが、渡航後半月ほどたった辺りから、私はホームシックにかかってしまいました。

大学在学中の短期留学では、1か月間の留学も経験しており、ホームシックとは無縁であった私が、たった半月でホームシックになってしまった事に、自分自身でも驚きました。

直接的な原因は、ホームステイ中に感じた強烈な孤独でした。私が孤立してしまった切っ掛けは、ホストファミリーへの不信感からでした。きちんと会社を通してホームステイ契約を行い、ホストファミリーには私に昼食以外の1日2食を提供する義務があったのですが、賞味期限が1日以上過ぎたコンビニのパンを渡されるなど問題があったのです。

賞味期限に関する意識が日本ほど厳格でないといってしまえばそれまでですが、安全・安心な食事を提供する事が契約で義務付けられていた以上、この対応は問題であると感じ、ホストファミリーには拙いながらも中国語で、利用したサポート会社の現地オフィスと日本本社へ報告と苦情および改善要求を行いました。

しかし、結果は各所から無視をされる、或いは私の意見を信用してもらえないという散々な物でした。

外国の見知らぬ土地で、頼れる身内も知人もいない孤立無援の状態が、私にかつてない程の孤独感を与えたのです。そうして、その様な孤独にさいなまれた時、この先も約1年続くこの留学生活に、途轍もない不安と恐怖を感じてしまったのです。

食事への不信感から、私はホストファミリーとは一切食事をしないようになり、学校以外では常に一人で部屋に閉じこもって食事を済ませるようになりました。その状態が、孤独感を加速させました。

気が付けば「帰りたい」「寂しい」「つらい」という言葉が頭の中を駆け巡り、望郷の念が頭から離れないようになりました。だんだんと日本にいる家族に電話を掛ける事が多くなり、とにかく父母の声を求めて用がなくとも電話をするようになってしまいました。

留学前に友人が贈ってくれた手作りのパワーストーンのブレスレットを常に身に付けるようになり、人目のない所でそのブレスレットを握りしめ、涙を流す事も多々ありました。

このホームシックを克服するきっかけは、意外なところにありました。
ホームステイ先の部屋で、孤独に苛まれながら何気なく付けたテレビで、たまたま児童向けの『西遊記』のアニメが放送されていたのです。

中国古典『西遊記』こそ、私が中国に興味を持つきっかけとなった作品です。

中学生時代にその面白さに夢中になり、高校時代は『三国志演義』や中国史にも興味を持ち、大学では中国史を専攻、第二外国語は中国語を選択しました。中学以降の私の興味は、全て『西遊記』に端を発していたのです。

勿論、留学するに至った当時も『西遊記』に対する愛はしっかりとあり、そのアニメを見て、孫悟空の活躍に胸を躍らせる自分がいました。

勇ましいオープニングテーマが流れてきた時、私は自分が中国語を学びたいと思って今、中国の北京に来ているのだ、と再確認できたのです。

私は、この『西遊記』が好きだった。この『西遊記』を中国語で楽しみたくて、中国語を学び始めたんだ。中国の歴史も、文化も、もっと知りたくて、中国語を学び始めたんだ。そして、もっと深く知るために、中国語をレベルアップさせようとして、ここまで来たんだ。と、自分が留学を思い立った原点に立ち返る事が出来、気を取り直す事が出来たのです。

この時に触れたのが、中国語を学び始め留学を決意する原動力となったもので良かったと思っています。もしもこの時、下手に日本のモノに触れる事で孤独を癒そうとし続けていたとしたら、ホームシックはますます重症化し、留学を挫折していたかもしれません。

ホームシックを、原点に立ち返る事で克服した私は、その後も学習への高いモチベーションを維持し、留学を無事修了させる事が出来ました。

以上の経験から私が出来るホームシック対策のアドバイスは「原点に立ち返る」です。

留学が辛くなった時、何故自分は留学したいと思ったのか、原点に立ち返ってみてください。そうすれば、自ずと萎れた心が目標を取り戻し、活力を取り戻せるはずです。

私は大丈夫!と思っていたホームシック

私はオーストラリアへ留学へ行きました。
語学留学だったので、シェアハウスにお世話になりました。シェアハウスでは色んな国のかたがたくさんいて、たくさんの語学が飛び交います。

私は大丈夫!と思っていたホームシック。
身の回りのことが落ち着いてきてからホームシックになりました。

留学期間は1年。
私のなかでは長く長い時間でした。

中でも写真を持っていったのですが、写真だけではもの足りず、国際電話を使って、話をしてまぎらわしていました。
私から行く!と言った手前、泣いてはダメなのはわかっていたのですが、電話が繋がるまでドキドキ。。。

声を聞いたとき、お母さんの声を聞いたとき、ホッとしてひたすら泣いてもいました。

本当に家族と離れたらあかんな。。。
強くならないといけないな。。。

と思って、しっかりと友達と絆を深めてホームシックをまぎらわしていました。

シェアハウスでは、みんながみんな料理をするのですが私が担当したときには和食を作りました。
私のお母さんが作る味噌汁をみんなに作りました。やっぱりお母さんの作る味噌汁を真似することができず、悔しい思いをしました。

お母さんにとりあえず電話してみたのですが悔しくて泣きまくりました。家族に会いたい一心でシェアハウスで仲良くなった友達に、インターネットを繋いで顔を見て話することができました。

一時は自分でもびっくりするぐらいホームシックだった私ですが、段々と日がたつに連れて友達との時間も大切になりました。

いまを思うと、友達ともこういう風に一緒に生活出来るのは、もう二度とないだろなぁと思うになってから、友達との時間を大切にしました。言葉が最初は分からなかったのですが、段々と生活をする時間が長くなるほど、段々と心も通じあってきてとても毎日が充実してきました。

ホームシックがピークの時には泣きながら電話をして、友達にパソコンを繋いでもらい画像を見ては号泣してた私。

半年を過ぎると友達との時間が楽しくて楽しくて、電話をしては泣かずに今日あった、楽しかったことを笑顔で報告できるようになっていました。

帰るときには仲間と別れに号泣しました。そして、帰ってきたときには空港まで迎えに来てくれた家族をみて飛び付いていました。

この1年は私にとって長い時間でしたが人間的にも成長して、考え方も変わりました!

今ではシェアハウスで生活していた友達とちょこちょこ遊びにいったり、遊びに来てくれたり、仲間とも今ではかけがえのない時間を大切にしました。

この仲間とも、留学しなければ出会わなかったと思うと本当にいい時間をすごしたなぁとおもっています!

まとめ

フィリピン留学中にホームシックになるかどうかは、留学期間や環境、その他諸々の事情によって様々。事前に予防できるものは予防し、なった場合でも「ホームシックにかかること自体は当たり前」っと思い、上記の記事を参考にしてみてください。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表
からVIA
ソースあ,い,う

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。