日経新聞で反響!関西No1の名門校「立命館宇治中学校」が活用したフィリピン留学という選択肢

名門「立命館宇治中学校」が取り入れた新しい留学

「留学」というと、アメリカやイギリスなどの欧米や比較的身近なオーストラリアを想像する方も多いのではないでしょうか?
僕もほんの数年前まではそう思っていました。しかしながら今、実は海外留学の風向きは変わってきています。ここ数年でフィリピン留学が注目され始めているのです。

立命館宇治中学校・高等学校」をご存知の方も多くいらっしゃるかと思います。言わずと知れたグローバル化を目指す人材育成において日本で有数の名門校です。

同校は国際教育を推進し、世界へはばたく中高大一環教育として世界の名門大学への進学も視野に入れた教育を実践しています。

中学校から海外研修を行い、多くのネイティブ教員による指導や多彩な国際プログラム。学校生活の中で国際的な意識を高めることにより、自然に世界の中の自分を位置づけ、世界に目を向けて学びを深めている学校です。

将来的には日本のみならず、国際社会のリーダーとして活躍できる人材を養っています。実際に卒業後は海外の大学に行く生徒も少なくありません。

その中で同校は今回、フィリピンセブ島への留学を初めて実施したのです!

日経新聞で反響!関西No1の名門校「立命館宇治中学校」が活用したフィリピン留学という選択肢

日経新聞に掲載された記事

フィリピン留学のメリット

フィリピン留学のメリットとしては、「留学コストが驚くほど安い」、「日本から一番近い英語圏」、「ビジネス英語指数が世界一」などがあげられています。

留学コストは欧米留学の約半額ほどで、日本から5時間ほどで行くことができ、世界第三位の英語公用語国なのです。でも、このメリットだけではない魅力がフィリピンにはあるのです。

フィリピン留学は世界で一番英語を伸ばすことができるのです。

フィリピン留学の質が年々向上

【QQEnglish留学レポート】カリキュラム内容&授業の強みと弱み

立命館宇治中学校の留学先であるQQEnglishシーフロント校。こちらでは、熟練したプロの教師とマンツーマンで学ぶことができます。

従来の留学ではグループクラスがメインのため、一言も話せずに終わってしまうことや、内容が理解できないのに進んでしまうこともありますが、フィリピン留学はマンツーマン主体!

マンツーマンでは自分自身が話さなくては進みませんし、理解できないまま終わることもありません。更には一日マンツーマンの授業で6時間~8時間、英語の特訓をするのですから、驚くほど英語力が伸びていきます。

正直、僕が初めて留学した2012年までのフィリピン留学は、あまりオススメできない点もありました。。。

元々は韓国人がこのフィリピン留学という文化を作ったわけですが、彼らのやり方は日本人が求めているやり方とは異なり、どちらかというと軍隊式で徹底的なコスト削減と厳しい規則。安さだけをうたったフィリピン留学が多く、学校施設が悪い、教師も繁忙期だけ雇うため研修をやらない、経費を削減するために食事に力を入れない、マイナーな日本人の意見がないがしろにされる・・・などなど、問題点が多々あるのが現状でした(もちろん、悪い点だけでなく良い点もいくつもありましたが、現在のフィリピン留学には合わず、韓国資本の学校の多くが既に力を失いつつあります)。

しかしながら、2012年以降、セブ島に日本人経営の語学学校が乱立するようになってから競争が激化!

その中で日経の各語学学校は「日本人らしい質にこだわった学校」を作ることによって、フィリピン留学を日本人が留学しやすいものへと変えてきたんです。2012年から僕もフィリピン留学に携わっていますが、ここセブ島に関しては2015年から特に、宿泊施設・食事・衛生面でも日本人が安心して生活出来る、質の高い学校が増えてきていると感じています。

QQEnglishシーフロント校とは?

日経新聞で反響!関西No1の名門校「立命館宇治中学校」が活用したフィリピン留学という選択肢

立命館宇治中学校の生徒さん。30名の生徒が今回フィリピン留学に参加しました。

立命館宇治中学校が留学した「QQEnglishシーフロント校」は、コストを抑えつつも留学の理想的な条件である「安全な場所」「良い人材」「設備の充実」を兼ね備えた留学を実現している学校の一つです。(当サイトでも実際に以前からおすすめしています)

「QQEnglishシーフロント校」は高級リゾートの中心にあり、安全なエリアの一つです。
このリゾート地のほとんどのホテルのエントランスにも24時間必ずガードマンがいて、セキュリティには万全の体制をとっています。ホテルが多いこの地区ではホテル同士が連携して安全に取り組んでいるわけです。

元ホテルだったシーフロント校の入り口にもガードハウスがあり、24時間安全を守っています。高級ホテルに囲まれたシーフロント校からの眺めは、隣の5つ星ホテルと同じ眺めを味わうことができるでしょう。

QQEnglishシーフロント校の外観2015

リゾートホテルを改修した校舎で、校内には宿泊設備だけでなく自習室やレストラン、そしてプール、ビリヤード、卓球などのアクティビティーが揃い、学習から宿泊、食事、運動までが学校から一歩も出ずに行う事ができ、窮屈な思いをすることがありません。

つまり、中学~高校の学校側としては一つの場所から移動する必要がないため、管理がとても楽なんです。

しかも、シーフロント校は大きすぎず、小さすぎずのため、生徒を目の届く範囲に留めておくことが出来ます。(1階は遠くまで見渡すことが出来ます。また、主に1階のカフェテリア、プール、ビーチがあるエリアと授業施設の2階と3階を使うため、生徒のほとんどがここを行き来する形になります。)

やんちゃな生徒がどっかに行ってしまう心配もありません。

生徒の国籍は様々

また、留学生活では英語を話せる環境がとても大切です。
従来のフィリピン留学では、韓国人と日本人ばかり。日系の学校では100%日本人しかいない学校も少なくありません。僕自身はそれ自体が悪いことだとは思いませんが、多国籍の学校の方がやはり英会話を使う可能性は高いとは思います。

「QQEnglish」には外国人生徒が多く、常に10カ国位の違った国の生徒と一緒に学ぶことができるので、授業以外の生活の中でも英語を使うことができます。フィリピンに英会話学校は沢山ありますが、世界数十カ国の国や地域から来る色々な生徒と学べる学校はQQEnglishをはじめ、本当に一部の学校だけです。

教師の力

そして、英語を学ぶのに一番重要なのはどのような教師に教えてもらうかです。
効率的な上達にはトレーニングを積んだプロフェッショナルに習うことが必須です。外国人に英語を教える国際資格TESOLがあります。
「QQEnglish」では教師全員に国際資格TESOLを保持し(もしくはそのプロセス中)、マンツーマンで対応しているのです。

多くの日本人スタッフが常駐

留学生活には様々な不安、悩みが出てきます。日本人は日本人の不安や悩みが出てくるものです。
オフィスには50名を超える日本人スタッフが常駐し、オンライン英会話で10万人を超える会員に対応しています。日本人にとって困った時の対応が格別に違います。日本人にとって一番安心できるフィリピン留学の一つとなっています。

もちろん、QQEnglish以外にもいくつかの学校は、中学生~高校生を受け入れています。
ただその中でもフィリピン留学をするのであれば、安全面・指導員の管理のしやすさ・責任対応・授業編成・コストパフォーマンス・オンライン英会話での継続など、、、トータルで強い、QQEnglishは最良の選択肢の一つでしょう。

日経新聞で反響!関西No1の名門校「立命館宇治中学校」が活用したフィリピン留学という選択肢

立命館宇治中学校の生徒の皆さんに話を伺っている様子。左が今回、学校とQQEnglishを繋いでアテンドした「スクールウィズ」代表の太田さん(フィリピン留学を世に広めた第一人者)、センターQQEnglish代表の藤岡さん、右側「私」。すいません、実はさり気なく参加させて頂きました(笑)。

文部科学省が中高生向けの「生徒の英語力工場推進プラン」を発表しています。
同省は2019年度から聞く・話す・読む・書くの4技能へ方針が向いていますが、教育現場の対応はまだまだ追いついてはいません。

今回のQQEnglishへの留学を皮切りに、さらに多くの学校や個人でもフィリピン留学が活用されていくことを願っています。

立命館宇治中学校・高等学校HPへ
スクールウィズ公式HPへ

QQEnglish公式HPへ
QQEnglish代表、藤岡さんが当サイトで寄稿している記事はこちら
管理人によるQQEnglishの留学レポートはこちら

見学の様子や立命館宇治中学校の生徒さんに話を聞いた内容についてはまた別記事で・・・

斉藤

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。