大妻中野中学・高校生1300人が行うオンライン英会話。NHKおはよう日本で話題に

英語教育の見直し、いよいよ4技能主体へ

現在文部科学省では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催や急速に進むグローバル化を踏まえ、国際共通語である英語の教育を見直す動きが始まっています。

これからの文部科学省の英語教育は、これまで行われてきた「聞く」・「読む」という受け身の英語教育を見直し、積極的に英語を使えるよう従来の「聞く」・「読む」に加え、新たに「話す」・「書く」の2つを加えた合計4つの技能を総合的に育成・評価することが重要であるという方針に変化してきています。

現行の学習指導要領の基本方針でも上記の4つの技能を重視しているのですが、これからますます4技能を重視していくというのが文部科学省の見解です。

さらに2月2日に行われた、文部科学省の「全国的な学力調査」に関する専門家会議による最新の報告では、現在の中学3年生及び高校3年生の英語力の調査結果を受け、これからますます若年層のスピーキング・ヒアリングを中心に英語教育に力を入れていくことが考えられます。

大妻中野中学・高校生1300人が行うオンライン英会話。NHKおはよう日本で話題に

大妻中野中学校・高等学校の新しい取り組み

この度、大妻中野中学校・高等学校では、先の文部科学省の方針の転換や、同校における英語コミュニケーションの重要性から、QQEnglish(株式会社キュウ急便)と共同で英語の授業内でオンラインによるマンツーマンの英会話レッスンに取り組む方針です。

同行では、英語教育の柱をコミュニケーション能力及び表現能力を柱とし、生徒のキャリアプランの実現に必要不可欠な英語力の習得を目指しています。

この目標を達成するために同行では、学校のカリキュラムで扱うことはどうしても難しかった英語のアウトプット(生徒一人ひとりに英語で答えを述べさせていたら授業時間が足りないですよね)を行う必要があると考えました。

この英語のアウトプット作業を生徒一人ひとりに対して行うために、ICT(インターネット・コミュニケーション・テクノロジー)を用いてオンライン英会話を行う運びとなりました。

これまででは、全教室で電子黒板を用いて授業を行ってきましたが、効果面を鑑みて2016年度より生徒一人が一台のタブレットを所有し、マンツーマンレッスンを行うことで効果の向上を図ります。

大妻中野中学・高校生1300人が行うオンライン英会話。NHKおはよう日本で話題に

1300人が参加

このレッスンは2016年の4月〜2017年の3月までの1年間にわたり、大妻中野中学1年生〜高校2年生ののべ1300人が参加します。最大40人のクラスで週1回英語の授業の時間内に各教室内のWi-Fi環境を用いて行われます。

今回、同行が導入したレッスンでは、フィリピンから安定したIT環境と質の高い講師陣によるマンツーマンレッスンとなります。

通常の授業で、「聞く」・「読む」の2つの技能を訓練していき、オンラインレッスンで「話す」・「書く」の2つの技能を訓練することができます。

これによって先述の文部科学省が掲げている英語の4技能を習得することができます。
文部科学省の教育方針に従うことによって、学校単位での高校・大学受験での競争力を高められるという効果も狙えます。

フィリピンへの語学留学

【QQEnglish留学レポート】カリキュラム内容&授業の強みと弱み
これに加え、さらに英語を本格的に学びたいと思った生徒がいた場合に備え、QQEnglishではフィリピンでの語学留学も提供しております。

フィリピンへの語学留学を行った場合、欧米への語学留学に比べ、授業料や現地での滞在費などの費用の面や授業時間数(フィリピン語学留学の方が欧米への語学留学に比べ授業時間数が大きい)など大きなメリットがあります。

急速にグローバル化が進む国際社会で、英語教育の重要性はますます高まってきています。
今回の事例のように、産学連携で若年層の英語教育を強化していくという取り組みは日本の英語教育を再考する上で、非常に良い刺激になるのではないでしょうか。

大妻中野中学・高等学校公式HP

 

QQEnglish公式HPへ

QQEnglish代表、藤岡さんが当サイトで寄稿している記事

管理人によるQQEnglishの留学レポート

 

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。