オーストラリアワーキングホリデー

私は今から6年前の2010年にオーストラリアにワーキングホリデーを利用して行きました。

期間は約1年ほどです。当時私は22歳で大学を卒業したばかりでした。子どもの頃からよく家族旅行で海外に行っていた影響があるせいか、将来は英語の通訳になりたいと思っていました。大学も外国語(英語)の専門的な大学に入学しました。

大学在学中に一度アメリカの大学に二カ月間ホームステイ留学の経験はあるものの、その時は複数人で期間も短くあまり満足できるものとはなりませんでした。

大学を卒業したら絶対に一人で家を借りて働いて英語スキルを身につけようと思い、卒業後オーストラリアにワーキングホリデーをしました。なぜ、オーストラリアにしたかというと一番の理由は治安がよく安全だからです。

また、親日国でもあるオーストラリアはとにかく安全で人もやさしいと以前から評判を聞いていました。外国人だからという差別は一切ありませんでした。

いざ、オーストラリアに行くとまずはじめに外国の人達が集まる語学学校に平日週5日間通いました。
日本人は私以外にも2人いて、他にはアメリカ、ロシア、インド、韓国、タイ、ブラジルなどたくさんの国の人がいました。そこでは基本的に英語で会話します。

以前から英語を勉強していたおかげか、ある程度は話すことができたのですぐに友達ができました。小さい頃から英語を勉強しておいてよかったと改めて感じました。

そして、中でも私はアメリカ人のシャーラといつも一緒に行動していて、今もSNSで連絡をとりあう仲にまでなりました。そして今現在ではシャーラと今度はまた一緒に海外へ観光目当てに旅行しようと計画を立てています。

その後は学校に通いながら現地のパン屋さんで働いて生活していました。ワーキングホリデーの良いところは留学と違って、生活していくために働くこともできますし、現地を観光したりする自由な時間も豊富にあることも魅力のひとつですね。

ワーキングホリデー期間中に大きな失敗というか出来事にあったことを紹介します。
それは学校の仲間たちと一緒にオーストラリアの観光名所シドニー周辺を観光しているときのことです。ポケットに日本円にして1万円ぐらいの現金を入れていたのですが、気づいた時にはもうスラれていました。

ポケットに入れているのだからさすがに気づくだろうと思っていたのですが気づいたら本当にポケットから現金が無くなっていました。幸いパスポートやカード類は家の金庫に入れてあったため無事でした。

このような経験は今までなく、オーストラリアのしかも観光スポットだからと油断してしまいました。皆さんも常にお金や大事なものはホテルや家の金庫にしまっていた方がよいかもしれません。

でも勘違いしてほしくないのがこういった人はオーストラリアには一部の人だけで、基本的には皆やさしい方ばかりです。

ワーキングホリデーを体験してよかったことは本場の英語を身につけられたのはもちろんのことなのですが、何といってもオーストラリアで知り合うことができた友達との繋がり、そしてこのワーキングホリデー自体の経験が6年経った今、一番よかったと思います。

自分ひとりでしかも異国の地で生きていけるという事実は、その後の私の人生の大きな自信材料のひとつとなりました。また、シャーラという大切な友達も作ることができました。

これからワーキングホリデーを考えている人がもしいたら、迷わず行って欲しいです。確かに最初は私も海外は自分の言葉が通じるかわからないし、治安が悪かったらどうしょうなどと思ったこともあります。けれど日本に来ている外国の方も同じように思ったうえで、勇気をだして異国の地である日本に来ているわけです。

「けれど日本は他国に比べて治安がかなり良いから来ているんだよ」と思っているそこのあなたには、ぜひ私が行ったオーストラリアを自信を持ってお勧めします。

必ずあなたの人生にとって大きな財産になります。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

コメント