まるわかり。知っておきたい、欧米英語留学とフィリピン英語留学の違い

世界600校以上の学校を視察したプロがフィリピン留学後に最適な欧米の留学先を紹介するシリーズ、今回はアメリカの学校を紹介します。

1. 世界の中心、あこがれのニューヨークで学ぶ

Rennert, New York

フィリピン留学後に最適!欧米よりすぐり学校紹介【アメリカ編】
http://iess-usa.com/schools/rennert-international-new-york

公式HP
http://www.rennert.com/english/new_york.htm

パンフレットPDF
http://www.rennert.com/english/Rennert_Brochure.pdf

学校の概要

1973年Rennertさんによってニューヨークのマンハッタンに設立されたこの英語学校は、世界語学学校協会(IALC)の創設にも関わったアメリカ英語学校の草分け的存在です。場所はNew York City東側のEast 43rd Street in midtown Manhattanにあり、世界中から英語を学ぶ学生や社会人が集まっています。

おすすめポイント

この学校のおすすめポイント、なんといっても提供プログラムの多彩さにあります。フィリピンでしっかり基礎を学んで、ある程度会話力をつけた学生にはもってこいのプログラムがあります。

例えばBusiness English in Actionというプログラム。ビジネス英語学習とボランティアでの企業等のインターンを組み合わせたプログラム。ニューヨークにある企業でパートタイムのボランティアで働く機会を得ることができます。

他にもTHE ARTS plus ENGLISH Programというプログラムがあり、英語学習と組み合わせてダンス、ファッション、メークアップ、音楽、映像制作、写真、演劇などを専門のスタジオや学校で学べるコンボプログラムがあります。

2. ハーバードやMITなどアメリカの知性の学府が集まるボストンで学ぶ

ELC Boston

フィリピン留学後に最適!欧米よりすぐり学校紹介【アメリカ編】
http://www.languageinternational.com/school/english-language-center-elc-boston-245

公式HP
http://elc.language-school-usa.com/en/boston.html

YouTube

学校概要

ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ボストン大学などアメリカを代表する大学が集積するボストンは歴史のある街並みにアカデミックな雰囲気が漂う、素敵な街です。

ELCは1978年に設立された歴史のある英語学校で、世界中から多くの学生が集まり英語を学んでいます。この学校は西海岸のLos AngelesとSanta Barbaraに分校を持ちます。

おすすめポイント

Rennertと同様に世界語学学校協会(IALC)に加盟するこの学校は、ヨーロッパからの学生も多く、南米、アジアなど多くの国からの学生と学ぶことができる点が魅力的。一般英語コースはもちろんTOEFLやCambridge英検の試験対策コースもあります。

アメリカの学校には珍しく、毎週月曜から入校でき、期間も1週間から1年まで自分の好きな期間申し込むことができるので、社会人の1週間留学や大学生の夏休みや休学留学などにも向いているのも特徴的でしょう。

3. 年中温暖で治安もいい。広大なカリフォルニ大学のキャンパスで学ぶ

カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)Extension Intenational Programs

フィリピン留学後に最適!欧米よりすぐり学校紹介【アメリカ編】
http://education.exellor.com/?us_portfolio=auto-draft-3

公式HP
http://ip.extension.uci.edu/

YouTube

パンフレットPDF
http://ip.extension.uci.edu/wp-content/uploads/2014/11/IP_Bro2015.pdf

学校概要

カリフォルニア大学アーバイン校は南カリフォルニアのロスアンゼルスとサンディエゴのほぼ中間にあるアーバインに位置します。

バスでキャンパスを回れるほど広大なキャンパスを持つこの総合大学は、複数のノーベル賞受賞者も輩出した名門州立大学です。今回紹介するのはExention(生涯教育)部門の留学生向けプログラムです。

フィリピン留学後にアメリカの大学で本格的に英語を学んだり、ビジネスを学ぶことができる様々なプログラムが提供されています。

おすすめポイント

ここのプログラムは英語研修だけでなく、修了するとカリフォルニア大学の正式なCertificate(修了証書)が貰える、Accelerated Certificate Programs (ACPs)があるのが特色です。

このプログラムは3か月という短期間でビジネスやITなどの実践的なスキルを学ぶものです。その上、これらのプログラムの中には、修了後に大学近郊にある会社や機関でインターンシップ(無償)を行うことが可能なプログラムもあります!

下記がCertificateプログラムの種類になります。
・Business Administration
・International Business Operations & Management
・International Finance
・Global Human Resources Management
・International Business Law
・Marketing
・Media & Global Communications
・Data Science & Predictive Analytics for Business Professionals
・International Tourism & Hotel Management
・Project Management
・Communications & Embedded Systems Design Engineering
・Teaching English as a Foreign Language (TEFL)

入学には大学卒業資格(又はそれに見合うような職歴)と英語力の証明(71 iBT TOEFL, 530 PBT TOEFL, 710 TOEIC, 6.0 IELTS以上のスコア)が必要ですが、フィリピンでしっかり英語力をつけてから、世界で通用する実践的な職業スキルをカリフォルニアの名門大学で学べる、とても魅力的なプログラムだと思います。

まだ英語力が足りない人には、一般英語コースやビジネス英語コースで事前に英語力の準備することも可能です。

この様に、アメリカには大学の中で短期間でビジネスやITを学べるプログラムや、英語にダンスや音楽などを組み合わせて学べるプログラムなど、魅力あるプログラムがたくさんあります。ぜひ、留学後の次のステップアップも視野に入れて、フィリピン留学を充実したものにしてください。

次回は『フィリピン留学後に最適!欧米よりすぐり学校紹介【イギリス編】』をご紹介します。

国際教育事業コンサルタント
星野達彦

【まとめ】セブ島にある有名・評判な語学学校の一覧表

国際教育事業コンサルタント
1960年東京生まれ。1986年から留学事業のキャリアを積み、25年以上の経験の中で数多くの留学カウンセリングや大学・政府関連機関主催の留学イベントなどので講演をこなす。海外での多くの国際会議に参加するとともに世界の600校以上の学校を視察している。

著書に「こうすれなれる留学カウンセラー」、「英語はアジアで学べばうまくいく」がある。

2013年 厚生労働省委託事業「勤労青少年の国際交流を活用したキャリア形成支援事業」委員長
一般社団法人JAOS留学協議会事務局長
日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)代表幹事
国際教育事業コンサルタント ライジング・スター代表 

ブログ:留学カウンセラー・国際教育事業者向け情報ブログ
http://ryugakuth.blog.fc2.com/
詳しいプロフィール

コメント

この記事、あなたはどう思いましたか?ぜひご感想をください。