SMEAGキャピタルに通われた方の留学体験談

・お名前 ゆきま
・ご年齢 27
・ご職業 会社員
・通われた語学学校 SMEAGキャピタル
・留学滞在期間 2015年6月〜7月末

1,なぜその学校を選んだのですか?

ネットでいろんな学校を調べました。一番時間がかかったのが学校選びです。フィリピンにはかなりの数の語学学校があるので、自分がなにを軸にするかというところで迷いました。

最終的に、設備がきれいな学校で、場所はセブ島、経営がしっかりしてそうなところという条件に決め、あとはネットに載っている写真などを見て、雰囲気の良さそうな学校を選びました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は?

単語の勉強を少ししたくらいで、力を入れてはやっていません。そもそも日本で勉強がはかどらないから留学をしたわけなので、ダラダラやっても意味がないと思ったからです。

勉強用のノートは持って行った方が良いと聞いていたので、たくさん持って行きました。もちろんフィリピンにも売っていますが紙が薄いのに高かったりします。
参照:セブ島留学・旅行時の持ち物はコレ

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは?

特に無かったです。ネットでフィリピン留学経験のある人の記事などをたくさん読み、準備していました。

4,学校の施設はどうでしたか?

事前に調べた通り、わりときれいな学校でした。もちろんフィリピンの基準でのきれいということですが、、2ヶ月なら我慢できるレベルでした。

特にトイレがわりときれいだったのが嬉しかったです。
ただベッドが固くて合わなかったり、外がうるさかったり、暑かったりと寝つきが悪い日が続きました。エアコン代が日本と同じくらいかかるので、扇風機を買ってしのいでいました。

水道水は口に含ませてもいけないのですが、歯磨きの時に使ってしまいお腹を壊しました。(お腹はかなり強い方ですが)
そのため、各階にウォーターサーバーがあり自由に利用できます。
洗濯は指定曜日に出せば洗ってくれますので便利です。
食事は土日も出ますし、週一回部屋の掃除も入るので、勉強に集中できる環境だ思います。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

私の場合はマンツーマン4コマ、四人クラス2コマ、大クラス3コマ くらいでした。

マンツーマンは私はスピーキングが苦手と伝えていたのでフリートークが多かったです。マンツーマンは希望を言えば融通してくれる感じです。

四人クラスは主にディスカッションです。先生や生徒が問題提起をしていろいろ話し合う感じです。テーマは恋愛からシリアスなものまで幅広かったです。

また先生やカリキュラムは途中で変えられるので、私も途中でTOEICコースに変えました。TOEICコースはかなりまじめに勉強する感じでした。毎週模試が受けられるのもこの学校の大きなポイントです。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

私の場合はマンツーマンでのフリートークとTOEICコースがためになりました。
外国人と意思疎通をした事が無かったので、英語力がなくてもなんとかコミュニケーションをとることで苦手意識がなくなりました。

TOEICコースはテキストベースでやるので、日本で勉強するのと変わらないという人もいますが、私の場合は英語でTOEICのやり方を学ぶことは日本でやるよりも圧倒的に伸びやすいと感じました。

日本の学校の先生の教え方と全然違うと思います。100点くらいならすぐ伸びると思います。

ためにならなかったとは言いませんが、イディオムの授業などは、基礎を勉強したい自分にはまだ早いかなと思い途中から行かなくなりました。

7,どんな先生が自分に合い、また合いませんでしたか?

気の短い先生は回答を待ってくれなかったりしてちょっと怖いですが、基本的に良い先生が多いと感じました。

マンツーマンで先生が合わない場合は変更できるので、変更している人も多かったですが私は一度もなかったです。私の先生は20代で同世代の女の子だったので話しやすく、意外とジョークのノリも合うのに驚きました。

中には先生の家に行ったりするくらい仲良くなっている生徒もいました。私は今でもたまにメールをしたりしています。

7,食事内容はいかがでしたか?

フィリピンの留学体験談などから食事はおいしくないというのが頭にあったので、想像してたほどまずくないと感じました。

この学校は日本人と韓国人の共同経営なので、食事も韓国料理と日本風料理半々くらいだったかとおもいます。ただ作っているのはフィリピン人なのでなに料理かよくわからないものもあります。

食事については徐々に慣れてきたという人が多かったです。ただ一番美味しかったのは、デザートによく出ていたマンゴーです。

8,インターネットの環境はどうでしたか?

WiFi環境はありますが、自分の部屋では使えません。

スピードは遅いですが、フィリピンなのでその点は仕方ないと諦めていました。部屋で使いたい人はWiFiルーターを買っている人が多かったです。

9,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

フィリピンの基準からすれば、管理が結構しっかりしている方ではないかと思います。大きい学校なので、自由度が高く自分のやりたいようにできると思います。

デメリットは特に無かったです。

10,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

健康や精神的なコントールをちゃんと自分でやることかと思います。

みんなお腹を壊すので、留学前からビオフェルミンを飲み留学中も飲み続けるのが良いと思います。
また学校が組んでくれる時間割は朝から晩までビッシリ授業が入ったものなので、自分で不要と思うものは参加せず自習に当てたり息抜きをしたりした方が良いと思います。

あんまりまじめにやりすぎると疲れてしまい、出席すること自体が目的になると意味がありません。人それぞれいろんなストレスを抱えており、途中で帰国してしまう人もいます。自分なりのやり方でやるのが良いと思います。

11,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

向上心のある人にとって留学はかなり意味があるものだと思います。語学だけではなく異文化で生活することで、得られるものはものすごく大きいものでした。

これまでの自分に失望したり可能性がみえたり、とても刺激的な経験だったと思います。留学ではあらゆることを感じ経験して、それを吸収できれば、決して単なる思い出では終わらないと思います。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント