バギオにある老舗語学学校「PINES(パインス)」に留学された方の体験談をご紹介します。

・お名前 HM
・ご年齢 40代
・ご職業 主婦
・通われた語学学校 PINES
・留学滞在期間 3ヶ月

1,なぜその学校を選んだのですか?

スパルタ式という言葉にひかれました。短期間で英語力をどうしてもアップさせたかったので、一日の授業数が多くて、マンツーマンクラスも多い学校ということで探しました。

PINESは通常一日10時間、希望すれば12時間というコースを受けることができます。とにかく朝から晩まで英語漬けの環境を作りたいと思っていました。

もちろんそのために一番いいのはアメリカやイギリスなど、英語圏で生活することでしょうが、それは費用的に無理だったため、自分の予算内で英語漬けという環境を考えたらフィリピンでスパルタ式の語学学校を選ぶという結論になりました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は?

中学高校と一応まじめに勉強してきたほうですので、基礎文法力はあると思っていました。

あとはスピーキングとヒアリングの力をつけたかったのですが、それは学校の授業に任せることにして、その前に自分に出来ることは何かと考えて、とりあえず語彙力を増やそうと思いました。

DUOという英語教材があるのですが、単語を例文の中で覚えるシステムになっています。留学を決めた3ヶ月前ぐらいから毎晩例文を読んで理解し、あいてる時間はひたすらCDを聞き流して耳を慣らしました。

参照:セブ島留学・旅行時の持ち物リスト

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは?

もちろんもっと勉強してから行けば、さらに留学で伸びたかもしれませんが、仕事をしていたので時間の制限もあるし、やれることはやったと思っています。

4,学校の施設はどうでしたか?

宿泊施設はホテルですが、日本のようなホテルを想像するとがっかりするかもしれません。

でも、PINESにいたときに、他の学校に行ったことのある人に数人会いましたが、もっとひどい設備の部屋を用意している語学学校もあるので、それと比べるとPINESはいいほうだということです。

私はあまり期待せずに行ったので、許容範囲内でした。朝から晩まで授業があって、部屋で過ごす時間は実際寝るときだけですので、よほど要求の高い人でなければ大丈夫だと思います。

具体的に書くと、シャワーのお湯の出が悪い(最初は熱いお湯が出るけど5分ぐらいでぬるくなっていくので、手早く浴びなければなりません)、部屋でネットが使えない(コンピュータールームで使えるけど、非常に遅い)、部屋が薄暗い(自習室で勉強して夜は寝るだけにすれば問題ない)、などです。

教室の設備については特に問題は感じませんでした。

洗濯サービスがあるのですが、1週間に何キロまでは無料と決まっていて、PINESでやってくれます。何キロだったか忘れましたが普通に着替える程度では超過料金になることはありません。

ただし強力な洗濯機で洗うためか、Tシャツや靴下など、かなりよれよれになり消耗が激しいので、持って行く服はおしゃれ着などはやめて、だめになってもいい服にしたほうがいいです。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

私が選択したのはPowerSpeakingコースで、1日8時間クラスのうち、4時間マンツーマン、4時間グループ(四人)レッスンで、さらに追加でオプション3時間とることができます。

Reading,Listening,Writing,Speakingの四本柱でカリキュラムが組まれています。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

最もためになったのはPatternというレッスンです。日常会話でよく使われて、使いまわしの効くフレーズが用意されているので、とにかくそのパターンを徹底的に覚えると、かなり会話の中に生かせるようになります。

すべてのテキストは1ヶ月で終わるように作られていて、留学期間が長くなればなるほどテキストが増えていき、帰国時には相当の量になるのでどうしても処分しなくてはならないのですが、みなPatternのテキストは一番役立つからと言って優先して持って帰っていました。

ためにならなかったのは、私の場合はWritingです。作文の授業なので、タイトルを出されてそれについて書いていき、添削してもらうだけです。授業中に書いて、終わったら提出して次回返却してもらうんですが、レッスン時間1時間、結局書いてるだけなので、時間がもったいないと思いました。

7,どんな先生が自分に合い、また合いませんでしたか?

私の望むことを的確に察してくれて、それに答えてくれる先生がよかった先生で、機械的にテキストどおりにすすめる先生は、物足りなかったです。

上手な先生は、こちらから主導的に話させるようにうまく話をふってきます。漠然とした質問ではなく、具体的な質問をしてきてくれるのでこちらも答えやすくなるのです。でも、上手くない先生のレッスンというのは、先生が勝手に1人でしゃべって終わりです。

7,食事内容はいかがでしたか?

3食ちゃんと出ます。PINESは韓国人生徒9割なので、韓国料理がメインですがふつうにおいしかったです。

8,インターネットの環境はどうでしたか?

ネットが使えるのは一室しかなくて、それもすごく遅かったので不便ですけど、ただ実際にはほんとに朝から晩までレッスンなので、ネットしている時間はないといえばないです。

どうしてもネットが欠かせない生活をしてる人には苦痛かもしれません。

9,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

他の学校の実際のところを知らないので比べられませんが、同じ値段でこれだけマンツーマン授業をたくさん受けることができるのは、メリットだと思います。

デメリットは、韓国人が9割以上なので、グループレッスンでは必ず韓国人3人、日本人自分1人というパターンになります。

韓国人の若い子たちは、親に言われて来てる子と、自分で本気で英語力アップしたいと思って来てる子と2パターンあるので、あまり熱心に勉強しない子たちとグループレッスンになってしまうと、おしゃべりだけで終わったりしてもったいない結果になってしまいます。

やる気のない子と一緒のクラスになってしまった場合は、スタッフに頼んでクラスを替えてもらうこともできます。

10,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

まず自分が、何をアップさせたいのかはっきりさせることです。会話力なのか、ヒアリング力なのか、文法をやり直したいのか、など。PINESの先生は熱心な人が多いです。こちらが何を勉強したいのか的確に伝えれば、応えようとしてくれます。でもこちらがどうなりたいのかが曖昧だと、向こうもテキストに沿って授業をするだけになります。授業を受けているだけでは英語力はアップしません。

11,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

フィリピンというと暑いイメージですが、PINESのあるバギオ市は高度が高くけっこう涼しいです。

私が行ったのは9-11月でしたが寒いと思うときもありました。行く前に天気予報などを調べて服を用意したほうがいいです。現地で調達可能ですが、到着したらすぐに授業が始まり平日は外出できないので買い物に行けません。

パインスのフェイスブック
https://www.facebook.com/PinesInternationalAcademy

パインス現地スタッフのブログ
http://pinesjapan.wordpress.com/

パインスHP
http://www.pinesacademy.com/

↓セブ島ならこちら↓
セブブルーオーシャンアカデミー|韓国資本パインスが運営するセブでは少ないセミスパルタ校

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント