ここではワーキングホリデーに行かれた方の体験談をご紹介いたします。

ワーキングホリデーの最大のメリットは、働きながら長く外国生活を体験できるというビザを取得できることです。
観光目的のビザであれば簡単に取得をすることが可能ですが、働くためのビザを取得するということはそう簡単に出来るものではありません。

しかし、ワーキングホリデービザであれば、年齢制限はあるものの特殊なスキルがなくても働くことができるビザを取得することができるので、十分な資金準備がなくても現地で働きながら海外生活をエンジョイすることができるというわけです。

二つ目のメリットに、国籍を問わず多くの友達を作ることが出来るということが挙げられます。

多くの方は、ワーキングホリデーを始めてすぐに英会話学校へ通うと思いますが、そこで日本人はもちろんのこと、外国人との出会いというものがあります。

語学学校は週末ごとにエクスカーションなどの学生が楽しめるイベントを催してくれることが多く、国籍の違う人達と交流をすることができます。

習慣や考え方の違いに戸惑うことも多いでしょうか、そこから学ぶことはたくさんあります。
また、彼らとの触れ合いを通して異文化を体感し、世界の広さというものを再認識することができます。
もちろん、彼らとは英語で意思疎通をしなければいけないので、彼らと友達になることで英語を話す機会も増え、英語のレベルアップにもつながります。

ワーキングホリデーで知り合える友達は、外国人だけにとどまりません。
外国では、日本人同士のつながりというのも大切で、日本人の友達がいることにより仕事の情報などを敏速に仕入れることができます。

実家を出るのは初めてという人の場合、県内の友達は多いものの県外の知り合いはあまりいないという方も多いと思いますが、全国各地からワーキングホリデービザを利用して訪れる方に出会えるので、全国に友達を作ることが出来ます。

日本に帰国した時に、友達の住む都道府県を渡り歩くなんていう楽しみ方もあります。

三つ目のメリットに、ワーキングホリデーで止まるのではなく、ビジネスビザや永住権につながるビザを取得できる可能性が広がるということが挙げられます。

日本を出て海外で働いてみたいという方も近年多くなっているように思いますが、ビザも何もない状態で海外に出たところで、ビジネスビザがなければ働くことはできません。

しかし、ワーキングホリデービザがあれば長期は無理でも短期であれば働くことが可能ですので、トライアル的に働いてみたところスカウトされてビジネスビザのスポンサーになってもらったという話をよく聞きます。

外国で働いてみたいけれど、その国が自分に合っているかわからないという不安をお持ちの方も、ワーキングホリデーで滞在することにより、実際に生活することで住みやすい国か否かということを実体験を通して判断できるはずです。

仕事を辞めて海外へ飛び立ったものの、仕事がなかったということや、自分が想像していたような国とは全く異なっていたというような後悔の念を抱くこともありません。

では、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
一つ目のデメリットは、日本に帰ってから仕事を見つけることが難しいということがあります。
正社員の仕事を辞めてワーキングホリデーを満喫して帰国をしたものの、いざ仕事探しを開始してみたところ、以前と同程度の給料をもらえるような職に就くことができないということや、そもそも正社員の仕事が見つからないという方も多いようです。

これは、ほとんどの方が感じるデメリットですので、ワーキングホリデーを検討している方は、帰国後のことをきちんと考えてワーキングホリデー生活をすることをお勧めします。

二つ目のデメリットは、外国での生活があまりにも楽しかったせいか燃え尽き症候群的な症状に悩まされる方が見受けられるという点です。

ワーキングホリデーのはしごではありませんが、バイトでお金を貯めては異なる国を滞在するという生活を続ける方もいますが、目的意識をきちんと持っていないと、とワーキングホリデービザを取得できる年齢を超えた時に、途方に暮れた状態になってしまう場合もありますので、この点に関しては気を付けた方が良いと思います。

三つ目のデメリットは、少々外国かぶれをした考え方になってしまうということです。
これは実際、自分自身も陥ってしまった点なのですが、何かにつけて「外国は良かった」と行った言動をしてしまい、周囲を不快にさせてしまうことが増えてしまいました。

その結果、離れてしまった友達も数人いたのですが、自分では自分が悪いということには全く気が付かず、私が様々な経験をしてきたことで、価値観が変わってしまったのだろうと、天狗になってしまったように思います。

たかが1年2年の外国の滞在で、私は外国生活の全てを知っているというような言動は慎むべきだったと反省していますし、当時の自分の勘違いさに恥ずかしい気持ちになります。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント