SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

SANS RIVALはフィリピンセブ島のちょうど下にあるドゥマゲッティという場所から来たレストランです。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

読み方はドゥマゲッティもしくはドゥマゲテ。

そこから来たレストランがロビンソンガレリア(SMモール近く)に新しく支店を出しました。

SANS RIVALの場所

https://goo.gl/maps/NrRqkCQ5Jo42

セブ島の中心部アヤラモールからタクシーで10分、マンゴーストリートの道を道沿いにそのまま進んだ突き当り、Robinsons Galleria cebu(ロビンソンガレリア)内にあります。ロビンソンガレリア自体は2015年の12月にオープンしたばかりのモールで、やや高価格帯向けです。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

ロビンソンガレリアの入り口。ここはアクセス面で強く、非常にタクシーを拾いやすいモールです。道も拾いので渋滞になりにくいでしょう。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

オープンした当時は朝から混んでいましたが、平日のお昼前後はこのように大分落ち着きました。ショップもまだフルで埋まってはいません。レストランもabacaを含めたいくつかはまだオープンしていませんでした。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

KAN-ANAN。最後のNの下に小さく緑で文字が書いてありますが、このお店はフィリピン料理レストランで有名なランタオ系列です。むしろ、メニューを見たところ全くランタオと同じではないかと思いました(名前が違うだけのフランチャイズか何かでしょうか)。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

こちらがSANS RIVALの外観。ブルーとホワイトを基調としています。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

店内はそれなりに大きく、外も合わせれば40名~50名ぐらいはマックスで入れるのではないでしょうか。オープン当初はそれでも間に合わず行列ができていましたが、今は大分落ち着いているので夕方以降も待つことは少ないはずです。なんかディズニーランドでこんなカラーの場所あったような・・・

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

こちらがロゴ

SANS RIVALのメニュー

SANS RIVALのメニューです。スライドショーにしています。

SANS RIVALの料理

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

まずこちら。「何か特別なドリンクはある?」っと聞いた所、「アイスティーがおすすめ!」と言われてオーダーしたのがこちら。パッションフルーツテイストのようなアイスティーでした。味自体は良いのですが、ものすごく砂糖が入っているので、甘いです。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

SANS RIVAL Signature Salad。リーフ+くるみのサラダでドレッシングはオリジナル。イタリアンドレッシングに少し甘みを加えた感じでした。135pesoなのでリーズナブル。一人前~二人前。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

見えないかもしれませが、チーズラザニア。価格は130peso(300円ちょっと)っとこちらもリーズナブル。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

ボリュームはそこまでありませんが、チーズはたっぷり。中はボロネーゼのミート部分です。チーズが好きな方は食感も味も楽しめると思います。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

個人的に好きなBaby Back Ribs。260peso

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

若干ドライな感じはしましたが、思っていた以上に肉部分が柔らかくて、BBQソースも良く絡み美味しかったです。二人~三人ぐらいまで取り分けれると思います。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

続いてデザートのケーキ。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

このSANS RIVALケーキが創業1977年の時から非常に有名!

食べてみたところ、キャラメル部分が・・・・

 

めっちゃ歯にくっつく(苦笑)

 

いわゆる日本人が好むケーキとは異なり、スポンジ部分がドライでキャラメルがべっこう飴のごとく、しっとりしており歯にくっつくタイプでした。ちょっと残念。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

同様にこっちもおすすめされて食べてみたのですが、、、、フィリピン人の友達は普通に食べていましたが、日本人受けはあまりしないテイスト(ドライで砂糖そのものの味)かと思います。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

なお、ここではカウンターやソファー席には電源を取れる場所がいくつもあります。

SANS RIVAL|セブ島南部ドゥマゲッティから来たケーキが売りのカフェレストラン

USBコードを差し込めるところも用意してありますので、カフェとして利用するのも良いでしょう。

というわけで、全体的な印象としては

・価格が安く、味はそこそこ美味しいので気軽に入れるレストラン。
・男性グループだと若干入りづらい雰囲気(若い現地大学生も多い)。
・WiFiは確認し忘れましたが、電源環境はあります(電源があるぐらいなので、WiFiも恐らくある)。
・デザートはかなり微妙な印象。

といった感じでした。ロビンソンガレリアにはCoffee Beanもありますので、カフェとして利用するならそちらもありでしょう。

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

当サイトの管理人
2012年に初めてセブ島に留学。以降今までに複数の語学学校に留学&訪問。フィリピン留学を通じて「英語が伝わる楽しさ」をより多くの方に体験してもらいたいと思い、このサイトを立ち上げました。

英語留学前の方はもちろんの事、留学中の方、留学後の方にも役に立てる情報の提供を目指しています。なお、基本的にはセブ島ではなく、東京(高田馬場)にオフィスを構えて働いています。

何かご質問ございましたら、コメント欄かinfo@ceburyugaku.jpまでお願いします。

・TOEIC(R):805点(L 430 R 375)
・TOEIC SW:280点(S 130 W 150)

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。