techinasia.com
techinasia.com

techinasia.comにGrabTaxiならぬGrabBikeについての興味深い情報が書かれていたのでご紹介したいと思います。

フィリピン政府がグラブバイクの営業停止へ

フィリピン政府は、アプリを使った配車ベンチャーであるグラブタクシー(GrabTaxi)が提供しているバイクを使ったサービス「グラブバイク(GrabBike)」を、ガイドラインが発表されるまでの間営業停止するよう命じました。

現地報道によりますと、フィリピンの陸上交通許認可規制委員会は1月21日にこの命令を下し、グラブタクシー社は受領から5日のうちに命令に従わなければなりません。

陸上交通許認可規制委員会は、期限内に命令に従わない場合は同社の交通ネットワーク企業としての認証評価の取り消しもあり得ると警告しています。

「安全性に関する問題は差し置いても、二輪車やバイクは当委員会も運輸通信省も、交通手段のひとつとして公的に提供してよいと認められたものではありません」と、陸上交通許認可規制委員会はグラブタクシーに伝えたと言われています。

グラブタクシーはフィリピンでタクシーや自家用車(グラブカー)、ヘリコプター(グラブヘリ)の予約サービスを提供しています。同社は11月に主要な都市でグラブバイクのパイロット試験(テスト営業)を開始したばかりでした。

この問題があるまでは同社は常に政府と密接に調整をし、法令に則ってきました。彼らはフィリピンで最初に交通ネットワーク企業としての認証を得た会社でさえあったのです。

グラブバイクの国内マーケティング部長であるクリス・リム(Khriz Lim)さんに、この命令に従うつもりかを質問したところ、Tech in Asiaに対し「グラブバイクのチームは現在、当社の営業について指摘された事項を陸上交通許認可規制委員会と協議中です。政府や交通産業関係者と協力していきます」と答えました。

また彼女は「グラブバイクは利便性と安全性に重きを置いており、マニラの交通問題を解決するという共通の目標に向かって陸上交通許認可規制委員会と継続して協力していきます」と付け加えました。

しかしこの記事が更新された時点ではグラブバイクはまだ、グラブタクシーのアプリから使用可能になっています。

(1月28日に更新、グラブバイクの声明を追加)

コメント:

Nadine Freischlad(6日前)
なかなか面白いわね。フィリピンは東南アジア諸国の中でも、交通ネットワークのビジネスモデルの理解や順応は群を抜いているみたいだけど、その矢先にこれなのね。グラブカーやウーバーと何が違うって言うの?

Leslie Mok(6日前)
全く同意。もっと言うなら、安全じゃないならなんでバイクの二人乗りが許されてるの?理論の破たんね。

Fahmi Bodi(6日前)
グラブタクシーが気に留めるかどうかさえ疑問だね。結局車が稼ぎ頭だし、知らない人のバイクの後ろに乗りたいやつなんている?ウーバーは車しかやってないから影響はないだろうね。

Kam Chuanhui(5日前)
マニラは、ジャカルタと同じで渋滞もひどいし低所得者が多いんだ。そんなところでバイクを使うとかなり目立つだろうね。

zo azu(5日前)
君はマニラで渋滞にはまったことがないんだろうね。交通インフラが全く整備されてないところでは、バイクに乗った方が目的地に10倍速く着けるよ。

Valeri Inting(5日前)
ふむ、私はグラブタクシーが悪いと思うけど。フィリピンはインドネシアやベトナムと違ってスクーターやバイクはそんなにメジャーな交通手段ではないもの。全ての道路にバイク用のレーンがあるわけでもないし、乗ってる時にどうやって安全を確保するかなんてみんな慣れてもいないし。

アジアの他の国と同じようにフィリピンでグラブバイクを提供しようとすること自体、ビジネスを広げようとしている国の現地事情を理解してない証拠ね。

Judith Balea(5日前)
私は、政府がここで協調したいのは安全性ということに尽きると思うの。ジャカルタやベトナムと違ってマニラでは、バイクは一般的な交通手段ではないし、交通事故の多くにバイクが関連していることも述べられているわ。政府はグラブバイクを禁止しているわけではなくて、明確なルールを決めるまでは営業停止としているだけよ。

Kiki Ahmadi(4日前)
これは、インドネシアの交通省が相乗りアプリを禁止したのとほとんど同じ考え方だ。この禁止命令についてみんなどんなリアクションしてるか報道されてる?

Graeme Perkins(5日前)
成長を遅らせる方法を見つけるなんて、よくやったね、陸上交通許認可規制委員会。

Rishav Kumar(5日前)
これはテクノロジーが法を追い越しちゃう典型だね。この場合、テクノロジーを考慮しながら法律を改正するべきなんだ。グラブタクシーはロビー運動をがんばらないといけないだろうな。これはインドでも直面している状況で、交通サービスを提供している企業がなんらかの法を犯したとして通知を受け取っているんだ。これは短期的な現象にすぎないよ。

David Corbin(5日前)
グラブタクシーにはきついね。法を犯したために営業停止になるんじゃなくて、法が存在しないからダメなんてね。

Judith Balea(5日前)
グラブバイクのいいようにことは丸く収まると思うわ。考えてみればわかると思うけど、フィリピンはアプリを使う配車ベンチャーに最も順応してきた国なのよ。

Kenneth Bastian(6日前)
フィリピン市街地のバイクは今、多くの犯罪に使われていることもあってかなり厳しく監視されている。一方、郊外では舗装されていない道を走るのに便利だからといってバイクを公共交通機関として頻繁に使用しているんだ。

Ben Tan(5日前)
驚いたね。バイクが犯罪に使われているって、じゃあ車は?そのつながりがよくわからないね。

参照元:https://www.techinasia.com/philippines-government-stops-grabbike
その他:http://www.philstar.com/headlines/2016/01/27/1546923/ltfrb-orders-suspension-grabbike-service

翻訳:nina

コメント

このニュースを読んだ時、そもそもGrabBikeなるものがあるのかー、っと驚きました。セブ島では恐らくまだ導入されていませんが、マニラでは既に稼働しているとのとこと。

セブ島も最近はアヤラモール周りを中心に、かなり交通渋滞が激しくなってきているのでバイクは非常に役に立ちます。僕自身も今まではほとんどタクシーで済ませてきましたが、2015年の12月は現地の繁忙期ということもありタクシーが捕まらない状況、そのためバイクに乗る機会が何回かありました(現地慣れしていない方には危険ですので推奨できません)。

バイクで怖いのは道路の安全性と、連れ去られてしまうのではないかという危険性だと思います。日本人が使うことは稀だと思いますが、フィリピン人女性は使う機会が多いと思いますので、彼女たちにとってはこのグラブバイクの存在は大いに意味があるのではないでしょうか。

僕個人としてもセブ島でGrabBikeが使えるなら利用したいと思っている一人です。

斉藤

*ちなみにフィリピンにグラブタクシーを導入したのは女性のこの方です。
【週末ニュース】性別による見えない壁を打ち破った10人のフィリピン人女性起業家たち

グラブタクシーの使い方についてはこちらでもご紹介しています。
【2016年版】セブ島2大モールのタクシー乗り場攻略法~グラブタクシーの使い方まで~

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

海外ニュースの翻訳担当
沖縄県でフリーランスとして活動しておりますOffice Ninaと申します。タイムリーな記事を読みやすくお届けするのがモットーです!

フリーランスとしては記事翻訳の他、通訳、英会話レッスンなど行っています!詳細はOffice NINAのFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/Office-NINA

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。