CIPClark Institute of the Philippines への留学体験談

・お名前 まこと
・ご年齢 30歳
・ご職業 サービス業
・通われた語学学校 CIP
・留学滞在期間 2ヶ月

1,なぜその学校を選んだのですか?

学費が他の国と比べても安かったことと、マンツーマンのプライベートな授業システムがあった為です。また、フィリピンの中でもIELTsの専門コースがあったことも選んだ理由です。

2,フィリピン留学前に準備してきた事は?

準備に関しては、私はIELTsの専門コースに行く予定でしたので、IELTsのテストシステムについてはしっかり把握し、一度試験は日本にいる間に受けてから留学しました。

留学の期間は限られている為、試験の概要など自分でできることは済ましていったほうが良いかと思います。また試験を受けていったことで雰囲気や実際の対策などのイメージがつきやすいので良いと思います。

勉強に関しては、IELTsのテストを受けるために日本版のIELTsの問題集を1冊やりつくしました。単語や文法は最低限のレベル(高校くらい)まで復習したくらいです。

アイテムに関しては、ボイスレコーダーは大変役立ちました。これは携帯でも良いかもしれませんが、発音や授業内容を録音しておくために持って行ったほうが良いかと思います。

3,フィリピン留学してみて、準備が足らなかったものは?

勉強に関しては、圧倒的にスピーキングスキルが足りなかったと思います。とにかく話すことが大切。

しかし、独学では「話す」まで英語の頭になっていない為、最初のうちはなかなか言いたいこと・聴きたいことが伝えられずもったいない時間をすごしたように思います。

最低限、流暢ではなくても、言いたいことは言えるくらいのスピーキング力は日本で練習して言ったほうが良いと思いました。

4,学校の施設はどうでしたか?

宿泊部屋は一人部屋、二人部屋、三人部屋と棟が分かれていました。どの部屋に行くかは申し込みの段階で選ぶことができますが、誰とどの国の人とシェアするかはわかりません。

私は2人部屋でしたが、部屋は2つのベッドと机、バス・トイレだけです。そんなに狭い感じもなく、エアコンもありましたので快適でした。また、各棟にWifiも完備されているのでそれぞれ登録することで自由に使えます。場所によって多少電波の入り方に良し悪しがあります。

教室も各棟に分かれており、授業の時間になったらそれぞれ自分のクラス・先生の部屋に行く感じです。グループクラスの部屋は6畳くらいの大きさでエアコンも完備されていました。マンツーマンの部屋は2~3畳くらいの部屋で少し狭く感じますが、私にとっては集中しやすい環境でした。

サービスは、生き帰りの空港までの移動手段として車を手配できます。有料ではありますが、治安や距離を考えると学校のスタッフの方に依頼したほうが良いと思います。

学校は大きな敷地の中にあり、泊まる棟・授業の棟・食事の棟なども全部がその敷地内にあります。またその敷地の入り口には24時間体制でガードマンが常駐していますので、セキュリティー面としても安全なほうだと思います。また、私がいた頃はウオーターサーバーが常にありましたので水に関しては困ることはありませんでした。

5,授業のカリキュラム内容を教えて下さい。

私はIELTsの専門コースでした。

マンツーマンの授業は1日4コマ、グループクラスは2コマでした。一コマ45分です。

マンツーマンクラスではリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングそれぞれIELTs専門の先生に習いました。全員がフィリピンの先生でしたが、皆さんIELTsのスコアは8以上でした。最初の授業の時に、どのような授業にしていきたいか先生と相談して決めていくことができます。

グループクラスはネイティブの先生に直接学ぶことができます。内容はディスカッションや発音やスピーキングなどがあります。

だいたい朝9時くらいから1コマ目が始まり、お昼をはさんで3~4時くらいには最後のコマが終わります。それからは各自実習や自由な時間になります。

6,最もためになった授業と、ためにならなかった授業を教えて下さい。

ためになった授業は、マンツーマンクラスのリスニングとライティングの授業です。

リスニングの授業では実践対策。試験中どのような対策をとるか、また実際の問題を解きながら「この場合はこの単語がキーワード」など、答えを導くヒントの探し方などを実際の問題を通して教えてもらいました。また、そのキーワードがわかった時にその類義語や連想すべき単語を教えてもらえたので、必然的に単語力も上がりました。

ライティングの授業ではハイスコアをとるためのテクニックとして述語の使い方やエッセイの構成などを学びました。
ためにならなかった授業はリーディングでした。これはただ問題を時間内に解いて答え合わせして終わりという形でした。

私からも授業のやり方を提案できなかったのが良くなかったと思いますが、やはりマンツーマンの授業は「いかに先生と話すか」が大事だと思います。問題を解く=先生との話す時間が減る と思います。

留学期間の後半からは自習のときに問題を解き、間違えた理由や答えの探し方などをマンツーマンの授業の時にディスカッションするような授業を先生と相談して変えました。それからも非常に良い授業内容になったと思っています。

7,どんな先生が自分に合い、また合いませんでしたか?

私の場合、指導の熱い先生は非常に自分にあいました。その先生は自分でもIELTsの試験を定期的に受け、常に上を目指していました。

私にとっては先生でもありIELTs挑戦者としての同士のような存在でしたので、私が困っていることや必要としていることを瞬時に理解し、それに適した対策や答えを指導してくれました。授業内容は非常に濃かったです。また、先生が実際に使っている問題集などを貸してくれたり、授業以外の時間もお世話になりました。

また、グループクラスの発音の先生は非常に経験豊富であり、各国の言語に興味がある為か、その国特有の発音などを分析して、どのように意識したら英語の発音になるか教えていただきました。

逆にあまり合わなかった先生はテンポが遅い先生でした。1コマの時間は限られている為、話すスピードや授業の進行が非常に遅いと学ぶことが少なくなるので困りました。すぐに先生の変更を申し出ました。

8,食事内容はいかがでしたか?

食事は3食でました。
朝はパン、サラダ、フルーツ。
昼はパスタ、サラダ
夜はライス、サラダ、肉or魚、汁物 でした。

味は辛さも強くなくおいしくいただきました。近くにスーパーもあるのでカップめんやお菓子なども買っておくことで、夜などお腹すいたときに食べることもできます。

9,インターネットの環境はどうでしたか?

各棟にはWifiが完備されていましたので、登録することによりいつでも使うことができます。しかし、場所によって電波のとおりが良かったり悪かったりしましたが。

英語の勉強にもたまの息抜きにもインターネットは十分使うことができました。ただし、学校側から動画なども大量のダウンロードなどは制限があります。

10,その学校の最大のメリットと最大のデメリットを教えて下さい。

最大のメリットは、マンツーマンの授業があり、ネイティブの先生とも会話ができるのがメリットだと思います。

グループクラスも楽しい雰囲気など良い面はたくさんありますが、自分の弱点を自分に合った方法で克服していくのにマンツーマンクラスは必要であり効果的だと思います。自分は何が苦手でどうなりたいかを伝えられれば、それに合った授業内容を先生と一緒に作っていくことができると思います。

デメリットというか注意は治安です。もちろん学校内はセキュリティーがしっかりしていますので心配はないですが、スーパーなど町を歩く時はストリートチルドレンや盗難など十分に気をつけなくてはなりません。かばんをしっかり握っていても盗られたり狙われたりすることがありますので注意が必要です。

11,ずばり、この学校での留学を成功させるコツとは?

とにかく「話す」ことが成功のコツだと思います。流暢ではなくても、言いたいこと・知りたいことが伝えられるだけのスピーキングスキルは身につけることは独学でも十分できると思います。

例えば、「~がわからない」「~はどうしたらいい?」「私は~と思うがあなたはどう思う?」など最低限のフレーズは勉強しておくと良いかと思います。

そうすると、先生はこっちがどうしたいかがわかるのでそれにあった方法を色々アドバイスしてくれます。何をしたいのか伝えられないと先生もどうしたらよいのかわからないため、結局無駄な時間をすごしてしまいます。

12,何か他に留学エピソードや、今後の留学生のためにお伝えしたいことがあればお願いします。

CIPでは、アクティビティも充実しています。授業が終われば後は自由時間なので、仲間と町に買い物に行ったり、敷地内運動スペースでサッカーをしたりバスケットをしたり、またプールもあるので泳いだりすることもできます。

スポーツなどを通して各国の生徒たちと交流を深めることができます。また、定期的に小旅行みたいな形でサーフィンに行ったり海に出かけることもできるので、勉強だけではなくリフレッシュもしながら英語を学ぶことができます。

留学は限られた時間のため、その時間をいかに充実させるかは準備が大切だと思います。今思えば、留学行く前にBBCが提供している英語のディスカッションを聞いたり、授業(会話)に必要なフレーズを勉強しておけば良かったと思っています。

あと、良い留学にするには安全も大事だと思います。
町を歩く時はとにかく十分気をつけてください。日本人はかなり狙われやすいと思います。お金は何個かに分けて持つなどもしものことを考えて行動したほうがよいかと思います。

しかし、CIPの先生方やスタッフさんは皆良い方ばかりなので、なにか心配なことがあればすぐ対応してもらえるので安心です。さまざまな国の生徒さんたちと一緒に勉強もでき、それぞれの国のことも知ることができるので、これから留学される方は非常に充実した時間をCIPですごすことができると思います。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトに不定期で寄稿しているゲストライターさんの記事です。

様々な職業や経験を持ち合わせた方から寄稿頂いているので、ぜひチェックしてみてください。

コメント