フィリピン・セブ島の語学学校ターゲット

こんにちは。
TARGET Global English Academyの石原です。

今年一発目の記事となりますが、2016年もこうして無事にセブで迎える事ができました。1年は本当にあっという間に過ぎていきますが、1年で大きく変わっていく、成長できることもたくさんあるので今年も1年着実に前に進んでいきたいと思います。

今回は2016年のTARGETについてお話したいと思います。

初級者にこそTARGET

TARGETがスタートした2年8カ月前は日系の学校はまだ数えるほどしか無かったのですが、ここ1年程でセブにも多くの日系の学校ができました。

選択肢も多くなったことから「TARGETって一言でいうとどんな学校ですか?」と質問される事が増えました。TARGETには様々な特徴があるので一言で表現するのは非常に難しいですが、あえて言うなら

「初級者に強い学校」となります。

フィリピン留学ではスタートの時点では6~7割程度の方は初級者となっています。特に日系の学校を希望される方はその傾向が更に強くなるのではないかと思います。

初級者に強いというのは決して、講師のレベルが低いという意味ではありません。

講師にとって英語の基礎がしっかりしていない初級者を教えるのは、英語での説明がスムーズにできる中上級者を教えるよりも難しい面が多々あります。

初級者は理解できる単語数も限られているので、わからなかった場合はよりわかりやすい表現・単語を使ったり、的確なボディーランゲージなども必要になるなど高いスキルが要求されます。

その他、日本人の学生さんは講師が「わからない所はありますか?」と訊いた際、いまいち理解できてなくても「OK!」と答えたりします。
これは日本以外ではほぼあり得ない事なので、授業はそのまま進んでしまい、後で実は理解できていなかったという事がわかり、授業の進め方がいびつになってしまったりします。

TARGETでは、講師に日本人の特徴・マナーなどの研修も行っているので、そういった日本人特有の特徴も講師は熟知しているので、初級者の学生さんでも安心して勉強に集中できます。

初級者のために下記の特別なサポートを行っています。

1.日本語による勉強ガイダンス

入学時は英語初級者、卒業時にはグローバル人材。それがTARGETです

毎週月曜日の午後に新入生を対象とした、勉強方法を日本語で説明するガイダンスを通常のオリエンテーションとは別に開催しています。

フィリピン留学はマンツーマン授業が魅力で、日系の多くの学校ではオーダーメイドシステムといって、学生さんの希望に合わせて講師が授業を組み立ててくれるようになっています。

しかし、最初の授業で何が起こるかというと講師が「あなたはどんなべ勉強がしたいのですか?」と英語で訊いてきます。

初級者の人が英語で自分が何を勉強したいかを英語で適切に説明できるでしょうか?

頑張って「スピーキング、リスニング」程度は言えるかもしれませんが、その細かい所までは伝える事はできません。

学生さんは学校に行けばレールが敷かれていると考えている方が多いのですが、フィリピン留学では異なるケースが多くあります。自由というのが逆にあだになるケースもあります。

そこで、TARGETでは勉強ガイダンスを日本語で行うことにより、火曜日からの授業でいきなりつまづく事がないようにしています。

2.講師変更の際も日本語で的確なカウンセリングができる

入学時は英語初級者、卒業時にはグローバル人材。それがTARGETです

フィリピン留学は講師を変更できるという欧米留学にはない魅力があります。
しかし、ココも初級者には落とし穴があります。

何らかの希望があり、講師変更をしようとした際に学校によっては、英語で担当者に伝えないといけない事があります。初級者の場合は、英語で自分の希望を的確に伝える事はほぼ不可能です。

また、例え日本人スタッフがいたとしても、大型校であれば講師数は数百人となっており、顔と名前も一致していないケースが多々あります。逆に講師数が10-20人程度の小規模の学校では、講師を変更したくてもその選択肢が狭く希望の講師がいないケースも多くあります。

TARGETは、講師の最終面接、トレーニング、評価を全て日本人マネージャーがトータルにケアをしているために、全ての講師のティーチングスタイル、バックグランド、性格、長所・短所、最近のパフォーマンスまで把握しており、日本語でカウンセリングの後にご希望に叶う最適な講師を手配することができます。

TARGETには50~60人程度の講師が在籍しており、採用時も年齢、ティーチングスタイルなどなるべく幅広くなるように考えており、様々なニーズに応えられる講師陣になっています。

しかもTARGETは学生さん全員からアンケートを取っており、講師の評価を全てデータベース化しており1,000人を超える学生さんの生の声をもとに講師の特徴を捉える事ができているので、学生視線での評価ができ、生の声を元に講師の手配ができるのも大きな特徴です。

超短期の学生さんには高密度の授業を提供

社会人の方はなかなかまとまった休みを取る事ができませんが、それでも何とか休みを使って1~2週間留学をされる方が大勢いいらっしゃいます。
短期間の学生さんは、1時間でも多く授業を受けたいというご希望をお持ちです。
そこでTARGETは2週間以下の短期の学生さんを対象にどこよりも手厚いサービスを提供します。

1. 最初の月曜日は午後から授業

通常最初の月曜日はオリエンテーション、レベルチェックテスト、ショッピングで1日が終わり授業はありません。
しかし、TARGETでは2週以下の学生さんは午後から授業を受講していただけるので滞在時間を無駄にしません。

