ファーストイングリッシュ

ファーストイングリッシュへの留学体験談

・お名前 cate
・ご年齢 24
・ご職業 会社員
・通われた語学学校 first english global college
・留学滞在期間 2015年1月から4月まで

1,なぜその学校を選んだのですか?

もともとセブ島には行った事があって、その時にクリムゾンホテルに滞在しました。その際に、ファーストイングリッシュのことを知って、リゾートからも近く、セブは物価も安いとあって、セブ島にある、この学校に決めました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は?

セブに行く前から、この後にオーストラリアに行く予定にしていたので、レジュメの書き方や、海外で仕事を始めるにあたって、ビジネス英語の勉強はしていました。

あとは、ご飯の時に食べるふりかけや、常夏の国なのでビーチサンダルなどです。実際セブでは、ビーチサンダルしか履いていませんでした。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは?

ある程度勉強が進んでくると、最初に持ってきていた本や教材ではたりなくなってしまいました。なので日本を離れる前には難しいような本やテキストでも買って、準備してくる事をお勧めします。

4,学校の施設はどうでしたか?

セブは湿度も高く、昼間は物凄く暑かったですが、教室内はエアコンが効いていて快適な中で勉強する事が出来ました。また1人ひとつ勉強のためのデスクもあたえられて、そこにいくと集中して勉強する事が出来ました。

学校の敷地内に寮があって、教室とお部屋までは1分かからず移動する事が出来ました。また部屋の中にもエアコンがあって、夜でも快適に過ごせました。ただ電気代が週の決められた代金よりもあがってしまうと、その分は翌週に各自清算なのでその点だけ注意しておけば大丈夫でした。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

朝8時からクラスが始まるんですが、その前に10分間単語テストがありました。朝から4時間、午後から4時間クラスがあります。私はその中で、4時間マンツーマン、4時間グループレッスンにしていました。

人によっては全部マンツーマンにしている人もいました。授業内容は、瞬間的に日本語の文章を見て英語に訳すものだったり、苦手な発音を矯正してもらったりというのがマンツーマンクラスでした。

グループクラスでは、プレゼンテーションやディベートのクラスがあり、同じくらいのレベルの人たちと会話しながら、良い言い回し、逆におかしいと思うところを指摘し合って勉強する事が出来ました。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

私が一番好きだった授業は瞬間翻訳のビジネスレベルのクラスです。最初の頃は簡単な文法ばかりで全くためにならないんじゃないかと思っていたんですが、だんたんと難しくて、今まで知らなかった文法もでてきて楽しくなってきました。今でもこの時の授業が役に立っているなと実感する場面はよくあります。

あまり自分の勉強法にあっていないなと思ったのが、プレゼンテーションのクラスでした。授業の準備をパワーポイントなどで作らなければいけなかったんですが、それに時間がとられて、他の事をやる時間が減ってしまいました。もちろん自分の意見を発表するのは良かったんですが、授業の準備が大変でした。

7,どんな先生が自分に合い、また合いませんでしたか?

ファーストイングリッシュでは、バディーティーチャーというのがいて、入学した時にその先生が決まります。

その先生とは入学時から卒業までずっと一緒に1日1時間復習の時間を設けて勉強します。私にはそのバディティーチャーが一番合っていて、良い先生でした。わからないことはなんでも聞けますし、自分のやりたい事を伝えると一生懸命その準備をしてくれます。

なので他の先生とレッスンをして、よく理解できなかった事は全部その先生に聞いて、わからない事をなくす、という感じでした。

逆に、あまり合わないなと思った先生は、あまりにも高すぎるテンションの先生です。授業中常にハイトーンボイスで喋られて、その中での1時間は苦痛でした。

7,食事内容はいかがでしたか?

入寮した次の日からご飯は3食でました。朝はパンやフルーツ、シリアルが多かったです。お昼が一番美味しくて、日本人好みのメニューが多かった気がします。夜は一汁三菜で、おかずの量は少なかったですが、女性にはちょうど良いくらいでした。男性には少ないような気がします。

週末はご飯がでないので、よく外に食べに行きました。物価も安いので日本円で1000円くらいで美味しいものが食べられました。

8,インターネットの環境はどうでしたか?

学校のwifiがずっと使えて快適なネット環境でした。ただ、夜の時間帯、生徒達が一斉にwifiを使うと重くなる事もありましたが、その時間帯さえずらしたら、そんなに苦痛ではなかったです。

9,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

メリットは学校の近くに遊び場がないので、平日の夜は集中して勉強ができるところです。遊びにいくために乗り物を3回乗り換えてセブシティまででないといけなかったので、週末時間がある時しか出かけられませんでした。

デメリットはグループレッスンの先生が決められていて、自由に先生を選べなかった事です。
マンツーマンクラスだと、自分の合う先生を選んでスケジュールを組み立てられるんですが、グループレッスンは先生が決まっていて、その中で選ばないといけないので、もしそのグループレッスンをとりたくても、先生が自分に合わない先生だと、二者択一になってました。

10,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

学校から配られる教材だけだと足りないと思うので、日本の充実した本屋さんで自分にあった教材をいくつか持ち込む事だと思います。

文法クラス、ボキャブラリークラスというのはないので、全て個人での学習になります。難しい言い回しや、ハイレベルなボキャブラリーがのっている教材を持って行く事は大事だと思います。

11,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

私は、ジプニーに乗っている時に、持っていたバッグをナイフのような鋭利なもので切られて、中に入れていたスマートフォンを盗られました。

幸いスマートフォンだけで、財布や他のiPhoneは盗られなかったんですが、ジプニーに乗っている時は全く気づきませんでした。

気付いたのは学校に帰ってきてからです。なので、日本とは違ってまだまだ設備も整っていないところなので、しっかりと気を引き締めていかないと怖い思いをすると思います。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント