フィリピン留学が欧米留学に勝てるポイント!就活時、企業に何をアピールすれば良いのか?

たくさんの留学国があるにも関わらず、あなたはどうしてフィリピンを選びましたか?

最も多い答えとしては、「生活費や授業料が安いから」や「近いから」が挙げられるかもしれませんね。

私は仕事柄、留学生活を就職に結びつけるよう指導している立場の人間なので、今回はフィリピン留学をどのように就活でアピールできるのかについて述べてみたいと思います。

まずフィリピンについてです。

意外と知られていませんが、実はフィリピンは、アメリカ、イギリスに次ぐ、世界で3番目に英語を話す人口が多い国だということをご存じでしょうか?

今、フィリピン留学は、英語を学ぶ国として密かにブームになりつつあります。
その理由として代表的な理由は下記の3つです。

●「学費と滞在費が欧米の半分以下」
●「語学学校の授業の大半がマンツーマンで格安」
●「アジアのため欧米と比べ精神的文化的に親近感があり暮らしやすい」

フィリピンは英語が公用語です。最近欧米企業はコールセンターをインドからフィリピンに移す会社も多いようです。
治安に関しても、あまり良いイメージを持っていない方もいますが、観光都市のセブなどでは、政府の治安対策なども厳重になされているため、多くの観光客が安心して訪れています。

またフィリピン留学をした人達の共通した意見をまとめると、「気候も暖かく、魅力的なリゾートも満喫できた」「人が親切で人懐っこい」という声です。

それらを考えてみても、「欧米に比べて費用は安いし、距離的にも近い」わけですから、益々留学する人が増えてきても不思議ではありませんね。

最近では、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのワーキングホリデーに参加する前に、2、3か月フィリピン留学をして、マンツーマンでしっかり英語を準備していく人も増えています。

逆に、上記の国々でワーホリを体験した後に、語学力の習得状況に満足できずに、最後にフィリピンでしっかり英語を勉強して帰国する人も増えています。

このようにフィリピンは、留学国としてもなかなか面白い位置づけになっているようです。今後の動向が益々楽しみな留学国の一つだと私は見ています。

企業へのアピール方法

では、そのようなフィリピン留学の経験を企業にどのようにアピールするかについて、私なりの考えを述べたいと思います。

まず、企業の採用担当官からすると、求職者がフィリピン留学をしたと知った際に最初に考えることは、「なぜこの人は留学するのに、欧米でなくフィリピンを選んだのだろうか?」ということでしょう。

そのときに「生活費や授業料が安いからです」と述べるだけでは、アピール力に弱いでしょう。
採用担当官によっては、英語を学ぶのに、欧米ならまだしも、フィリピンで学ぶということ自体、あまり理解ができない人もいるかもしれません。

まず企業にアピールする際に必要なことは、企業視点で考えてみることが重要です。つまり企業はどんな人を望んでいるのか、という視点から考えてみるのです。

第2回のコラムでも書きましたが、留学生に対して企業が求める要素を覚えていますか?
(参照:「企業が海外留学生に何を期待しているか」あなたは本当にご存じですか?

その中に、「語学力」のほか、「ストレス対応力」や「チャレンジ精神」もありましたね。

私はフィリピン留学をする人には、この二つをアピールすると良いのではないかと考えています。

つまり、欧米でなくフィリピンを選んだ理由としては、

●欧米に比べて生活や住環境も不慣れで不便な部分も多いので、これまで何不自由なく日本で暮らしてきた自分が、敢えてそのような不便な環境の中に身を置くことで、苦労をする分、気づきや学ぶべき点も多いし、より自分の成長が見込めると考えたから。
 
●すでに発展している国ではなく、これから発展していく国を今この若い時期に見ておくことは、今後の自分の成長にとっても必ずやプラスになるし、役立つと思えたから。

まず前者は、敢えて自分が苦労するような不慣れで不便な環境を選び、その中で成長していこうというあたりに、ストレス対応力がありそうなことを感じさせますし、後者は、一般的に好まれる先進国を選ばないあたりが、未知の世界に敢えて飛び込んでいけるチャレンジ精神を感じさせますね。

もちろん、これらは単に「就活用のPRのトークとして使えばいい」という安易な発想は持たないでいただきたいのです。

これはフィリピン留学をする人であれば、実際に「ストレス対応力」や「チャレンジ精神」はかなり磨かれるはずですから、それらの力を意識して行動し、身に付けて欲しいと思います。

今は企業も正解の無い未来に向かっていかなければなりません。

そのときに必要な要素は、苦労を買ってでも、未知の世界に飛び込んで、自分で道を切り開いていける「チャレンジ精神」や「ストレス対応力」です。それらの力を身に付けられる留学国がフィリピンではないでしょうか。

フィリピン留学をすることで是非それらの力を存分に身に付けて欲しいと思います。

また現在、大企業、中小企業を問わず、アジアに進出する日本企業は年々増えています。その意味でもアジアに留学していたという経験が企業に評価されても何ら不思議なことはありません。

今後益々、日本の企業は、アジアの国々での環境や生活適応力、あるいは現地人との人脈構築力を持った人に対して注目していくことでしょう。あなたの留学中に培った経験は魅力的に映るはずです。

是非このようなフィリピン留学で、語学力だけではなく、ヒューマンスキル(人間力)を高める留学を実現して欲しいと思います。

今回は以上です。次回は、「現地インターンシップやボランティアで心がけるべき鉄則」についてです。お楽しみに!

海外留学キャリアコンサルタント
本橋幸夫

12回に渡る本橋氏のコラムまとめ

第一回:帰国後の就活でうまくいった海外留学生の知られざる共通点
第二回:企業が海外留学生に何を期待しているか
第三回:海外留学生に対する企業の3つの視点、企業からのイメージ
第四回:社会人の適切な留学期間は存在するのか?
第五回:計画倒れにならない留学プランニング3つのコツ
第六回:フィリピン留学が欧米留学に勝てるポイント!
第七回:現地インターンシップやボランティアで心がけるべき鉄則!
第八回:国内328社に聞く「現地でこんなことを体験してきた人を採用したい」
第九回:海外留学後に就職が決まらない人達の4つの共通点
第十回:帰国後の就活で「こんなはずじゃなかった!」にならないために
第十一回:『隠れた求人の探し方と裏ワザ』
最終回:留学帰国者で就活が上手くいく人、いかない人

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

海外留学キャリアコンサルタント

有限会社あうとりがー代表取締役
●米国 CCE,Inc. 認定 GCDF-Japan キャリアカウンセラー
●国家資格 2級 キャリア・コンサルティング技能士
●総合旅行業務取扱管理者

大学卒業後、ファイナンス会社入社。その後渡米し、帰国後、スイスに本部を持つ、世界最大級の国際教育機関の日本支社に11年間勤務。2003年に独立し、留学コンサルティング会社、有限会社あうとりがーを設立。現在、留学およびキャリアの両面から留学生を支援している。国内初の留学・キャリアコンサルタントとして活動中。

これまで 留学生支援を開始以来、23年間で、のべ10,000 名を超える留学生に接し、留学希望者や留学生帰国者対象に留学・キャリア講演をはじめ、キャリア・コンサルティング・就職支援を行なう。

著書
留学キャリア・コンサルタントが教える留学帰国者の就活』(本の泉社)
海外で英語をモノにする人、できない人』電子書籍(マイナビ)
語学留学指南』(ナカニシヤ出版)
『語学留学を10倍成功させる秘訣』(小冊子)
HP:http://ryugaku-career.com/

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。