2. 授業日数保証制度

フィリピンは祝日が非常に多い国でもあります。そして年の途中でも、政府が祝日を突然増やしたりすることがあります。
ほとんどの学校では祝日は通常授業がありません。

長期の学生さんであればあまり気にする必要はないのですが、2週以下の学生さんにとっては、この祝日は授業がなくなるので痛いです。
そこで、TARGETは今年より2週間以下の学生さんには祝日であってもマンツーマン授業を6時間無料で提供します。(LITE4コースの学生さんは4時間)

これにより、例え政府がいきなり祝日を増やしたとしても授業を受けられるので安心です。
※年末年始の2週間に関しては特別集中コースを開催するので対象外となります。

3. 土日、祝日でも追加マンツーマン授業手配可能

これは全学生さんが対象となりますが、土日・祝日(年末年始除く)でも1時間350ペソ(約850円)で最大1日6時間まで追加マンツーマン授業の手配が可能です。

特に短期滞在の方は土日もマンツーマン授業を受ける事ができますので、滞在中最大限授業を受けていただけます。

台湾人の学生受け入れ強化

target-2016-no18_03

TARGETは開講当初より日本人の学生さんがほぼ100%という状況で運営していました。

しかし、やはり外国の学生さんとも交流したいという声がありましたので、去年の後半より台湾人の学生さんの受け入れを開始しました。
現在15%~20%が台湾からの学生さんとなっており、2016年は25%~30%程度までその比率を上げていきたいと考えています。

台湾の方は非常に親日的で、TARGETにいらっしゃる学生さんは日本人の学生さんと勉強したいという事で入学している方達ですので、学生間の交流も非常に活発に行われており、更に英語を使うチャンスが増えて留学の満足度を上げる事が出来ています。

卒業後の進路をサポートします

語学学校というのは、人生の目標ではなく、あくまでもその目標に到達するための通過点です。

既に卒業後の進路がきっちり決まっている方以外に、まだ漠然としか決まっていないという学生さんも非常に多くいらっしゃいます。
ですが、現状多くの語学学校では、卒業後の事はサポートできませんというスタンスです。

しかし、TARGETは今年より進路サポートを更に積極的に行っていきます。

1. オーストラリア留学サポート

TARGET卒業後はオーストラリアに留学・ワーキングホリデーに行きたいという学生さんも多くいらっしゃいます。
僕はオーストラリア在住歴&留学カウンセラー歴8年の経験を持ちますので、オーストラリア留学のサポートがいつでも可能です。

現地生活情報提供はもちろん、学校やホームステイ・学生寮手配、ビザ取得サポート、有給ホテルインターンシップ手配、銀行口座開設サポートを行うことができます。

また、TARGETはメルボルン、シドニー、ブリスベンに日本人スタッフ常駐のサポートデスクがあり、オーストラリア到着後のサポートもお任せください。

2. 東南アジアで就職サポート

TARGETで伸ばした英語力と、フィリピンでの経験を活かしてマレーシア、シンガポール、フィリピン、ベトナムなので東南アジアで就職したいという学生さんも多くいらっしゃいます。
そこで、TARGETでは毎月「東南アジア就職セミナー」を開催しています。

こちらのセミナーに参加して、仕事紹介を受けて既に実際に東南アジアで就職されている卒業生も沢山いらっしゃいます。
TARGETに入学した時は初級だった英語レベルもビジネスレベルになり、卒業後はグローバル人材になっていくその成長を見られるのは、学校関係者として非常に嬉しく誇りに思います。

3. アメリカでのインターンシップサポート

やはり、目指すはアメリカ!アメリカでビジネス経験を積みたい!
そういう方もサポート可能です。

都市もロサンゼルスかニューヨークとなり、将に憧れの都市でのお仕事となり、お仕事内容は主にオフィスでのお仕事となります(ご自身の経歴が関係してきます)。

アメリカにはワーキングホリデービザが無いのですが、37歳程度までであれば、最大1.5年有給でしっかり働けるJ-1ビザというビザを利用できます。

このJ-1ビザは政府から指定された会社のみが手配できる特別なビザですが、TARGETは指定会社と提携していますのでサポートが可能です。

以上のように、TARGETは入学時は英語力初級でも、卒業時はグローバル人材として活躍できるチャンスが用意されています。そして、既に数多くの卒業生が世界で活躍をしていています。

TARGETは夢を実現できる学校

TARGETには豪華な設備はありません。欧米ネイティブの講師もいません。写真などでビジュアル的にパッと見せられる特徴がありません。

しかし、留学の本来の目的である、英語力アップ、海外経験、そして将来グローバル人材として活躍したいという夢を叶えるサポート体制はどこよりも揃っていると自負しています。

もちろん、まだまだ完璧からはほど遠いですが、日々改善を行い、2016年は更に学生さんの満足度を上げられる学校にしていきます。今はまだ英語初級者だけど、将来はグローバル人材として活躍したいという方に是非来ていただきたいと思います。

TARGET Global English Academy
石原智之

↓ターゲットの詳細はこちらをクリック↓
【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

ターゲット(TARGET)の代表

2006年よりワーキングホリデーでオーストラリアに渡り、留学エージェントにて勤務し、その後オーストラリア永住権を取得。2013年からオーストラリア留学エージェントを運営しつつセブ島で語学学校「TARGET」の副代表に就任し、2016年より現職。

3,000人以上の留学生のサポートと9年の海外生活を通して日本人に求められている英語は「世界で通じる英語力」であると確信して、より良い学校作りを日々目指しています。

また、僕はオーストラリア留学サポートもでき、TARGETはオーストラリアにもオフィスがありますので2カ国留学もお任せ下さい。

石原智之氏の記事一覧へ

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。