EV Academyへのセブ島留学体験談

・お名前 RINGO
・ご年齢 当時26歳
・ご職業 旅行会社退職後、留学しました
・通われた語学学校 EV(イーブイ)/66 Gov. M. Cuenco Ave、Cebu City、6000 Cebu、フィリピン
・留学滞在期間 4週間

1,なぜその学校を選んだのですか?

インターネットで調べて、綺麗な設備を整ったカリキュラムが魅力的だったのでEVを選びました。
また勉強時間の長いカリキュラムだったので、短期間でみっちり勉強したい自分に合っていると思いました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は?

特に勉強の準備はしませんでした。また、アイテムも特に購入したものはありません。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは?

文法についての説明書を持っていけば良かったと思いました。文法に関しては現地の先生が英語で説明をしてくださっても十分に理解ができなくて苦労しました。

4,学校の施設はどうでしたか?

ウェブサイトの写真と大きなギャップがあったこと、また【セブで最も綺麗な施設】との口コミを読んでいただけに自分の中でのイメージとギャップがあり、始め1週間は少し落ち込みました。

まず建物は全体的に古く、プールはボウフラが沸いていて入れる状況ではありませんでした。バドミントンコートやバスケットコートは地面のコンクリートが割れており、一部では工事を行っており使うことさえできませんでした。

マッサージルームは予約の管理がずさんで、マッサージルームの都合で3回以上予約の取り直しをさせられることが当たり前のようです。

お手洗い事情も、トイレットペーパーをトイレに流せないのでゴミ箱に捨てなければならなかったり、トイレも度々故障してしまうのでバケツの水を使って流さなければならなかったりと酷かったです。

ただし、他にもフィリピンの留学を行ったことがある友達はすべてにおいて良い方だと話していました。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

6:00-8:00 単語テスト & 朝食
8:00-8:50 1時限 マンツーマン授業
8:50-9:40 2時限 マンツーマン授業
9:40-9:50 休憩時間
9:50-10:40 3時限 マンツーマン授業
10:40-11:30 4時限 小グループレッスン プレゼンテーション 5名
11:30-11:40 休憩時間
11:40-12:30 5時限 小グループレッスン ライティング 5名
12:30-13:30 昼食
13:30-14:20 6時限 小グループレッスン グラマー 5名
14:20-15:10 7時限 大グループレッスン リスニング 8名
15:10-15:20 休憩時間
15:20-16:10 8時限 大グループレッスン ディスカッション 8名
16:10-17:00 9時限 大グループレッスン イディオム 8名
17:00-18:00 夕食
18:00-20:00 監視付きの自習タイム

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

マンツーマンのクラスで、自分のことや出身国などのことについてのお題について自分なりの意見を英語で述べる授業が最もためになったと思います。

自分が意見を述べた後、先生の意見を聞いたり先生が私の意見に感想や返信をくれたりする自由度の高い授業だったのですが、話す力も身に付き、さらに先生とも仲良くなれたのでとても良い授業でした。

ためにならなかった授業は大グループのディスカッションの授業です。授業の内容はよかったと思うのですが、クラスにとても話の長い生徒がおり、1人舞台で授業が終わることが度々あり、退屈でした。

7,どんな先生が自分に合い、また合いませんでしたか?

様々なキャラクターの先生がいましたが、ほとんどの先生が自分に合っていたと思います。楽しく会話をしてくださる先生や、自分の実力以上のことを試してくれる先生、細かい私のミスも直してくださる先生が特に印象に残っています。

会わなかった先生は、ひたすらCDをかける先生です。日本でも、また一人でもCDを聞いた勉強はできるので、先生といる時間がもったいないと感じました。

7,食事内容はいかがでしたか?

3食ついていました。味はまあまあでした。韓国料理が多かったので、韓国料理や辛いものが苦手な人には辛かったと思います。

品数はメインに副菜1・2品、プラス汁物がついていました。ブッフェ形式だったので、食べる量は調節できてよかったと思います。

8,インターネットの環境はどうでしたか?

唯一カフェテリアでWi-Fiが飛んでいたのですが、電波がとても弱く繋がらないことが多々ありました。ほとんどの人が現地でポケットWi-Fiを購入していました。

私は友達のポケットWi-Fiを使わせてもらったり、早朝や深夜に誰もいないカフェテリアへ行ってインターネット電話をしたりして工夫していました。

9,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

最大のメリットは勉強時間の長さです。授業や自習時間を含む勉強の拘束時間や、必至で勉強しないとクリアできない課題などをいただける環境で勉強できたことは私にとって大きなメリットでした。

デメリットは清潔感に欠けることです。フィリピンなので仕方ないのかもしれませんが、食料を扱っている場所にハエが飛んでいたり、部屋の中にアリがいたり、お手洗いの床が常に濡れていたりしていたので、精神的にすこし辛かったです。

また度々お腹を壊し、薬が手放せませんでした。

10,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

勉強の拘束時間が長いので、それも含め、仲良くなった友達と楽しく乗り越えることだと思います。
生徒はほぼ韓国人と日本人なので、もともと英語が得意でなくても同じアジアとして気持ちが通じやすいと感じました。

11,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

1人部屋や相部屋と選ぶこと学校がほとんどかと思うのですが、3人部屋を利用し、同じ部屋になった2人とは特に仲が良くなったので、相部屋を希望して良かったと思っています。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント