?ベイサイドイングリッシュ公式サイトはこちら

ベイサイドイングリッシュ セブへの語学留学

・お名前 S主婦さん
・ご年齢 40さい
・ご職業 専業主婦
・通われた 語学学校 ベイサイドイングリッシュ セブ
・留学滞在期間 2014年に2週間と2013に1週間

1,なぜその学校を選んだのですか?

2013年にフィリピン留学を考えたときにインターネットで情報を収集しました。
その中で2、3校が子供を受け付けていました。そして子供に対してのカリキュラムがそろっていて低価格だったのがベイサイドイングッリシュセブでした。

また、経営者が日本人女性であり看護婦の資格をもっていることも小さい息子(当時3歳年少前)をつれての留学だったので決め手になりました。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は?

まずは、私と娘(当時7歳 3年生)には電子辞書を買いました。あとネットで確認したところ文房具は買っていったほうが品質が良いとあったので用意していきました。

子どもをつれていたので、必要最低限の薬や絆創膏も用意していきました。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは?

準備で一番大切なものは英語力です。2013年に英語の勉強を私だけまったくしていかなかっんです。

心の中で〔だって大人だし、中学高校大学と英語やってたし、英検とかうけたことないけど、子供の英語の宿題は答えみながらちゃんとおしえられるし~〕ってなめてました。

その結果、すっごいもったいないことしました。
娘は週に7~10時間(スカイプ英会話・英語グループレッスン・英語ライティング塾)。息子は週の5日英語のプリスクールに通っていたので、話すしコミュニケーションとって楽しそうにしてるんです。

フィリピン人の先生たちはやさしくゆっくり話してなんとかわからせようとしてくれますが、やはり行く前の1.2週間は英語耳、英語脳にしてからぜひいってください。

4,学校の施設はどうでしたか?

良い点は
保健室があること、プールがあり食堂ありランドリーあり、ひろい中庭あり、中庭に面したカフェありでロケーションは最高です。DSやゲームセンターがないぶん子供たちは体をつかって工夫して遊んでました。

悪い点は
建物や施設はフィリピンクオリティーです。
私は大阪の下町で育ったので、そんなに気になりませんでしたが、お上品な人はそれなりに高級志向の学校に行かれたほうがいいと思います。

でも先生の質は良い意味でフィリピンクオリティーです。人懐っこくて話好きで親切でしたよ。たぶん就業ルールとして厳しく決められてるからか、フィリピンで英語の先生をできるのはある程度の学歴や身元のしっかりした人なのか、怖いと印象を受けるような人は学校内に一人もいませんでした。悪い印象はまったく受けませんでした。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

娘はJunior General English Course 1日8コマ
マンツーマン4コマ
文法・単語・会話・発音など分かれていたとおもいます。娘の先生たちはみんな子供が大好きなようで、校内ですれ違うとハグしたり大きく手をふったりととってもフレンドリーでした。

グループ2コマ

併設されているインターナショナルスクールに1コマ参加できます。
最初はいやだといっていた娘もすぐ友達ができていました。

日本人グループ1コマ
これは英語的にはあまり進歩がないように思いますが滞在中の友達作りには必要かもしれません

フリーレッスン2コマ 
教室での英語映画上映1コマとグループ復習レッスン1コマ)
夕食後のフリータイムに開催されているレッスンで自由参加です。わからないことがあるときにいったり、映画を見に行ったり楽しみました。

私はRelax Course
マンツーマン3コマとグループ1コマ
大人クラスは先生に私は初心者だからやさしくしてね、とたのみながら文法や単語、会話とがんばりましたが、英語で文法の説明は難しいです。ほかの方に聞くと文法クラスの先生に頼んで発音をみてもらっていた人もいたので、そこらへんは臨機応変に対応してくれそうでした。

大人もフリーレッスン2コマついてます。

息子はシッターサービス。
若いきれいなおねえさんだったので息子大喜びで英語でコミュニケーションとってました。チャイルドルームで退屈になるとカフェテリアに散歩したり私やお姉ちゃんの教室を覗きにきたりと息子と会話しながらすごしてくれました。

またフィリピンの方は語学の才能がとってもすごいのか、息子が歌う日本の仮面ライダーやアニメの歌も一緒に歌ってくれていました。2013年も2014年も息子は爪が割れたり、すりむいたりとケガをしましたがシッターさんや看護婦さんがケアしてくれてひどくはなりませんでした。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

娘は会話の授業やインターの授業がよかったといってました。

単語や文法はどうしてもレベル分けが難しく、簡単なテキストを用意されてしまって簡単すぎてつまらないといっていました。会話クラスやインターの先生は娘の生の反応をみながら授業を進めてくれたのでよかったそうです。

単語や文法はテキストを使うので、もしレベルにあってなくても夏休みの繁忙期なのでなかなかレベルのあったテキストへの変更がスムーズにいかなくてちょっと困りました。

7,どんな先生が自分に合い、また合いませんでしたか?

私と娘はどちらかとゆうとシャイなほうなのでぐいぐいくる先生だとしゃべらないと進まないので、ぐいぐいくる先生がよかったようにおもいます。

逆にまってくれる先生は、私も先生もだまってしまってどうしましょうか?という空気になり時間がむだに流れてしましいました。

8,食事内容はいかがでしたか?

3食出ました
味は特に外のレストランのように美味しく!!ということはありませんが、まずくはなかったですよ。たまにフィリピン料理の日があって、その日が一番おいしいです。日本食や韓国料理もまずくはないです。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

勉強タイム以外で仕事をしようと思ってる人は個人で用意していったほうがいいとおもいます。やはりフィリピンですので不安定でした。

学校にはフリーwifeが用意されているのでつながるはずなのですが、なぜか滞在2.3日目までつながらなくて4.5日滞在するとつながりやすくなるので学校で有料のwifeを借りようかどうしようか迷ってるうちにつながるようになってきました。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

メリットは低予算のわりに満足感はあります。そしてロケーションが最高です。朝起きて海が見える食堂で食べる朝ごはんは最高です。

最大のデメリットは・・・子ずれで行ってる私がゆうのもおかしいですが・・・

やはり子どもが多いと日本語が飛び交いますし、親は校内なら子供をほったらかしにしてもいいと思ってる人もいて、やんちゃな子どもが大学生や社会人の生徒さんに懐き過ぎて邪魔してるようにも感じました。

そこらへんは親のモラルの問題なので学校が悪いとゆうよりは、夏休みは子どもが多いからしかたないと思ってあきらめるしかないのかもしれません。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

学外にでないことです。
部屋にこもらないことです。

学校内で全て足りてます。カフェテリアにいれば先生と英語で話せます。掃除やランドリー、警備スタッフさんも英語で話せます。どんどんお話ししてくださいね。

時間ができたとか、夕食のメニューが今一つとかで平日の午後にタクシーでモールに行けば、そこはフードコートもゲームセンターもあり日本の休日になってしまって勉強する集中力が切れてしまします。

授業のある日は出かけず予習復習と学内のプールやビリヤードでリフレッシュしてくださいね。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

遊びの予定や予約は現地でも大丈夫です。現地での様子をみて予約されたほうがいいかもしれません。
なぜなら学校を通じて申し込むとお得なプランがあったり、現地で生活しているインターンさんから生の声を聴いてからのほうがわかりやすかったりするからです。

特にお子さんがいる時は体調によってはキャンセルの可能性が高いので、現地で体調がよかったらプチ旅行で、ちょっと心配だったら近くのホテルのデイユースとかを使い分けてあげて下さいね。

▶ベイサイドイングリッシュ公式サイトはこちら
 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。