来年建設が始まる、セブ・コルドバ橋
http://www.sunstar.com.ph/cebu/local-news/2016/01/06/cebu-cordova-bridge-be-built-next-year-450196

フィリピン・セブ島に関する気になるニュースを毎週1つ、海外サイトからピックアップして、ご紹介していこうと思います。
今回は2016年1月6日のサンスターの記事です。セブ島に第三の橋が出来ると今まで言われ続けてきましたが、それがいよいよ現実となりそうですね!

来年建設が始まる、セブ・コルドバ橋

メトロパシフィック有料道路会社(Metro Pacific Tollways Development Corp. / MPTDC)は、セブ・コルドバ橋と呼ばれる、8.25キロの有料道路の建設を2017年に始め、2020年までに完成させる予定だと発表しました。

メトロ・パシフィック・インベストメンツ(Metro Pacific Investments Corp.)の子会社であるフィリピン証券取引所(MPTDC)に公開された話では、プロジェクトは、建設費と4年間のインフレを含み、約279億ペソかかると予想されています。

この金額はまた、料金所の建設や、オペレーティングシステムの実施、優先通行権のコスト、資金調達コストも含んでいます。資金は、地元の銀行からの借入金と出資を組み合わせて調達される予定です。

ジョイントベンチャー

メトロ・パシフィックは、セブ市とコルドバから、貸出の前提条件に応じることを条件に、橋の資金調達、設計、建設、実行、運営、整備のための資金提供をするという通知を受け取りました。「プロジェクトへの入札と比較提案の提出の案内」に書かれているように、2015年12月7日の締め切りまでに比較提案が出なかったため、資金提供の通知がメトロ・パシフィックに送られました。

発表では、企業の間の非法人型合弁事業として実施されるプロジェクトによって、セブ市とコルドバは、マルセロ・フェルナン(Marcelo Fernan)橋とマクタン・マンダウエ(Mactan-Mandaue)橋の交通渋滞を減少できると予想しています。

セブ市とコルドバを結ぶこのプロジェクトには、橋の主な構造、高架橋、高架道路、車道、料金所の建設が含まれています。この橋は、マクタン・マンダウエ橋の南約7.5キロの場所に建てられる予定で、セブ・サウス・コースタル・ロード(Cebu South Coastal Road)を起点に、マクタン海峡を越えて、マクタン島につながる予定です。

利点

セブ市のマイケル・ラマ(Michael Rama)市長は、新しい橋は、セブだけでなくリージョン7(セントラル・ビサヤ)地域全体の経済の原動力になって、奇跡を起こすだろうと言いました。

ラマ市長は、中部ビサヤ地方開発評議会の会長だった時に、同じくエリコ・アウメンタード(Erico Aumentado)故ボホール知事の計画であった、コルドバ橋、セブ・ジェタフェ(Cebu-Jetafe)橋、ボホール(Bohol)橋の建設を提案していたと言います。ラマ市長は、もしセブ・コルドバ橋とセブ・ボホール橋の両方が実現したら、お互いに補完し合うだろうと期待しています。

「このセブ・コルドバ橋は、セブ市とマクタン空港間の移動時間を短縮し、皆が経済的に得をするでしょう」、とラマ市長は言いました。

一方、コルドバのアデリノ・シトイ(Adelino Sitoy)市長は、三つ目の橋をセニョール・サント・ニーニョ(Señor Sto. Niño)橋と呼びたいと言います。三つ目の橋が実現したら、SMプライム・ホールディングスもまた1500ヘクタールの埋立開発を予定しているコルドバに、急速な経済発展を起こすだろうと期待しています。

翻訳元:Cebu-Cordova Bridge to be built next year
http://www.sunstar.com.ph/cebu/local-news/2016/01/06/cebu-cordova-bridge-be-built-next-year-450196

コメント

今までセブ島には2本の橋がかけられていました。その2本の橋は日本政府が援助して作ったものなのですが、今回の橋は民間の会社に委託するとのことです。有料の橋になるかと思いますが、価格はどの程度なのでしょうか。

2020年にこの橋が出来るとのことですので、恐らくSPRの不動産はかなり値上がりが予想されます。買えるコネクションがある方はラッキーでしょう。いや、むしろここはコルドバの不動産を抑えるべきなのかもしれませんね。

いずれにしてもセブ島に縁がある一人の旅行者としては、早くこの橋が出来て渋滞緩和に少しでも貢献してくれる事を願うばかりです。

といっても、4年以上先の話ですが・・・

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

海外ニュースの翻訳担当
沖縄県でフリーランスとして活動しておりますOffice Ninaと申します。タイムリーな記事を読みやすくお届けするのがモットーです!

フリーランスとしては記事翻訳の他、通訳、英会話レッスンなど行っています!詳細はOffice NINAのFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/Office-NINA

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。