日本人にとって特に発音しにくい、聞き分けにくい英語の音は多々あります。

もちろん日本語にも英語がネイティブの人にとって発音しにくい音がたくさんあります。「可愛い」と言いたいアメリカ人がよく「こわい」と言っているのを聞きます。(笑)

それでは日本語を第一言語とする人にとって聞き分けにくい、そして発音しにくい音は何でしょう。

有名なものはLとRですね。よく例に出されるのがLightとRight。確かに分かりにくいです。ちなみにLもRも日本語の「らりるれろ」を発音するときの舌の位置とは全く違います。しかし、これ以外にもたくさんの日本人にとっては難しい音があります。しかもそのほとんどは学校で教えてくれないものばかりです。

今回は似ている音だけど、日本語が第一言語の人たちにとって特に難しい音をご紹介します。それは、、、、

HとF、BとV、UとAです!

これ以外にもTHの発音が難しかったりTは息を吐くきながら言うなど、本当にたくさんの発音しにくい音たちがあります。
注意点ですが、ここで挙げている例は「特に」難しいものですので、他の音は簡単と思わないでくださいね。

Hiという英単語をとっただけでも、日本人のカタカナ発音とは少し違います。カタカナ発音のハーイで通じないことはありませんが、当然ネイティブのHiとは少し音が違います。

英語圏で生活することになった場合皆さんカタカナ英語は捨ててしまいましょう!それにとらわれると、英語の発音がきれいになりません。

HとF、BとV、UとAの音の違い

簡単にではありますが、HとF、BとV、UとAの音の違いを説明します。

HとF
Hは日本語の「はひふへほ」の音に近いです。Fは上の歯を下唇に軽くつけて、息を吐きながら「はひふへほ」を言う感じです。

BとV
Bも日本語の「ばびぶべぼ」の音に近いです。Vは「ばびぶべぼ」をFの音と同様、息を吐きながら言うようなイメージです。

UとA
これがめちゃくちゃ難しいです!筆者は理論的には音の出し方は理解できているのですが、会話の中でこれがUの音でAの音でと区別ができていません。

筆者としてはLとRより、UとAの方が大問題です。ひらがなで「あ」と表現する場合のUとA、これが難しいのです。Uは比較的日本語の「あ」と近いです。しかし「A」は日本語の「あ」と「え」の間の音といった感じです。

それでは発音が実はすご~く難しい言葉たちを見ていきましょう。

英語の発音しにくい音たち!

「What’s up?」
これは比較的簡単ですが、upのアです。上でも述べたように、日本語のアで発音するとWhat app?に聞こえてしまう可能性があります。日本語に直すと「どの(携帯の)アプリ?」という意味です。

「Umbrella」
U、R、L、A日本人が発音しにくい音のオンパレードです。個人的に英語を教えてくれていたアメリカ人は私がアメリカに来た当初、3週間位かけて私のumbrellaの発音を直してくれました。

やっと通じると思えるくらいによくなったとき、すごく嬉しそうに拍手してくれました。(苦笑)

「River」
川という意味の単語です。アメリカに着いた当初、誰でもいいから私と英語を話してくれる人を絶賛大募集だった筆者。

標的は一番手頃な教授です。特に質問もないのに、教授の部屋におしかけ、会話スタート。その会話の中で川の話になって筆者が「リバー」を連呼するも通じません。

英語が少しできるようになった今から推測すると、どちらかというと、私の発音は「Liber」に近かったと思います。LとVと最後のRが言えていなかったのです。教授が混乱するはずです。何分間か経って、教授がRiverを理解してくれました。

「Factory」
FとRが入っています(厳密に言うとTの発音も難しいですが、音が違っていても意味が通じないということはないのでここでは割愛します)。

この言葉では日本人が発音しにくい音がumbrellaより少ないですね。簡単そうです。ただしかし、一歩間違えると別の言葉に聞こえちゃいます。

筆者がアメリカに来てすぐに、Walmart(アメリカでよくある超大型スーパー)で商品を見ながらアメリカ人2人と話していたときです。私が会話の中で「Factory」と言うと、商品を手にしながら今まで皆で会話していたのに、なぜか商品を取る手と会話が停止。

「どうしたの!?どうしたの!?」と私が言うと、友達が「今何て言ったの!?あっ!もしかしてFactoryって言ったの?!」と言われました。「うん」と私が言うと、「Fuck treeって言ったのかと思った!!!!」とアメリカ人2人の友達に言われたのでした。

FactoryがFuck treeになってしまいました。しかも、Fuck treeって一体何だ。。。謎すぎます。笑

いかがでしたでしょうか。

筆者が通っていた大学は、発音矯正プログラムを提供していました。
聴力があまりよくない人、英語が第二言語の人などの理由で上手く英語が話せない人に英語を教えるという学部に通っているアメリカ人の大学院生が、授業の一環として発音矯正のプログラムを週に1回無料で行ってくれるのです。

彼らはそのような発音を教えるノウハウを持っているし、授業の一環として教えてくれているので、存分に教えてくれます。大学内でなくとも、そのように発音を矯正してくれる施設等があるのであればぜひ行ってみると良いでしょう。英語を一緒に話してくれる友人も増えます。

発音を直すことは簡単そうに見えて意外に一筋縄ではいきません。口の開き方や舌の位置などで音が変わってしまいます。しかしネイティブにその都度発音を直してもらったり、悔しいけれども「理解できない」と言われて自分なりに直していく度に発音は成長していきます。

間違いを恐れずどんどん話していきましょう!

マキ

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

アメリカ留学→英語・中国語の翻訳家
アメリカのミネソタ大学を政治専攻及び中国語・中国文学を副専攻で卒業いたしました。社会体制がどのように社会に影響を及ぼすかについて学んでいました。

アメリカで5年生活していたため、英語の翻訳(日英・英日)を専門としています。また、大学卒業後に医療翻訳の仕事(海外主にアメリカからの有害事象を日本語に翻訳し、厚生労働省へ提出)に携わっておりました。翻訳の校正も可能です。TOEICは900点以上。

俺のセブ島留学さんでは、主にアメリカで使われる英語表現を、自身の留学エピソードも交えてご紹介します。

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。