アキ
26歳
看護師
CIJ(Cebu International Language Junior School)
留学期間:3か月

1,CIAに決めた理由

フィリピンにはたくさんの語学学校があり、どれも格安だったのでかなり絞り込むのは大変でしたが、まず治安が良い事、マンツーマンレッスンがあるところ、そして施設が清潔であることからこの学校を選びました。

他の生徒も、ほとんどの人は「エージェントの人が、この学校が一番施設が整っていて清潔と言っていた」との理由でこの学校に決めていました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は?

電子辞書、文法書(日本語説明)、単語の本、英語での会話集。特に現地で手に入らないのは文法書で、現地の先生から文法を学んでもその説明が英語なので、日本語の文法書は必須でした。文法書を持ってきていなくて、実家から送ってもらう人や卒業した人からもらう学生もいるほど!

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは?

ルーズリーフやノートです。現地で手に入るものはとにかく質が悪くて、重くても持ってきておけばよかったとつくづく思いました。

ペンなどの筆記用具もとにかく質が悪くて、日本のものに慣れていると私は不快でした。ちなみに日本の製品はフィリピンの先生にもすごく評判が良いので、卒業するときにペンやノートを頂戴!という人もいました!(笑)

4,学校の施設はどうでしたか?

部屋は3人部屋でしたが、ベッドは大きく、机もあって快適でした。私はルームメイトが2人とも日本人の生徒だったので生活のリズムやコミュニケーションも問題なかったです。

日中に部屋を掃除してくれるハウスキーパーも入ってくれて床掃除やごみ捨てをしてくれましたが、現金を盗まれてしまった人もいたので、絶対に鍵がかかるスーツケースをお勧めします。

学校の教室はマンツーマンで狭いところでした。クーラーがありますが効きすぎていて寒くて風邪をひく生徒もいたので、一年中半袖の国ですが日本から来る人は羽織るものやパーカーを持っていくべきです!(ショッピングモールやカフェも寒い!)あと、教室や部屋、どこかしこに蚊がいます。

フィリピンではデング熱というウィルスを媒介する蚊もいるので、虫よけスプレーを持って行ったのですが、ムヒも持ってくればよかった!!!と後悔したのでぜひ持って行ったほうがいいです。ちなみに現地の人は蚊に刺されたらアルコール(手指消毒剤)を塗ります。それでおしまい。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

一日7コマ、50分授業で、希望すればもう一コマ受けられました。マンツーマンの数は選べて、私は6コマをマンツーマンとし、一コマをグループレッスンにしました。ネイティブの先生は少なかったので、ネイティブはマンツーマンレッスンを受けられなかったです。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

私はフィリピンでの留学後は直接オーストラリアへワーキングホリデーに行くことが決まっていたので、ワーキングホリデーに特化した授業を選択しましたが、これが一番役に立ちました。

英語での履歴書作成や、バイトの面接の練習をして、そのおかげでオーストラリアで仕事を探すときにスムーズに仕事を探すことができました。

ためにならなかった授業は特にありません。なぜなら毎週先生を変えても良い、という選択方式で、つまらないと感じた先生や授業を変更することができたからです。

変更することに対してフィリピンの先生は気にしていなかったので、みんな気軽に授業を変えたりすることができました。私は最初の一か月は文法の授業を重点にしていましたが最期は会話を楽しめる先生ばかり選択していました。

7,どんな先生が自分に合い、また合いませんでしたか?

私の話す英語が間違っていても、修正してくれない先生もいました。自分で気づいて修正する、といった感じになっていましたが、先生も言いにくいと感じていることがあるので、私は初対面の先生には間違いをその場で直してほしい、と伝えていました。

あと、聞き役にばかり回る先生が私には合わなかったです。聞かれたことに答えながら会話をするほうがラクでした。

7,食事内容はいかがでしたか?

3食、休みの日も含めて出ました。朝はパンやフレンチトースト、スープなど、昼と夜は韓国風・日本風・フィリピン風の料理でした。

味は、、美味しくなくはないけれども、当たりはずれがあったので、外で外食したりする人もいました。美味しくなくてインスタントラーメンを食べることもありました。日本から塩やしょうゆを持ってくる人もいるほどでした。(味をごまかすために)

8,インターネットの環境はどうでしたか?

廊下だけWi-Fiが入っていました。なので、オフラインで使えるアプリをみんなで教えあっていました。部屋では時々・・・入る、といった感じです。

私はWi-Fi利用できる形態と、SIMフリー携帯を持って行ったので、現地でSIMを購入してそちらを使用していました。正直、SIMフリーを持って行ってよかったと思いました。かなりWi-Fiは不安定でしたので。

9,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

メリットは先生が多く、自分に合う先生を選べることと施設が清潔であること。デメリットは、日本人が多い事です。

10,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

日本人とつるむのは仕方がないことだと思います。でも、何をしに来たかを忘れてしまって、授業に出なくなって、フィリピンのリゾート島や海にばかり繰り出してしまう友人がいました。

飲み屋やカラオケもあるので、先生や韓国人と固まって遊びに行って朝方帰ってきて、授業は寝過ごす、そんな風景もみられます。それが嫌でスパルタ校(外出禁止、一日10コマの学校)に、追加料金を払って移動する生徒もいました。

なのでとにかく自分の意思を強く持って、遊ぶ時と勉強するためのメリハリをつけるべきです。留学中なのにお金が無くなって帰らなければならなくなった人もいました(電気代が払えず)。本末転倒になってしまわないよう、とにかく授業は受ける!と決めてきたほうがいいと思います。

11,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

フィリピンではカルチャーショックもあるかと思いますが、フィリピン人は明るくて気さくで楽天的な素敵な人が多いので、先生・生徒としてだけでなく友人にも慣れると思います。思い切りエンジョイしてください!

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。